注目業界の市場動向・将来展望

グローバル家電市場総調査
AR/VR関連市場の将来展望
人工知能ビジネス総調査
Welfare関連市場の現状と将来展望
新・パン市場のチャネル別需要分析調査
を新たに追加

140,000円+税

発刊日:2017年02月09日
制作:富士経済
体裁:A4版248ページ

送料無料

グローバル家電市場総調査 2017

主要白物家電・小物家電33品目、業務機器6品目の世界市場を調査しました。家電製品を衣住関連、調理関連、空調・給湯関連、パーソナルケア関連、業務機器関連の5カテゴリに分類し、国・地域別の各社の生産動向や販売規模推移予測、IoT/AI取組み状況等を分析しました。また、新規トピックスとして、近年の家電業界の構造再編と主要家電メーカーの事業戦略、スマートホームとIoT家電の現状と今後を展望しています。

【PDF】白物・小物家電および業務用機器の世界市場を調査(プレスリリースより)

この報告書では「衣住関連」7品目、「調理関連」10品目、「空調・給湯関連」5品目、「パーソナルケア関連」11品目、「業務機器関連」6品目の国・地域別の各社生産動向や需要動向を捉えた。

また、近年の家電業界の構造再編状況、主要家電メーカーの事業戦略やスマートホームとIoT家電の現状についても分析し、今後の展開状況をまとめた。

190,000円+税

発刊日:2017年01月24日
制作:富士キメラ総研
体裁:A4版247ページ

送料無料

2017 AR/VR関連市場の将来展望

AR/VRの表示機器、デバイス、関連機器等のハード機器市場とBtoC、BtoB/BtoBtoC向けソリューション市場を徹底調査しました。調査対象はAR/VRコンテンツ・ソリューション5品目、AR/VR表示機器6品目、AR/VR関連機器5品目、AR/VR関連デバイス8品目、AR/VRハード機器メーカー15社です。業界構造、市場規模推移・予測、メーカーシェア、価格動向、技術動向、ロードマップ、採用業界動向、納入関係等を把握・分析しました。

【PDF】表示機器とコンテンツ・ソリューションの相乗効果で大幅な拡大が期待されるAR(拡張現実)/VR(仮想現実)関連市場を調査(プレスリリースより)

AR/VR表示機器の世界市場 3兆969億円

~VR対応のHMDなどが拡大をけん引し、2020年以降AR対応のスマートグラスなども大きく伸びる~

180,000円+税

発刊日:2016年09月30日
制作:富士キメラ総研
体裁:A4版300ページ

送料無料

2016 人工知能ビジネス総調査

AIを活用した分析サービスや、AI環境を構築するためのコンサルティング、SI、AI環境を支えるプロダクト(ハードウェア、ソフトウェア)やクラウドサービス(SaaS、IaaS/PaaS)などをAIビジネス市場とし、その市場を需要業種別に分析した。

【PDF】AI(人工知能)ビジネスの国内市場を調査(プレスリリースより)

AIを活用した分析サービス、AI環境を構築するためのシステムインテグレーション(SI)、プロダクトなど

2030年度の市場は2兆1,200億円(2015年度比14.1倍)

130,000円+税

発刊日:2017年02月01日
制作:富士経済
体裁:A4版233ページ

送料無料

Welfare関連市場の現状と将来展望 2017

介護市場における製品・システム・サービス市場動向と流通構造を整理し、課題を明確化しました。介護保険対象15品目、介護用品・消耗品11品目、介護用装置・機器6品目の市場規模推移、企業シェア等の市場動向と、各卸業者・リテールチャネル別の流通構造、在宅及び介護・福祉施設のシステム/サービスの市場動向を調査しました。又、異業種参入企業の事業モデル分析も併せ、今後のWelfare関連市場を展望しています。

【PDF】介護負担の軽減を目的とした製品の伸びが注目される介護・福祉関連の用具・用品、機器・装置、システム・サービスの国内市場を調査(プレスリリースより)

介護・福祉関連の用具・用品、装置・機器の合計 4,494億円(24.1%増)
~介護保険対象品や介護用品・消耗品は大幅に拡大、介護用装置・機器は緩やかな伸びが続く~

介護用ロボット 48億円(8.0倍)
~政府による導入促進などにより介護分野を中心に大きく伸びる~

150,000円+税

発刊日:2017年01月26日
制作:富士経済
体裁:A4版169ページ

送料無料

新・パン市場のチャネル別需要分析調査 2017

チャネル比較の視点でパン市場の需要動向を明らかにしました。総括編では食パン、テーブルパン、惣菜パン、菓子パン、チルドパンの総市場規模推移、チャネル構成比、種類別構成比と大手製パン4社のホールセール、冷凍生地、ベーカリー売上を纏めています。又、ホールセール、流通パン、ベーカリーショップ、外食業態編では品目別販売動向、企業占有状況、NB・PB別販売動向、製法別販売構成比等を調査分析しています。

【PDF】国内のパン市場を調査(プレスリリースより)

本格具材の使用、健康性を切り口とした付加価値化 国内パン市場は緩やかに拡大し、2017年に2兆7,798億円

国内パン市場を流通チャネル別では流通(量販店、CVS、ドラッグストア、その他)、ベーカリーショップ、外食、品目別には食パン、テーブルパン、惣菜パン、菓子パン、チルドパンに区分し、分析した。
また、ホールセール市場や、業務用冷凍パン、市販用ウエルネスパン、ベーカリーレストランなど、注目市場についても調査・分析した。

200,000円+税

発刊日:2016年12月12日
制作:富士経済
体裁:A4版257ページ

送料無料

中国向け越境EC市場の実態と今後 2016

中国におけるEC市場の総市場規模及び商品カテゴリー別/受注形態別/販売エリア別市場動向や購入者属性等を分析すると共に、中国向け越境EC市場への参入企業のケーススタディ分析を行い、海外(日本・米国・韓国等)からの中国向け越境EC市場の現状を把握し、今後の中国EC市場及び中国向け越境EC市場の方向性を探りました。企業事例は中国EC企業23社、越境EC企業15社、越境ECサポート企業4社を掲載しています。

【PDF】中国ECと中国向け越境ECの市場を調査(プレスリリースより)

日本からの中国向け越境EC市場 1,270億元(2兆1,044億円)・・・化粧品や生活雑貨を中心に需要が拡大

中国向け越境EC全体市場 4,700億元(7兆7,879億円)・・・日本、アメリカ、韓国からの展開が中心

140,000円+税

発刊日:2016年11月15日
制作:富士経済
体裁:A4版239ページ

送料無料

高機能分離膜/フィルター関連技術・市場の全貌と将来予測 2016

大気・水環境の浄化、再生可能エネルギーの創造、医療技術の向上、工業用プロセスにおける環境対策、エネルギーコストの低減等に対して役割が期待される分離膜及びフィルター技術について調査しました。素材(原反・ろ材)、膜/フィルター製品21品目、アプリケーション別に、各市場動向、需要分野特性と有望用途、海外市場動向、技術開発動向等を調査し、現状の市場実態と今後の市場の将来性を明らかにしました。

【PDF】水環境、製造プロセス、エネルギー、ライフサイエンスなど幅広い分野で需要増加が期待される高機能分離膜/フィルターの市場を調査(プレスリリースより)

水処理膜(世界)2,633億円(27.0%増)
~中国の環境規制による需要増や新興国の新規案件などで市場は拡大~

液体ろ過用カートリッジフィルター(国内市場+日系メーカーの海外売上)701億円(12.7%増)
~医薬・バイオ向けの伸びが市場拡大をけん引~

120,000円+税

発刊日:2016年01月08日
制作:富士キメラ総研
体裁:A4版232ページ

送料無料

2016 エレクトロニクス実装ニューマテリアル便覧

半導体パッケージおよびプリント配線板における実装技術動向と関連する主要材料/実装装置を網羅的に調査し、最新の市場動向をまとめています。調査対象は半導体パッケージ8品目(CPU、モバイル向けCPU、メモリー他)、プリント配線板7品目(積層板・FPC他)、プリント配線板関連材料9品目(紙基材・積層板、ガラスクロス、レジスト材、銅箔、めっき材)、半導体後工程材料8品目、実装関連装置8品目の合計40品目です。

【PDF】プリント配線板、プリント配線板関連材料、実装関連装置など半導体実装関連の世界市場を調査(プレスリリースより)

PCからスマートフォンへと電子機器の主役が移ったことで、その形状に対応してさらに薄型化・高密度化が進んでいる半導体実装関連の世界市場を調査した。

この報告書では半導体デバイス3品目、半導体パッケージ5品目、プリント配線板7品目、プリント配線板関連材料9品目、半導体後工程材料8品目、実装関連装置8品目の市場を分析し、将来を予測した。

120,000円+税

発刊日:2016年10月24日
制作:富士キメラ総研
体裁:A4版366ページ

送料無料

メディカルソリューション市場調査総覧 2016

診断/計測~治療~感染防止までの医療IT/機器ビジネス業界の全体像を把握し、クラウド/次世代映像技術等の活用、最先端医療機器の最新動向を調査しました。医療機関向けシステム/ソリューション13品目、診断・計測機器/装置23品目、手術室関連機器/システム9品目、インフェクションコントロール関連機器/システム5品目に関して国内・世界市場規模推移、国内市場シェア、医療ICT化等の方向性等を分析しました。

【PDF】医療情報システム/サービス、診断・計測装置、手術室関連機器/システムなどメディカルソリューション市場を調査(プレスリリースより)

国内メディカルソリューション市場は1兆4,300億円(CAGR1.2%:2015-2020)

4K・8K技術活用機器や国産手術支援ロボットなど、手術室関連機器がけん引し拡大

150,000円+税

発刊日:2016年07月13日
制作:富士経済
体裁:A4版301ページ

送料無料

FIT・再生可能エネルギー発電関連システム・サービス市場/参入企業実態調査 2016

2012年7月より開始されたFIT(固定価格買取制度)により、導入量が大幅に拡大している再生可能エネルギー市場を調査しています。買取価格の維持や規制緩和に伴い新規参入/新製品投入が活発化しているFIT関連サービス事業者/機器メーカー動向を広範に調網羅し、新たに認定済の未稼働案件を含めた国内市場の全体像および海外FIT関連市場動向を踏まえ“ポストFIT”市場の将来像を分析・予測しました。

【PDF】新サービスの開発や海外事例の取り入れなど「ポストFIT」市場への対応が進む再生可能エネルギー発電システムの国内市場を調査(プレスリリースより)

再生可能エネルギー発電システム 太陽光発電システムの縮小によりマイナス成長
・・1兆7,124億円(50.7%)

風力発電システム 複数計画されている大規模な洋上風力発電所などが稼働
・・2,171億円(4.1倍)

お問い合せ

調査資料に関するお問い合せは、こちらのフォームよりお願いします。
3営業日以内に担当の者よりご連絡いたします。
お急ぎの場合はお電話ください。

Tel. 03-3664-5844
Mail. enplanet@mail.fk-networks.co.jp