アグリビジネスの現状と将来展望 2016

アグリビジネスの現状と将来展望 2016

価格 120,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2016年4月20日 体裁 A4版 263ページ
備考 こちらの調査資料にはPDF版 120,000円+税、書籍版+PDF版セット 140,000円+税、書籍版+ネットワークパッケージ版セット 240,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
 ・アグリビジネスの現状と将来展望 2015
 ・2016 高機能フィルム&コーティング材の市場展望とメーカー戦略

調査概要

調査テーマ

『アグリビジネスの現状と将来展望 2016』

調査目的

本調査レポートでは、農作物の生産や流通、加工、販売の各段階で異業種からの参入が相次ぐ“アグリビジネス”市場に注目し、TPPの合意により急務となった農業の成長産業化に向けた「攻めの農業」の取り組みとして、拡大が期待される養液栽培関連プラント及び関連機器・資材、ICT・流通関連システムの市場実態を国内市場及び日系参入企業の海外展開状況なども踏まえて精査している。また栽培ビジネスに取り組む民間企業の事業実態を明らかにすると共に、農業バリューチェーンの構築やICT農業に取り組む企業などの注目企業を取り上げることで、今後のアグリビジネスの将来性を検証している。

調査方法

弊社専門調査員による関連企業・団体等へのヒアリングにより個別情報を収集し、参入各社・団体が公表する既存情報の確認・要約とともに、レポートを取りまとめた。

調査期間

2016年1月~2016年4月

調査担当

株式会社富士経済 大阪マーケティング本部 第一部

目次

I.総括編

  • 1.アグリビジネスの全体俯瞰と今後の方向性(1)
  • 2.アグリ関連品目市場動向
  • 1) 全体市場規模推移(3)
  • 2) 個別品目市場規模推移
  • [1] 養液栽培関連プラント市場(4)
  • [2] 養液・施設栽培関連機器・資材市場(5)
  • [3] ICT農業・流通関連システム市場(6)
  • 3.植物工場プラントの市場動向
  • 1) 植物工場プラントの類型と特徴(7)
  • 2) 植物工場プラントの単位面積当たりのイニシャルコスト(8)
  • 3) 完全人工光型植物工場プラントメーカーの事業動向(9)
  • 4.植物工場産野菜の市場動向
  • 1) 植物工場産野菜(レタス類)の市場規模推移(11)
  • 2) 完全人工光型植物工場産野菜(レタス類)の流通経路(12)
  • 5.民間企業による栽培ビジネス参入事例分析
  • 1) 調査対象事業者別にみた栽培作物の販売実績推移(13)
  • 2) 栽培プラントのイニシャルコストと栽培面積の相関分析(15)
  • 3) 栽培事業者別 植物工場の設備・コスト概要
  • [1] 完全人工光型植物工場(16)
  • [2] 太陽光利用型植物工場(太陽光併用型含む)/露地栽培(21)
  • 4) 民間企業の栽培ビジネス事例一覧
  • [1] 完全人工光型植物工場 全国マップ(25)
  • [2] 完全人工光型植物工場(27)
  • [3] 太陽光併用型植物工場(35)
  • [4] 太陽光利用型植物工場(36)
  • 6.付加価値野菜の開発動向(43)
  • 7.ICTを活用した農業の取り組み動向
  • 1) 農業におけるICT活用イメージ(45)
  • 2) 主な農業ICT関連機器・システムの概要(46)
  • 3) 農業ICT関連機器・システムの主要製品と普及状況
  • [1] 生産関連(47)
  • [2] 流通関連(50)
  • 4) ICT農業の現状と今後の方向性(51)
  • 8.農業バリューチェーンの構築に向けた生産~加工~流通~販売の取り組み動向
  • 1) 農業の付加価値拡大の取り組み(52)
  • 2) 六次産業化の取り組み事例(53)
  • 9.海外における植物工場の栽培ビジネス/開発動向
  • 1) 近隣諸国における植物工場の設置事例(中国、台湾、韓国、シンガポール)(54)
  • 2) 近隣諸国における植物工場のトレンド及び政府の普及促進に向けた取り組み(64)
  • 3) 近隣諸国における植物工場及び関連機器メーカーの動向(66)
  • 4) 日系企業の海外展開状況(67)
  • 10.アグリビジネス関連の主要補助事業一覧
  • 1) 2015年度補正予算 TPP対策関連事業(70)
  • 2) 農林水産省の補助事業(71)
  • 11.農業関連統計(73)

II.個別品目市場編

  • A. 養液栽培関連プラント市場
  • 1.植物工場(完全人工光型)(77)
  • 2.湛液型栽培プラント(89)
  • 3.NFT栽培プラント(94)
  • 4.固形培地栽培プラント(99)
  • B. 養液・施設栽培関連機器・資材市場
  • 1.環境制御装置(105)
  • 2.灌水/給液管理装置(112)
  • 3.栽培用空調機器(117)
  • 4.植物育成用光源(123)
  • 5.炭酸ガス発生装置(134)
  • 6.固形培地(140)
  • 7.ガラス/フィルムハウス(147)
  • C. ICT農業・流通関連システム市場
  • 1.環境モニタリングシステム(155)
  • 2.生産管理・販売/物流管理クラウドサービス(161)
  • 3.低温貯蔵システム(168)

III.栽培ビジネス事例編

  • 1.株式会社 伊東屋(173)
  • 2.NKアグリ 株式会社(176)
  • 3.オリックス 株式会社(181)
  • 4.株式会社 グランパ(186)
  • 5.株式会社 サンライズファーム西条(192)
  • 6.株式会社 資生堂(197)
  • 7.双日 株式会社(201)
  • 8.株式会社 TJクリエイト(206)
  • 9.東京地下鉄 株式会社(210)
  • 10.日本山村硝子 株式会社(214)
  • 11.株式会社 モスフードサービス(218)
  • 12.郵船商事 株式会社(223)
  • 13.ローム 株式会社(228)

IV.注目アグりビジネス事例編

  • 1.井関農機 株式会社(233)
  • 2.オイシックス 株式会社(236)
  • 3.九州農産物通商 株式会社(239)
  • 4.JR西日本 株式会社(242)
  • 5.新日本製薬 株式会社(245)
  • 6.東京エレクトロン デバイス 株式会社(247)
  • 7.西日本鉄道 株式会社(249)
  • 8.パナソニック 株式会社(253)
  • 9.PSソリューションズ 株式会社(257)
  • 10.ベジタリア 株式会社(260)

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ