注目業界の市場動向・将来展望

ワールドワイドロボット市場
ペット関連市場
住設建材マーケティング
次世代パワーデバイス&パワエレ関連機器市場
データセンタービジネス市場
を新たに追加

130,000円+税

発刊日:2017年03月23日
制作:富士経済
体裁:A4版290ページ

送料無料

2017 ワールドワイドロボット市場の現状と将来展望

ロボットを取り巻く市場環境の変化に伴い、本年版より非製造業向けロボット、AI(人工知能)を追加し、ロボット市場の新潮流を纏めました。製造業向けロボット、半導体・電子部品実装向けロボット、サービス系ロボット、非製造業向けロボット、AI(人工知能)、ロボット向け注目構成部材計50品目を調査し、ヒト協調ロボットの普及動向、ロボット標準化動向、政府施策等、当該市場の全体像と方向性を俯瞰しています。

【PDF】製造業・非製造業向けやサービス系、AI(人工知能)など世界のロボット市場を調査(プレスリリースより)

2025年の世界市場予測(2016年比)

ヒト協調ロボットは2,700億円(8.7倍)・・・欧州を中心に市場形成。アジアでは市場が急拡大

パワーアシスト・増幅スーツは160億円(5.2倍)・・・国内で介護・リハビリ関連の需要が好調。海外では需要が限定的

150,000円+税

発刊日:2017年02月03日
制作:富士経済
体裁:A4版344ページ

送料無料

2017年版 次世代パワーデバイス&パワエレ関連機器市場の現状と将来展望

本調査ではパワー半導体デバイス15品目、パワー半導体デバイス構成部材16品目、製造装置21品目と、民生機器、情報通信機器、自動車・電装、新エネルギー、電鉄車両、産業分野のアプリケーション30品目の各市場動向に加え、次々世代パワー半導体とされる酸化ガリウム系/ダイヤモンド系パワー半導体の最新動向に注目し、市場俯瞰と将来予測、次世代パワーデバイス・ウェーハの普及ロードマップ等を総括しています。俯瞰と将来予測、次世代パワーデバイス・ウェーハの普及ロードマップ等を総括しています。

【PDF】SiC/GaNパワー半導体に加えて長期的には酸化ガリウム系にも注目 次世代パワー半導体の世界市場を調査(プレスリリースより)

-2025年予測(2016年比)-

SiCパワー半導体世界市場:1,410億円(6.9倍)-自動車・電装分野向けが拡大-

GaNパワー半導体世界市場:450億円(32.1倍)-中高耐圧領域での製品ラインアップの拡大に期待-

140,000円+税

発刊日:2017年02月09日
制作:富士経済
体裁:A4版248ページ

送料無料

グローバル家電市場総調査 2017

主要白物家電・小物家電33品目、業務機器6品目の世界市場を調査しました。家電製品を衣住関連、調理関連、空調・給湯関連、パーソナルケア関連、業務機器関連の5カテゴリに分類し、国・地域別の各社の生産動向や販売規模推移予測、IoT/AI取組み状況等を分析しました。また、新規トピックスとして、近年の家電業界の構造再編と主要家電メーカーの事業戦略、スマートホームとIoT家電の現状と今後を展望しています。

【PDF】白物・小物家電および業務用機器の世界市場を調査(プレスリリースより)

2021年 白物家電5品目世界市場 5億8,693万台と予測

この報告書では「衣住関連」7品目、「調理関連」10品目、「空調・給湯関連」5品目、「パーソナルケア関連」11品目、「業務機器関連」6品目の国・地域別の各社生産動向や需要動向を捉えた。

120,000円+税

発刊日:2017年03月02日
制作:富士キメラ総研
体裁:A4版199ページ

送料無料

データセンタービジネス市場調査総覧 2017年版 上巻:市場編

データセンタービジネス市場へのメガクラウドサービスの影響や、人工知能、IoT、FinTech等の新ICT技術/ソリューションがもたらすデータセンターの需要性について分析すると共に、主要データセンターサービス8品目とデータセンター関連製品13品目の詳細な市場動向やトレンドを把握しています。業種別/企業規模別/地域別等の市場規模を掴み、データセンタービジネス市場の検証・分析を多角的に行いました。

【PDF】NewICT(IoT、人工知能、FinTech)による新たな需要が注目されるデータセンタービジネスの国内市場の調査(プレスリリースより)

-2021年市場予測(2016年比)-

データセンタービジネスの国内市場 2兆3,895億円(28.5%増)
~メガクラウドサービスの普及によりIaaS/PaaSが大幅に伸びる~

IoT関連のデータセンタービジネス需要 750億円(15.0倍)
FinTech関連のデータセンタービジネス需要 310億円(31.6倍)
~ネットワークの高速化、安定した提供電力ニーズなどへの対応でデータセンターの利用が進む~

140,000円+税

発刊日:2016年11月15日
制作:富士経済
体裁:A4版239ページ

送料無料

高機能分離膜/フィルター関連技術・市場の全貌と将来予測 2016

大気・水環境の浄化、再生可能エネルギーの創造、医療技術の向上、工業用プロセスにおける環境対策、エネルギーコストの低減等に対して役割が期待される分離膜及びフィルター技術について調査しました。素材(原反・ろ材)、膜/フィルター製品21品目、アプリケーション別に、各市場動向、需要分野特性と有望用途、海外市場動向、技術開発動向等を調査し、現状の市場実態と今後の市場の将来性を明らかにしました。

【PDF】水環境、製造プロセス、エネルギー、ライフサイエンスなど幅広い分野で需要増加が期待される高機能分離膜/フィルターの市場を調査(プレスリリースより)

水処理膜(世界)2,633億円(27.0%増)
~中国の環境規制による需要増や新興国の新規案件などで市場は拡大~

液体ろ過用カートリッジフィルター(国内市場+日系メーカーの海外売上)701億円(12.7%増)
~医薬・バイオ向けの伸びが市場拡大をけん引~

130,000円+税

発刊日:2017年03月22日
制作:富士経済
体裁:A4版305ページ

送料無料

2017年 ペット関連市場マーケティング総覧

ペット関連市場データや販売チャネルの最新動向を調査すると共に、ペットオーナーへのアンケート調査を通じて、飼育環境やオーナー動向を把握しました。調査対象はペットフード、ペットケア用品、ペット生活用品、注目ビジネス計32品目です。種類/タイプ別市場規模推移、メーカーシェア、流通ルート・販売チャネル構成推移、新製品・注目製品動向、製品トレンド状況、注目マーケティング政策等を分析しました。

【PDF】国内ペット関連市場を調査(プレスリリースより)

-2017年市場見込(2016年比)-

ペット保険→ネットでの申込みによる生体購入時に加入しなかったペットオーナーの加入が増加142.9万件(14.2%増)

ミルク→熱中症予防対策など使用シーンの拡大で需要増加 17億4,000万円(4.8%増)

ペット用脱臭・消臭機/空気清浄機→ペット臭の除去力の高さから需要増加 3億5,500万円(4.4%増)

190,000円+税

発刊日:2017年01月24日
制作:富士キメラ総研
体裁:A4版247ページ

送料無料

2017 AR/VR関連市場の将来展望

AR/VRの表示機器、デバイス、関連機器等のハード機器市場とBtoC、BtoB/BtoBtoC向けソリューション市場を徹底調査しました。調査対象はAR/VRコンテンツ・ソリューション5品目、AR/VR表示機器6品目、AR/VR関連機器5品目、AR/VR関連デバイス8品目、AR/VRハード機器メーカー15社です。業界構造、市場規模推移・予測、メーカーシェア、価格動向、技術動向、ロードマップ、採用業界動向、納入関係等を把握・分析しました。

【PDF】表示機器とコンテンツ・ソリューションの相乗効果で大幅な拡大が期待されるAR(拡張現実)/VR(仮想現実)関連市場を調査(プレスリリースより)

AR/VR表示機器の世界市場 3兆969億円

~VR対応のHMDなどが拡大をけん引し、2020年以降AR対応のスマートグラスなども大きく伸びる~

150,000円+税

発刊日:2017年03月30日
制作:富士経済
体裁:A4版250ページ

送料無料

2017年版 住設建材マーケティング便覧

建材、設備の高機能化の現状と採用される機能性材料の特性と採用可能性を徹底分析しました。住宅設備分野、建材分野、機能性素材分野の計44品目について市場概況及び中期予測、メーカーシェア、商品開発動向、流通変化、海外進出動向などを調査しました。各市場における高機能化/高付加価値化をグレード別市場に細分化の上で特性及び将来性を検討し、主要機能性素材の完成品市場への影響等を検証しています。

【PDF】高機能化/高付加価値化が進む住宅設備・建材の国内市場を調査(プレスリリースより)

住宅設備・建材市場 -2022年予測 5兆729億円-・・・消費税率引き上げにより、2019年5兆2,364億円を境に縮小へ

グレード別市場 高級品は住宅設備7,421億円、建材2,335億円(2016年実績)・・・省エネ/創エネ設備やリフォーム向けの需要もあり住宅設備の構成比は25%と高め

130,000円+税

発刊日:2017年02月01日
制作:富士経済
体裁:A4版233ページ

送料無料

Welfare関連市場の現状と将来展望 2017

介護市場における製品・システム・サービス市場動向と流通構造を整理し、課題を明確化しました。介護保険対象15品目、介護用品・消耗品11品目、介護用装置・機器6品目の市場規模推移、企業シェア等の市場動向と、各卸業者・リテールチャネル別の流通構造、在宅及び介護・福祉施設のシステム/サービスの市場動向を調査しました。又、異業種参入企業の事業モデル分析も併せ、今後のWelfare関連市場を展望しています。

【PDF】介護負担の軽減を目的とした製品の伸びが注目される介護・福祉関連の用具・用品、機器・装置、システム・サービスの国内市場を調査(プレスリリースより)

介護・福祉関連の用具・用品、装置・機器の合計 4,494億円(24.1%増)
~介護保険対象品や介護用品・消耗品は大幅に拡大、介護用装置・機器は緩やかな伸びが続く~

介護用ロボット 48億円(8.0倍)
~政府による導入促進などにより介護分野を中心に大きく伸びる~

150,000円+税

発刊日:2017年01月26日
制作:富士経済
体裁:A4版169ページ

送料無料

新・パン市場のチャネル別需要分析調査 2017

チャネル比較の視点でパン市場の需要動向を明らかにしました。総括編では食パン、テーブルパン、惣菜パン、菓子パン、チルドパンの総市場規模推移、チャネル構成比、種類別構成比と大手製パン4社のホールセール、冷凍生地、ベーカリー売上を纏めています。又、ホールセール、流通パン、ベーカリーショップ、外食業態編では品目別販売動向、企業占有状況、NB・PB別販売動向、製法別販売構成比等を調査分析しています。

【PDF】国内のパン市場を調査(プレスリリースより)

本格具材の使用、健康性を切り口とした付加価値化 国内パン市場は緩やかに拡大し、2017年に2兆7,798億円

国内パン市場を流通チャネル別では流通(量販店、CVS、ドラッグストア、その他)、ベーカリーショップ、外食、品目別には食パン、テーブルパン、惣菜パン、菓子パン、チルドパンに区分し、分析した。
また、ホールセール市場や、業務用冷凍パン、市販用ウエルネスパン、ベーカリーレストランなど、注目市場についても調査・分析した。

お問い合せ

調査資料に関するお問い合せは、こちらのフォームよりお願いします。
3営業日以内に担当の者よりご連絡いたします。
お急ぎの場合はお電話ください。

Tel. 03-3664-5844
Mail. enplanet@mail.fk-networks.co.jp