三菱レイヨン株式会社とアクゾノーベルレジン社が
高機能樹脂分野において戦略的提携

2000.12.21

三菱レイヨン株式会社とアクゾノーベルレジン社(本社:オランダ ベルゲンオプソム)は、塗料、印刷インキ用用途における高機能樹脂分野において、開発並びに事業運営面 において協力し合うことを決定し、お互い良きパートナーとして、ステップバイステップでグローバルな戦略的提携を築き上げることを合意しました。

1.提携の背景
アクゾノーベルレジン社はアクリル、アルキド、メラミン樹脂等巾広い材料を保有し、特に印刷インキ分野では世界第2位の規模を有する総合樹脂メーカです。欧州での厳し い環境規制のもと、いち早く水性樹脂等の開発に取り組んでいます。一方、当社では、アクリル系樹脂のメインサプライヤーとして自動車トップコート塗料用樹脂を始め、各 種樹脂製品、繊維などの分野で市場に貢献すると同時に、国内自動車業界で要求される品質基準などへの対応技術も含め、豊富なマーケット経験を保有しています。
ユーザーである塗料、インキメーカーは、現在、益々強い革新性をもって急速にグローバル化を 推進しています。このことは、従来にも増して、ワールドワイドで迅速対応可能な供給網整備の必要性や新たな高機能レジンの技術開発のスピードアップが問われていることを意味しています。 このような状況を鑑みて、既に当社と技術ライセンス等を行ってきたアクゾノーベルレジン社と戦略的提携を結ぶに至りました。その第一ステップとして両社協議の結果、2000年11月より共同研究開発をスタートすることに致しました。

2.共同開発のメイン課題
近年VOC(揮発性有機化合物)(注1)削減や環境負荷物質対策等、環境に優しい材料に対する要求が地球レベルで高まるなか、従来国レベルでの規制が明確で無かった日本でも大手自動車メーカーによるゼロエミッションへの取り組みが始まっています。
特に自動車塗装の分野においては、有機系溶剤削減に向けて、水性塗料用レジン、ハイソリッド 型塗料用レジン(注2)、粉体塗料用レジンへの切り替えが、世界的レベルで急がれています。日本においては未だ高い比率を占める、ローソリッドといわれるVOCの高い自動車塗料用レジンは、 欧州で急速に低減化が進み、米国に至っては、ほぼ皆無の使用率です。このような状況の中、日本の自動車メーカーにおいては、上塗り塗料について、大巾なVOC削減の方針が打ち出されています。
具体的には、最も有機溶剤比率の高い着色層用(注3)では、水性塗料用レジンが、低VOCを 達成できる材料として最有力といわれており、2005年本格化に向けて早期開発が求められています。しかし、日本においては、年間の温・湿度変化やメーカー合格基準の高さから、未だ最適商品が開発されていないのが現状です。
本課題の打開に向けて両社では、それぞれの保有する技術と知見を結集すると共に、迅速な商品開発を目指します。

3.将来の共同研究
塗料や印刷インキ用途における戦略的キーワードは、エコロジー(環境)であり、両社はこの将来ニーズに注力していきます。これは、水系塗料用レジンだけでなく 粉体塗料、UV塗料なども対象としています。


****本件についてのお問い合わせ****

三菱レイヨン株式会社 広報・IR室 03-5495-3100
【脚注】
(注1) VOC:Volatile Organic Compounds
1970年代、米国にて光化学スモッグの誘発原因とされた有機溶剤群。 現在においては、トルエン、キシレン等が環境規制の対象となっている。
(注2) ハイソリッド型塗料用レジン:ポリマーの分子量ダウンや構造制御により粘性を下げて、有機溶剤量を低減化した材料です。
(注3) 着色層:ポリマー成分に加え、アルミ粉末、マイカ及び各種顔料を含む層。上塗り層は着色層の上に顔料を含まない透明層を塗り重ねる方式が一般的です。
以上

(C)Copyright Mitsubishi Rayon Co.,Ltd.


戻る
エンプラ関連情報サイト エンプラネット トップページ