2016 ワールドワイドロボット市場の現状と将来展望

2016 ワールドワイドロボット市場の現状と将来展望

価格 130,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2016年3月3日 体裁 A4版 275ページ
備考 こちらの調査資料にはPDF版 130,000円+税、書籍版+PDF版セット 150,000円+税、ネットワークパッケージ版 260,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
 ・2016年版 次世代パワーデバイス&パワエレ関連機器市場の現状と将来展望
 ・2016 ワールドワイドエレクトロニクス市場総調査

調査概要

調査テーマ

『2016 ワールドワイドロボット市場の現状と将来展望』

調査対象分野

 製造業向けロボット、半導体・電子部品実装向けロボット、
 非製造業向け(サービス系)ロボット、ロボット向け注目構成部材

調査対象品目

 A.製造業向けロボット(17品目)
  アーク溶接ロボット、スポット溶接ロボット、塗装ロボット、単軸ロボット、直交ロボット、
  電動スライダ、卓上型ロボット、パレタイジングロボット、取出しロボット、スカラロボット、
  小型垂直多関節ロボット(可搬重量20kg以下)、垂直多関節ロボット(可搬重量21kg以上)、
  パラレルリンクロボット、ガラス基板搬送ロボット、ウエハ搬送ロボット、協調・共存ロボット、
  センシティブロボット
 
 B.半導体・電子部品実装向けロボット(7品目)
  高速モジュラーマウンタ、中速モジュラーマウンタ、低速マウンタ、多機能マウンタ、
  ダイボンダ、ワイヤボンダ、フリップチップボンダ
 
 C.非製造業向け(サービス系)ロボット(17品目)
  セラピー・見守りロボット、パワーアシスト・増幅スーツ、医療系ロボット、移乗ロボット、
  荷役搬送ロボット、インフラ点検ロボット、ドローン・無人ヘリ、レスキューロボット、
  原発ロボット、パーソナルモビリティ、自動車自動運転/運転支援システム、受付・案内ロボット、
  掃除ロボット、セキュリティロボット、コミュニケーションロボット、テレプレゼンスロボット、
  ヒューマノイドロボット
 
 D.ロボット向け注目構成部材(7品目)
  FAケーブル、精密制御減速機、ロボット用サーボモータ、ロボット用オートツールチェンジャ、
  ロボット用力覚センサ、セーフティレーザースキャナ、ロボットビジョンシステム

調査期間

2015年12月~2016年3月

調査方法

弊社専門調査員による対象企業へのヒアリングを実施した。

調査担当

株式会社 富士経済 大阪マーケティング本部 第四部

目次

I.総括編

  • 1.ロボット市場全体俯瞰(1)
  • 2.ロボット市場拡大の方向性(3)
  • 1)製造業向けロボット市場の変化・方向性(3)
  • 2)半導体・電子部品実装向けロボット市場の変化・方向性(4)
  • 3)非製造業向け(サービス系)ロボット市場の変化・方向性(5)
  • 4)ロボット向け注目構成部材市場の変化・方向性(6)
  • 3.各種ロボットにおけるクラウド・IoT活用実態と方向性(7)
  • 4.ソフトウェアロボットの展開動向(11)
  • 1)製品定義(11)
  • 2)先進的な取り組み事例(12)
  • 5.製造業向けロボット市場動向(13)
  • 1)カテゴリ別市場動向(13)
  • [1] 全体市場規模推移(2014年実績~2018年予測、2020年予測・金額ベース)(13)
  • [2] 溶接・塗装系ロボット(14)
  • [3] アクチュエータ系ロボット(19)
  • [4] 組立・搬送系ロボット(24)
  • [5] クリーン搬送系ロボット(29)
  • [6] 次世代・安全系ロボット(34)
  • 2)地域別市場動向(日本、欧州、米州、アジア)(39)
  • [1] グローバル市場規模(2014年実績~2016年見込・金額ベース)(39)
  • [2] アジア市場規模(2014年実績~2016年見込・金額ベース)(40)
  • [3] グローバル市場規模予測(2015年実績、2018年予測、2020年予測・金額ベース)(41)
  • 3)アプリケーション別市場動向(数量ベース)(42)
  • [1] アプリケーション別市場規模推移(2015年実績~2016年見込・数量ベース)(42)
  • [2] アプリケーション分野別ロボット需要構成(2015年実績~2016年見込・数量ベース)(43)
  • 4)アジアロボットビジネスの変化・方向性(46)
  • [1] 全体市場規模推移(ロボット別、地域別)(46)
  • [2] 地域別市場規模推移(2014年実績~2018年予測、2020年予測・金額ベース)(47)
  • [3] ロボットメーカー・構成部材メーカーのアジア生産動向(51)
  • [4] ローカルロボットメーカーの動向(52)
  • [5] ローカルSIerの動向(53)
  • [6] EMSにおけるロボット採用動向・変化(54)
  • [7] ロボットの内製動向(EMS及びローカルSIer)(54)
  • 5)スマート工場(Industrie4.0など)におけるロボットの位置付け・方向性(55)
  • [1] Industrie4.0とは(55)
  • [2] 製造業向けロボットの位置付け・方向性(55)
  • 6)人とロボットの協調作業の動向・方向性(56)
  • 7)市場の課題と見通し(57)
  • 6.半導体・電子部品実装向けロボット市場動向(58)
  • 1)カテゴリ別市場動向(58)
  • [1] 全体市場規模推移(2014年実績~2018年予測、2020年予測・金額ベース)(58)
  • [2] 電子部品実装向けロボット(59)
  • [3] 半導体実装向けロボット(63)
  • 2)市場の課題と見通し(67)
  • 7.非製造業向け(サービス系)ロボット市場動向(69)
  • 1)カテゴリ別市場動向(69)
  • [1] 全体市場規模推移(2014年実績~2018年予測、2020年予測・金額ベース)(69)
  • [2] 医療・介護・福祉(70)
  • [3] インフラ(74)
  • [4] モビリティ(78)
  • [5] 業務・生活支援(82)
  • 2)認証・規制緩和動向(86)
  • [1] ISO13482(86)
  • [2] 介護保険(86)
  • 8.ロボット向け注目構成部材市場動向(87)
  • 1)品目別市場動向(87)
  • 2)主要メーカー別事業規模(2015年実績・金額ベース)(89)
  • 3)市場の課題と見通し(90)

II.品目別市場編

  • A.製造業向けロボット
  • 1.アーク溶接ロボット(91)
  • 2.スポット溶接ロボット(96)
  • 3.塗装ロボット(101)
  • 4.単軸ロボット(106)
  • 5.直交ロボット(111)
  • 6.電動スライダ(116)
  • 7.卓上型ロボット(121)
  • 8.パレタイジングロボット(126)
  • 9.取出しロボット(131)
  • 10.スカラロボット(136)
  • 11.小型垂直多関節ロボット(可搬重量20kg以下)(141)
  • 12.垂直多関節ロボット(可搬重量21kg以上)(146)
  • 13.パラレルリンクロボット(151)
  • 14.ガラス基板搬送ロボット(156)
  • 15.ウエハ搬送ロボット(161)
  • 16.協調・共存ロボット(166)
  • 17.センシティブロボット(171)
  • B.半導体・電子部品実装向けロボット
  • 1.高速モジュラーマウンタ(177)
  • 2.中速モジュラーマウンタ(180)
  • 3.低速マウンタ(183)
  • 4.多機能マウンタ(186)
  • 5.ダイボンダ(189)
  • 6.ワイヤボンダ(192)
  • 7.フリップチップボンダ(195)
  • C.非製造業向け(サービス系)ロボット
  • 1.セラピー・見守りロボット(199)
  • 2.パワーアシスト・増幅スーツ(202)
  • 3.医療系ロボット(205)
  • 4.移乗ロボット(208)
  • 5.荷役搬送ロボット(211)
  • 6.インフラ点検ロボット(214)
  • 7.ドローン・無人ヘリ(217)
  • 8.レスキューロボット(220)
  • 9.原発ロボット(223)
  • 10.パーソナルモビリティ(226)
  • 11.自動車自動運転/運転支援システム(229)
  • 12.受付・案内ロボット(232)
  • 13.掃除ロボット(235)
  • 14.セキュリティロボット(238)
  • 15.コミュニケーションロボット(241)
  • 16.テレプレゼンスロボット(244)
  • 17.ヒューマノイドロボット(247)
  • D.ロボット向け注目構成部材
  • 1.FAケーブル(251)
  • 2.精密制御減速機(256)
  • 3.ロボット用サーボモータ(261)
  • 4.ロボット用オートツールチェンジャ(264)
  • 5.ロボット用力覚センサ(267)
  • 6.セーフティレーザースキャナ(270)
  • 7.ロボットビジョンシステム(273)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ