アクリル樹脂のタイにおける事業展開の強化について

2000.01.24

 三菱レイヨン株式会社は、最近の東南アジア経済の復興に鑑み、将来的にも、順調な販売成長が予想されるアクリル樹脂事業のさらなる競争力強化のため、99年4月稼働したタイMMA社のアクリル樹脂モノマー製造の操業強化、並びにタイにおけるダウンストリーム事業強化を目的とし、TPIポリアクリレート社の経営権取得を行いました。


 アクリル樹脂モノマーについては、昨今、国内外を問わず、かなりのタイト感をもって需給バランスが推移しています。99年4月に順調に稼働開始したタイMMA社(タイ バンコック)は、能力5.5万t/年を上回る生産実績で推移しており、今後の旺盛な需要に応える為、当初計画を1年前倒しで2001年に7万t/年体制に持っていく予定です。
 タイにおけるアクリ樹脂モノマーの安定生産は、当社のアジアにおける拠点政策の最重要課題の一つであり、今後についても、安定操業の確立に注力してまいります。


 また、99年12月28日、東南アジアにおけるアクリル樹脂事業の競争力強化のため、 アクリル樹脂成形材料メーカーである、TPIポリアクリレート社(タイ バンコック)の株式の60%をTPI社から買い取り、筆頭株主として経営権を取得しました。買い取り後の当社の出資比率は、77.5%となります。
 TPIポリアクリレート社は、タイの2大石油化学企業の一社であるTPI社、三菱商事及び三菱レイヨンの共同出資により、1993年3月に設立されました。同社のアクリル樹脂成形材料は、自動車、電機製品など幅広い分野で、その優れた透明性、高級感などが評価を受け、現在、タイ国内で70%以上のシェアを獲得しています。
 この度の出資拡大により、当社がタイにて展開している、アクリル樹脂モノマー、成形材料、シート、コーティングレジンの関連事業(別紙参照)の有機的な連携による、一貫体制の確立が、さらに推進されたものと確信しております。


 当社は、世界でトップレベルのアクリル樹脂メーカーとしての地位を一層強固なものにすべく、更にコスト競争力のある製造販売プロセスの構築を目指し、今後も積極的な海外事業強化に尽力していく所存です。





・・・ 本件に関するお問い合わせは ・・・
三菱レイヨン株式会社
広報・IR室 TEL:03−5495−3100

        




【別紙】
タイにおける三菱レイヨングループ

《タイ・エムエムエー社》
1.会社名 THAI MMA CO.,LTD.
2.所在地 本社:バンコック 工場:ラヨン県マプタプット
3.設 立 1996年3月
4.事業内容 アクリル樹脂モノマーの製造・販売
5.生産能力 7万トン/年
6.資本金 13億バーツ(約39億円)
7.代表者 三井 正敏
8.出資比率
三菱レイヨン 45%
セメンタイケミカル(サイアムセメントグループ) 45%
バンコクシンセティクス 5%
三菱商事 5%

《TPIポリアクリレート社》
1.会社名 TPI Polyacrylate Co.,Ltd.
2.所在地 本社:バンコック 工場:ラヨン県
3.設 立 1993年3月
4.事業内容 アクリル樹脂成形材料の製造・販売
5.生産能力 8,000トン/年
6.資本金 1億7千万バーツ(約5.1億円)
7.代表者 二階堂 迪宏
8.出資比率
三菱レイヨン 77.5%
三菱商事 17.5%
TPI 5%

《ダイヤグラス社》
1.会社名 Diaglas Company,Ltd.
2.所在地 本社:バンコック 工場:サムトプラカーン
3.設 立 1970年7月
4.事業内容 アクリル樹脂板の製造・販売
5.生産能力 8,000トン/年
6.資本金 1億バーツ(約3億円)
7.代表者 二階堂 迪宏
8.出資比率
三菱レイヨン 40.5%
MRC ASIA(THAILAND)  8.1%
スリフェンフン グループ 25.2%
三菱商事 26.2%

《MRCレジンズタイランド社》
1.会社名 MRC Resins(Thailand)Co.,Ltd.
2.所在地 本社:バンコック 工場:サムトプラカーン
3.設 立 1996年5月
4.事業内容 アクリル系コーティングレジンの製造・販売
5.生産能力 3,000トン/年
6.資本金 30百万バーツ(約9千万円)
7.代表者 ニポン・アスワパンヤヴォング
8.出資比率
三菱レイヨン 35%
タイ・ウレタン・プラスチック 50%
CBC 15%


三菱レイヨン株式会社


(C)Copyright Mitsubishi Rayon Co.,LTd.


戻る
エンプラ関連情報サイト エンプラネット トップページ