コネクテッドカー関連市場の現状とテレマティクス戦略 2016

コネクテッドカー関連市場の現状とテレマティクス戦略 2016

価格 130,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2015年12月4日 体裁 A4版 414ページ
備考 こちらの調査資料にはPDF版 130,000円+税、書籍版+PDF版セット 150,000円+税、ネットワークパッケージ版 260,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

調査概要

調査テーマ

『コネクテッドカー関連市場の現状とテレマティクス戦略 2016』
 ~Car-ITが/自動運転にもたらす影響~

調査目的

自動車メーカー各社のコネクテッドカー、車載情報通信システムに関する動き、またそれに対する開発の展望を整理・分析するとともに、関連機器、サービスのマーケット動向を調査・分析した。また今後の有望テレマティクスアプリケーション、完全自動運転関連デバイスについてもその動向について調査・分析した。

調査対象品目

1.シリコン 1.CPU/MPU
2.GPU
3.人工知能(AI)/ディープラーニング
4.ストレージ(半導体メモリ/HDD)
2.コネクティビティサービス 1.車載OS
2.TSP(テレマティクスサービスプロバイダー)
 ・通信キャリア(MNO)系TSP
 ・IT企業系TSP
 ・専門TSP
 ・ H/W系(ハードウェアを主体にしたシステムソリューション提供)
3.プローブ情報/ビッグデータ
4.Apps
5.テレマティクス(OEテレマティクス)
6.EV/PHV専用テレマティクス
7.二輪車/超小型モビリティ専用テレマティクス
8.商用車テレマティクス
3.コネクティビティソリューション 1.カーナビゲーションシステム
2.PND
3.スマートフォン連携ディスプレイオーディオ(MirrorLink)
4.ウェアラブル端末
5.IVI(テザリング/モバイル連携)/車載テレマティクスシステム
6.IVI(エンベデッド)/統合的IVI
4.ワイヤレスソリューション 1.車載通信モジュール/テレマティクスモジュール
2.車載GPS
3.車載短距離無線技術(Bluetooth/Wi-Fi/NFC)
4. 車載用ワイヤレス充電器
5.ドライブレコーダ
5.コックピット/ヒューマンインターフェース 1.運転席前方(インパネ/メータクラスタ用MID)
2.車載液晶ディスプレイ(パネル)
3.HUD(ヘッドアップディスプレイ)
4.後部座席/助手席インフォテイメント
5.音声インターフェース
6.ジェスチャーインターフェース
7.ハプティックデバイス(力覚提示インターフェース)
6.V2X 1.車車間通信(V2V)
2.路車間通信(V2I)
7.完全自動運転 1.ADAS(先進運転支援システム)
2.LiDAR(レンジファインダ/レーザーレーダ)
3.車載用ミリ波レーダ
4.車載カメラ
5.3D高度化地図
8.有望テレマティクスアプリケーション 1.ナビゲーション地図提供
2.スマートフォンナビ
3.デジタルeコマース
4.盗難車両追跡システム
5.車載電波放送(インターネットラジオ/衛星放送/ドイツDAB)
6.Payd/Phyd自動車保険 (テレマティクス自動車保険)
7.ロードサービス(ロードサイドアシスタンス/bCall)
8.緊急通報(eCall/911Assist)
9.故障診断(OBD)
10.カーシェアリング
11.ライドシェア/配車サービス

調査項目

A.総合分析編 1.コネクテッドカーと自動運転車との関連性、市場背景、2030年までのロードマップ
2.コネクテッドカーのワールドワイド市場規模推移
  (2013、2014年実績、2015年見込、2016~2020、2025、2030年予測)
3.カーナビゲーションおよび既存コネクティビティソリューションの今後
4.エリア別テレマティクスの動向と法規制
5.車載OS/プラットフォームの特徴とHTML5の登場について
6.車載テレマティクスの標準化に関する取り組み
7.車両、運転手データと情報セキュリティニーズ
8.車載通信技術動向
9.次世代車載ディスプレイの変化
10.最適UIと次世代HMI動向
11.ビークルコネクティビティ拡大のための有望テレマティクスアプリケーション
12.コネクティビティが自動運転にもたらす影響
13.ADAS/レベル別自動運転車(Autonomous Car)に関する市場規模推移
14.シリコンバレーによるスタートアップ企業M&A
15.電気自動車(EV)の普及との関連性
B.自動車メーカー戦略編
(15事例)
(自動車メーカー)
1.GM、2.Ford、3.Chryler/FIAT、4.VolksWagen/Audi、5.PSA、6.Mercedes-Benz/Daimler
7.BMW、8.Volvo、9.トヨタ自動車、10.日産自動車、11.ホンダ(本田技研工業)、12.マツダ、13.いすゞ自動車、14.Hyundai/Kia、15.中国民族系メーカー,その他主要メーカー
<共通項目(調査対象15事例)>
1.概要
2.展開エリア/対応車種
3.テレマティクス/IVIの各機能と加入者数または搭載台数推移
4.ITベンダーとの連携状況
5.ビークルコネクティビティ拡大に向けての課題と今後の取り組み
6.自動運転に関する具体的な取り組み
C.品目別市場動向編
(48品目)
<共通項目(上記3.調査対象48品目)>
1.製品概要・定義
2.市場規模推移
3.マーケットシェア
4.コスト動向
5.各分野における相関関係
6.注目IT技術との連携状況
7.課題と対応策
8.論点整理
9.参入プレイヤー一覧
D.シリコンバレー事例編 1.Tesla Motors
2.Google
3.Apple

調査方法

弊社専門調査員による直接面接取材及び弊社データベースの併用

調査担当

株式会社富士経済 名古屋マーケティング本部

調査期間

2015年7月上旬~2015年11月27日

目次

A.総合分析編

  • 1.コネクテッドカーと自動運転車との関連性、市場背景、2030年までのロードマップ(3)
  • 1)コネクテッドカーの定義と自動運転との関連性(3)
  • 2)コネクテッドカーの方式(種類)(4)
  • 3)コネクテッドカーを取り巻く市場背景(5)
  • 4)2030年までのロードマップ(6)
  • 5)コネクテッドカー関連市場の概念と相関図(8)
  • 2.コネクテッドカーのワールドワイド市場規模推移(2013、2014年実績、2015年見込、2016~2020、2025、2030年予測)(9)
  • 1)コネクテッドカー(9)
  • 2)商用車(11)
  • 3.カーナビゲーションおよび既存コネクティビティソリューションの今後(12)
  • 4.エリア別テレマティクスの動向と法規制(13)
  • 1)エリア別コネクテッドカー市場規模推移(13)
  • 2)エリア別の特徴と法規制に関する動き(14)
  • 3)ドライバーディストラクションに関する主な法規制(21)
  • 4)各国の衝突安全基準(23)
  • 5.車載OS/プラットフォームの特徴とHTML5の登場について(26)
  • 1)車載OS連携とCPUの変遷(26)
  • 2)各車載OSの特徴とOS公開レベル(26)
  • 3)HTML5の登場による変化(30)
  • 6.車載テレマティクスの標準化に関する取り組み(31)
  • 1)標準化アライアンスとは(31)
  • 2)標準化アライアンスの目的(31)
  • 3)コネクテッドカーに関連する主要な標準化団体アライアンス(31)
  • 4)Wireless Power Consortium(WPC)(32)
  • 5)Open Automotive Alliance(OAA)(32)
  • 6)GENIVI(33)
  • 7)Car Connectivity Consortium(CCC、MirrorLinkの国際標準規格)(35)
  • 8)Automotive Grade Linux(AGL)(36)
  • 7.車両、運転手データと情報セキュリティニーズ(37)
  • 1)自動車情報セキュリティの概要(37)
  • 2)主要国・エリアにおけるハッキング対策、標準規格(38)
  • 3)OEM、ベンダーの取り組み(39)
  • 8.車載通信技術動向(40)
  • 1)次世代通信の将来性(40)
  • 2)周波数帯ごとの主な用途(40)
  • 3)各通信技術の特徴(41)
  • 9.次世代車載ディスプレイの変化(44)
  • 10.最適UIと次世代HMI動向(45)
  • 1)車内におけるHMI(45)
  • 2)自動運転になると必要なHMI技術(45)
  • 3)2020年以降実用のHMI技術(45)
  • 4)2020年以降に導入のHMI技術(45)
  • 5)現在主要HMI(46)
  • 11.ビークルコネクティビティ拡大のための有望テレマティクスアプリケーション(47)
  • 12.コネクティビティが自動運転にもたらす影響(48)
  • 1)密接につながるコネクテッドカーと自動運転(48)
  • 2)日本と米国の自動運転に対する取り組みの違い(48)
  • 3)米国における自動運転走行試験状況(49)
  • 4)欧州における自動運転走行試験状況(50)
  • 5)その他のエリアの自動運転走行試験状況(51)
  • 6)自動車メーカーの自動運転に関する取り組み状況(51)
  • 13.ADAS/レベル別自動運転車(Autonomous Car)に関する市場規模推移(52)
  • 1)ADAS(先進運転支援システム(Advanced Driving Assistant System)(52)
  • 2)ADASの種類(52)
  • 3)各種ADASの名称一覧(53)
  • 4)自動運転Levelの定義(54)
  • 5)Level別自動運転車市場規模推移(2013、2014年実績、2015年見込、2016~2020、2025、2030年予測)(55)
  • 14.シリコンバレーによるスタートアップ企業M&A(56)
  • 1)シリコンバレーによるスタートアップ企業育成(56)
  • 2)シリコンバレーの事業展開手法(Startup Accelerator)(56)
  • 3)コネクテッドカーの情報収集を行うAuto Tech Council(56)
  • 4)シリコンバレーが向かう先(56)
  • 5)現在注目されているスタートアップ企業(57)
  • 15.電気自動車EVの普及との関連性(58)
  • 1)ガソリン価格の高騰と次世代テレマティクスの進化による電気自動車EVの普及(58)
  • 2)電気自動車EV普及までの2つのアプローチ(58)

B.自動車メーカー戦略編

  • 1.GM(61)
  • 2.Ford(69)
  • 3.Chrysler/Fiat(75)
  • 4.VolksWagen/Audi(81)
  • 5.PSA(89)
  • 6.Mercedes-Benz/Daimler(95)
  • 7.BMW(101)
  • 8.Volvo(109)
  • 9.トヨタ自動車(117)
  • 10.日産自動車(129)
  • 11.ホンダ(本田技研工業)(135)
  • 12.マツダ(143)
  • 13.いすゞ自動車(147)
  • 14.Hyundai/Kia(151)
  • 15.中国民族系メーカー/その他主要メーカー(157)

C.品目別市場動向編

  • 1.シリコン
  • 1-[1].CPU/MPU(161)
  • 1-[2].GPU(165)
  • 1-[3].人工知能(AI)/ディープラーニング(169)
  • 1-[4].ストレージ(半導体メモリ/HDD)(173)
  • 2.コネクティビティサービス
  • 2-[1].車載OS(177)
  • 2-[2].TSP(テレマティクスサービスプロバイダー)(181)
  • 2-[3].プローブ情報/ビッグデータ(189)
  • 2-[4].Apps(195)
  • 2-[5].テレマティクス(OEテレマティクス)(199)
  • 2-[6].EV/PHV専用テレマティクス(205)
  • 2-[7].二輪車/超小型モビリティ専用テレマティクス(211)
  • 2-[8].商用車テレマティクス(215)
  • 3.コネクティビティソリューション
  • 3-[1].カーナビゲーションシステム(221)
  • 3-[2].PND(227)
  • 3-[3].スマートフォン連携ディスプレイオーディオ(MirrorLink)(231)
  • 3-[4].ウェアラブル端末(237)
  • 3-[5].IVI(テザリング/モバイル連携)/車載テレマティクスシステム(241)
  • 3-[6].IVI(エンベデッド)/統合的IVI(247)
  • 4.ワイヤレスソリューション
  • 4-[1].車載通信モジュール/テレマティクスモジュール(253)
  • 4-[2].車載GPS(259)
  • 4-[3].車載短距離無線技術(Bluetooth/Wi-Fi/NFC)(265)
  • 4-[4].車載用ワイヤレス充電器(271)
  • 4-[5].ドライブレコーダ(275)
  • 5.コックピット/ヒューマンインターフェース
  • 5-[1].運転席前方(センタークラスタ/メータクラスタ)用MID(281)
  • 5-[2].車載液晶ディスプレイ(パネル)(285)
  • 5-[3].HUD(ヘッドアップディスプレイ)(289)
  • 5-[4].後部座席/助手席インフォテイメント(295)
  • 5-[5].音声インターフェース(299)
  • 5-[6].ジェスチャーインターフェース(303)
  • 5-[7].ハプティックデバイス(力覚提示インターフェース)(309)
  • 6.V2X
  • 6-[1].車車間通信V2V(315)
  • 6-[2].路車間通信V2I(319)
  • 7.完全自動運転
  • 7-[1].ADAS(先進運転支援システム)(323)
  • 7-[2].LiDAR(レンジファインダ/レーザーレーダ)(329)
  • 7-[3].車載用ミリ波レーダ(333)
  • 7-[4].車載カメラ(337)
  • 7-[5].3D高度化地図(343)
  • 8.有望テレマティクスアプリケーション
  • 8-[1].ナビゲーション地図提供(347)
  • 8-[2].スマートフォンナビ(351)
  • 8-[3].デジタルeコマース(355)
  • 8-[4].盗難車両追跡システム(359)
  • 8-[5].車載電波放送(インターネットラジオ/衛星放送/ドイツDAB)(363)
  • 8-[6].Payd/Phyd自動車保険(テレマティクス自動車保険)(369)
  • 8-[7].ロードサービス(ロードサイドアシスタンス/bCall)(375)
  • 8-[8].緊急通報(eCall/911Assist)(379)
  • 8-[9].故障診断(OBD)(385)
  • 8-[10].カーシェアリング(389)
  • 8-[11].ライドシェア/配車サービス(395)

D.シリコンバレー事例編

  • 1.Tesla Motors(403)
  • 2.Google(405)
  • 3.Apple(411)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ