2016 臨床検査市場 No.1 -イムノアッセイ市場-

2016 臨床検査市場 No.1

-イムノアッセイ市場-

価格 200,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2016年1月21日 体裁 A4版 316ページ
備考 こちらの調査資料にはPDF/データ版 210,000円+税、書籍版+PDF/データ版セット 230,000円+税、ネットワークパッケージ版 400,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
2016年 医療ITのシームレス化・クラウド化と医療ビッグデータビジネスの将来展望 No.1
2015-2016 ジェネリック医薬品・長期収載品データブック No.2 -薬効領域別市場編-

調査概要

調査テーマ

『2016 臨床検査市場 No.1』 -イムノアッセイ市場-

調査目的

1.国内で実施されている免疫血清検査(イムノアッセイ検査)について、検査領域別、検査項目別、測定方法別、メーカー別に検査数と試薬市場を明らかにし、併せて同検査で使用される測定装置市場を明らかにした。

2.また同領域に参入しているメーカーの開発、提携、新製品の上市動向や同分野の展開、方向性について明らかにすることを目的としている。

調査項目

 A.領域別検査項目別市場
  1)イムノアッセイの全体市場推移
  2)領域別全体市場(2013~2016年)
  3)領域別検査項目別市場(2013~2016年)
  4)領域別検査項目別測定法別市場(2013~2016年)
  5)領域別市場予測(2017~2021年)
  6)市場動向と注目市場
  7)検査項目の概要・保険点数推移
 B.検査領域別市場
  1)参入メーカー一覧
  2)臨床上の位置づけ
  3)保険点数の動向
  4)関連する医療用医薬品市場の動向と検査市場への影響
  5)検査項目別市場推移(2013~2016年)
  6)測定法別市場推移(2013~2021年)
  7)検査項目別測定法別市場推移(2013~2016年)
  8)メーカー別販売実績
  9)検査項目別メーカー別販売実績
  10)検査項目別測定法別市場予測(2017~2021年)
  <対象検査領域>
  輸血検査、癌マーカー、ホルモン、感染症、自己免疫、血漿蛋白、TDM、その他
 C.装置市場
  1)種類別参入メーカー一覧
  2)種類別装置市場(2013~2016年)
  3)種類別メーカー別製品別販売実績(2013~2016年)
 D.メーカー動向
  メーカー別販売実績(2013~2016年)

調査対象

参入メーカー及び関連メーカー・団体

調査方法及び留意点

調査方法:インタビューサーベイ他
留意点:特に断り書きがある場合を除き、当調査資料における数値は全て富士経済推計値である。

調査期間

2015年10月~2016年1月

制作担当

株式会社富士経済 東京マーケティング本部 第ニ部

目次

はじめに

調査概要

第1章 イムノアッセイ市場の概要(1)

  • 1.全体市場(3)
  • 2.検査領域別市場(4)
  • 3.領域別測定法別市場動向(9)
  • 4.測定法別市場(13)
  • 5.市場動向(16)
  • 6.企業別開発動向(21)
  • 7.検査項目別市場(25)
  • 8.検査項目別測定法別市場(41)
  • 9.測定法別実績(75)

第2章 領域別市場(79)

  • I.輸血検査(81)
  • 1.検査項目別主要参入メーカー一覧(83)
  • 2.臨床上の位置づけ(83)
  • 3.保険点数の動向(84)
  • 4.検査項目別市場推移(84)
  • 5.測定法別市場推移(85)
  • 6.検査項目別測定法別市場(85)
  • 7.メーカー別販売実績(86)
  • 8.検査.項目別メーカー別販売実績(87)
  • 9.検査項目別測定法別市場予測(88)

II.癌マーカー(89)

  • 1.検査項目別主要参入メーカー一覧(91)
  • 2.臨床上の位置づけ(93)
  • 3.保険点数の動向(94)
  • 4.関連する医療用医薬品市場の動向と検査市場への影響(94)
  • 5.検査項目別市場推移(95)
  • 6.測定法別市場推移(97)
  • 7.検査項目別測定法別市場(99)
  • 8.メーカー別販売実績(105)
  • 9.検査項目別メーカー別販売実績(106)
  • 10.検査項目別測定法別市場予測 (113)

III.ホルモン(119)

  • 1.検査項目別主要参入メーカー一覧(121)
  • 2.臨床上の位置づけ(124)
  • 3.保険点数の動向(126)
  • 4.検査項目別市場推移(127)
  • 5.測定法別市場推移(131)
  • 6.検査項目別測定法別市場(133)
  • 7.メーカー別販売実績(141)
  • 8.検査項目別メーカー別販売実績(142)
  • 9.検査項目別測定法別市場予測(151)

IV.感染症(159)

  • 1.検査項目別主要参入メーカー一覧(161)
  • 2.臨床上の位置づけ(166)
  • 3.保険点数の動向(168)
  • 4.関連する医療用医薬品市場の動向と検査市場への影響(168)
  • 5.検査項目別市場推移(169)
  • 6.測定法別市場推移(173)
  • 7.検査項目別測定法別市場(175)
  • 8.メーカー別販売実績(185)
  • 9.検査項目別メーカー別販売実績(187)
  • 10.検査項目別測定法別市場予測 (199)

V.自己免疫(209)

  • 1.検査項目別主要参入メーカー一覧(211)
  • 2.臨床上の位置づけ(212)
  • 3.保険点数の動向(213)
  • 4.関連する医療用医薬品市場の動向と検査市場への影響(214)
  • 5.検査項目別市場推移(215)
  • 6.測定法別市場推移(217)
  • 7.検査項目別測定法別市場(219)
  • 8.メーカー別販売実績(223)
  • 9.検査項目別メーカー別販売実績(224)
  • 10.検査項目別測定法別市場予測 (228)

VI.血漿蛋白(233)

  • 1.検査項目別主要参入メーカー一覧(235)
  • 2.臨床上の位置づけ(237)
  • 3.保険点数の動向(238)
  • 4.検査項目別市場推移(239)
  • 5.測定法別市場推移(241)
  • 6.検査項目別測定法別市場(243)
  • 7.メーカー別販売実績(247)
  • 8.検査項目別メーカー別販売実績(248)
  • 9.検査項目別測定法別市場予測(254)

VII.TDM(259)

  • 1.検査項目別主要参入メーカー一覧(261)
  • 2.臨床上の位置づけ(262)
  • 3.保険点数の動向(263)
  • 4.検査項目別市場推移(264)
  • 5.測定法別市場推移(266)
  • 6.検査項目別測定法別市場(269)
  • 7.メーカー別販売実績(273)
  • 8.検査項目別メーカー別販売実績(274)
  • 9.検査項目別測定法別市場予測(279)

VIII.その他(283)

  • 1.検査項目別主要参入メーカー一覧(285)
  • 2.臨床上の位置づけ(286)
  • 3.保険点数の動向(286)
  • 4.検査項目別市場推移(287)
  • 5.測定法別市場推移(288)
  • 6.検査項目別測定法別市場(290)
  • 7.メーカー別販売実績(292)
  • 8.検査項目別メーカー別販売実績(293)
  • 9.検査項目別測定法別市場予測 (296)

第3章 装置市場(299)

  • 1.種類別主要参入メーカー一覧(301)
  • 2.種類別装置市場(301)
  • 3.種類別製品別販売実績(302)

第4章 主要メーカー別販売実績(307)

  • 1.アボット ジャパン(309)
  • 2.オーソ・クリニカル・ダイアグノスティックス(309)
  • 3.富士レビオ(309)
  • 4.ロシュ・ダイアグノスティックス(310)
  • 5.栄研化学(310)
  • 6.シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス(310)
  • 7.サーモフィッシャーダイアグノスティックス(310)
  • 8.和光純薬工業(311)
  • 9.積水メディカル(311)
  • 10.大塚製薬(311)
  • 11.LSIメディエンス(311)
  • 12.エーディア(312)
  • 13.協和メデックス(312)
  • 14.アルフレッサ ファーマ(312)
  • 15.日水製薬(312)
  • 16.ベックマン・コールター(313)
  • 17.アリーア メディカル(313)
  • 18.カイノス(313)
  • 19.デンカ生研(313)
  • 20.シスメックス(314)
  • 21.医学生物学研究所(314)
  • 22.ミズホメディー(314)
  • 23.ニットーボーメディカル(314)
  • 24.タウンズ(315)
  • 25.DSファーマバイオメディカル(315)
  • 26.極東製薬工業(315)
  • 27.塩野義製薬(315)
  • 28.日本ベクトン・ディッキンソン(316)
  • 29.杏林製薬(316)

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ