アクリル樹脂モノマー及び誘導体の北米生産検討開始について

2000.07.04

三菱レイヨン株式会社は、99年4月より稼働のタイMMA社に続く、次期海外展開として、北米における「アクリル樹脂モノマー(メチルメタクリル酸=MMA)」とその誘導体である「高級エステル」の生産拠点の本格的な検討を開始することになりました。いずれも、2003年末〜2004年央の稼働を前提としています。


<北米アクリル樹脂モノマー新工場設立の背景> アクリル樹脂は、透明性、耐候性、加工性に優れており、塗料、紙コーティング材、粘接着剤や各種看板、自動車テールランプ、水槽等に幅広く使われています。原料であるモノマーの需給バランスは、世界的に好調な需要に支えられ、特に米国市場においては、2003〜2004年にかけて大幅に逼迫することが予想されています。
当社はこれまで、米国においてコーティングレジン、シート、アクリル系添加剤等ダウンストリーム事業の展開を進めてきた結果、アクリル樹脂モノマーの自家消費も拡大し2004年には、工場生産に見合う量が、米国内にて販売可能と判断するに至りました。
生産規模は10〜15万t/年、テキサス州立地にて検討開始致します。


<高級エステル新工場設立の背景> 更に、米国におけるアクリル樹脂ダウンストリーム事業を強化する目的から、自動車、家電製品、建材等の産業用塗料の原料となる高級エステルの工場建設も併せて推進する予定です。これは、10年前に設立した高級エステルの米国販売会社 サン・エステルズ社が順調に市場を獲得し現地生産化が望まれること、並びにコーティングレジンの製造・販売を行う ダイヤナール・アメリカ社への原料供給を考慮するものです。
生産規模は1万2千t/年、北米アクリル樹脂モノマー新工場隣接立地にて検討します。


当社は、アクリル樹脂モノマーで世界第4位の生産能力を持つと同時にアジア市場では圧倒的なリーダー企業であり、今後のアクリル樹脂の世界的な需要増大に応え、グローバルに競争力のある生産拠点づくりを重要課題と考えています。特にアジアにおいては、既にフル生産のタイMMA社に次ぐアクリル樹脂モノマー新プラント建設を念頭に、アクリル樹脂成形材料新プラント建設の検討を併せて開始しました。
 今次の北米生産拠点化が、確実に実現できるよう、積極的に計画推進していきます。


・・・ 本件に関するお問い合わせは ・・・
三菱ケミカル株式会社
メタブレン事業部 TEL:03-6748-7532








三菱ケミカル株式会社


(C)Copyright MITSUBISHI CHEMICAL CORPORATION


戻る
エンプラ関連情報サイト エンプラネット トップページ