日本ゼオン、カーボンナノチューブ製造プラントの竣工式を開催

2015年11月11日

日本ゼオン株式会社(社長:田中 公章)は、徳山工場(山口県周南市)において建設を進めていたカーボンナノチューブ製造プラントがこのほど完成し、11月11日に現地で竣工式を開催いたしました。式典は経済産業省をはじめ、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、NEDO)、国立研究開発法人産業技術総合研究所(以下、産総研)ならびに、県・市関係から多数のご来賓をお招きし、執り行われました。当社からは古河直純代表取締役会長以下10数名が参加し、古河会長からは「今回の量産プラント竣工は、経済産業省、NEDO、産総研をはじめとした関係各位のご尽力の賜物で心より感謝する。当社としては安全第一で安定供給に努め、日本発・世界初となる本事業のさらなる拡大をめざし、経済発展に貢献してまいりたい」と挨拶がありました。

今回竣工したプラントで製造される単層カーボンナノチューブは他のカーボンナノチューブと比較して、高いアスペクト比、高純度、高比表面積といった特長を有するため、従来にない機能や特長を持つ新機能性材料、次世代デバイス等への応用が期待される材料です。NEDOプロジェクトを通じ、高性能キャパシタ、高機能ゴム材料、高熱伝導材料等の革新的材料、デバイスの可能性が示唆され、その需要も大きく拡大すると予想されます。

今後、試運転の後に、2015年度下期中の量産を目指します。

記者会見の様子

記者会見の様子

テープカットの様子

テープカットの様子

なお、製造プラント竣工に先立ち、6月にカーボンナノチューブならびに、カーボンナノチューブに関連する製品の加工及び販売を目的とした新会社「ゼオンナノテクノロジー株式会社」を設立し、営業を開始いたしております。新会社の概要は以下の通りです。

新会社の概要

(1)社名:ゼオンナノテクノロジー株式会社
(2)所在地:東京都千代田区丸の内1-6-2(新丸の内センタービル)
(3)代表者:荒川公平
(4)事業内容:カーボンナノチューブ、カーボンナノチューブに関連する製品の加工及び販売
(5)設立年月:2015年6月26日
(6)資本金:490百万円
(7)出資比率:日本ゼオン 100%

お問い合せ先:

日本ゼオン株式会社

CSR統括部門 広報室

電話:03-3216-2747

このページの情報について問い合わせる

エンプラ関連情報サイト エンプラネット トップページ