技術革新が進む自動車業界特集

120,000円+税

発刊日:2016年07月13日
制作:富士経済
体裁:A4版386ページ

送料無料

2016 電池関連市場実態総調査 上巻

小型民生用二次電池需要増加および車載用二次電池の用途拡大により成長性が期待されるリチウムイオン二次電池材料を中心に、主要電池材料の市場動向を調査しました。Samsung SDIやパナソニックなど代表的なリチウムイオン二次電池メーカーの上位ベンダーとして日本の材料メーカーを質·量の両面から凌駕しつつある中国リチウムイオン二次電池材料市場も現地取材により詳細な情報を収集しています。

【PDF】電池関連世界市場を調査(プレスリリースより)

リチウムイオン二次電池は車載専用の増加により大幅に拡大し、3兆2,301億円に

二次電池は車載用途や産業用途で需要が増加し、8兆1,456億円

一次電池は新興国を中心に需要が増え、1兆1,323億円

900,000円+税

発刊日:2016年10月07日
制作:富士経済
体裁:A4版160ページ

送料無料

中国HEV、EV市場の実態と今後の展望

中国の経済成長は重工業の発達とともに、急激なモータリゼーションの発達や都市化が進み、北京をはじめ中国の大都市では深刻な交通渋滞や大気汚染に悩まされている。中国政府は新エネルギー車の普及促進を掲げ、2020年に累計500万台以上普及させる目標を掲げた。新エネルギー車にカテゴライズされるEV、PHEV、FCVをどのように普及させるのかは地方政府が担う形となるが、それぞれ地域色を打ち出した策を講じることで、PHEV、EVの売れ方が大きく異なっている。

150,000円+税

発刊日:2016年05月30日
制作:富士経済
体裁:A4版400ページ

送料無料

2016年版 HEV,EV関連市場徹底分析調査

HEV/PHEV/EV及び同車載部品の市場動向(市場規模推移・予測、メーカーシェア他)と、自動車メーカーの開発状況、技術トレンド等を調査・分析しました。調査対象は国内自動車メーカー10社、海外自動車メーカー12社(車種別投入計画、販売予測等)と、HEV/PHEV/EV関連部品24品目(モータ・ジェネレータ、インバータ、バッテリ材料等)です。また、国内外各国の規制/エコカー優遇制度の動向も補足しています。

【PDF】HV、PHV、EVの世界市場を調査(プレスリリースより)

HV:468万台(2.9倍) ~日本を中心に市場は拡大。欧州や中国は伸び悩む

PHV:665万台(31.7倍) ~欧州、北米、中国で2025年頃より大幅な需要増加

EV:567万台(16.7倍) ~市場は2015年に大きく伸張。今後中国の需要増加がけん引

150,000円+税

発刊日:2016年05月27日
制作:富士キメラ総研
体裁:A4版281ページ

送料無料

2016 次世代カーテクノロジーの本命予測

自動車産業における「環境」「安全」「快適」をキーワードとする有望技術の課題、競合する技術との差異点、そして、それらの技術の共存・共生の方向性について2020年代に本命と目される技術の動向を調査しました。また、これらに応じて変化する機器やデバイスの市場予測を踏まえ次世代自動車像を描いています。調査対象は、環境・自動運転/安全・コックピット他の4つの技術領域に分け50品目を取り上げました。

【PDF】次世代カーテクノロジーの世界市場動向を調査(プレスリリースより)

自動運転、次世代カーナビ、48V電源、センシング技術など

自動運転システム…ADASは5,800万台、自動運転レベル3、4は1,100万台超

次世代カーナビゲーションシステム …スマートフォン連携システムは普及が進み7,450万台

車載電源…48V電源はEUや中国の48VマイルドHVの需要増加により1,685万台

120,000円+税

発刊日:2016年03月23日
制作:富士キメラ総研
体裁:A4版359ページ

送料無料

2016年 エレクトロニクス先端材料市場の現状と将来展望

自動車コックピットの構造変化に伴う、車載システム/操作インターフェイス/ディスプレイ/ディスプレイ用部材の市場動向を調査しました。調査対象品目はシステム4品目(CLD,メーター等)、次世代表示技術2品目(プロジェクター、透明ディスプレイ)、ディスプレイ4品目(LCD他)、操作インターフェイス6品目(各種タッチパネル、触覚デバイス他)、ディスプレイ部材20品目(カバーガラス、コーティング材他)です。

【PDF】OLEDディスプレイ向け・車載電装品向け先端部材の世界市場を調査(プレスリリースより)

耐熱フレキシブル基板 51億円(17.0倍) ~OLEDディスプレイ用途で需要が増大~

車載用アルミ電解コンデンサー 1,330億円(56.5%増) ~ECU搭載数の増加に伴い拡大~

150,000円+税

発刊日:2016年01月08日
制作:富士キメラ総研
体裁:A4版262ページ

送料無料

2016 次世代自動車関連マテリアル総調査

注目度が高いHV/PHV/EV/FCV等の次世代自動車における主力部品に関連する材料動向及び既存の自動車部品の小型軽量化に寄与する材料や自動車部品/材料の使用動向について、ワールドワイドでの現状と今後の展望をまとめました。調査品目は モーター磁石・電極材等次世代自動車構成部品材料16品目、 既存主要自動車部品16品目 、注目材料としてアルミ合金/マグネシウム合金、樹脂成型材等19品目です。

【PDF】次世代自動車部品材料、自動車主要部品構成素材の世界市場を調査(プレスリリースより)

厳格化される環境規制に対応するため需要が拡大している次世代自動車部品材料16品目、自動車主要部品16品目の構成素材の世界市場を調査・分析した。加えて注目材料19品目をピックアップし、自動車向けの市場と開発動向を調査・分析した。

次世代自動車部品材料は、HV/PHV/EV/FCVの燃費や環境負荷を大きく低減させる主要部品の材料で、各国政府の環境規制やユーザーニーズの高まりにより、次世代自動車の生産台数が着実に増加していることから、市場が拡大している。普及のために単価の低減を目指した技術開発が続けられているが、次世代自動車の生産増加に伴い2025年には、2015年比4.5倍の1兆5,467億円が予測される。

150,000円+税

発刊日:2016年02月02日
制作:富士経済
体裁:A4版289ページ

送料無料

2016 車載ディスプレイ関連市場の将来展望

自動車コックピットの構造変化に伴う、車載システム/操作インターフェイス/ディスプレイ/ディスプレイ用部材の市場動向を調査しました。調査対象品目はシステム4品目(CLD,メーター等)、次世代表示技術2品目(プロジェクター、透明ディスプレイ)、ディスプレイ4品目(LCD他)、操作インターフェイス6品目(各種タッチパネル、触覚デバイス他)、ディスプレイ部材20品目(カバーガラス、コーティング材他)です。

【PDF】車載ディスプレイ関連の世界市場を調査(プレスリリースより)

-2020年市場予測(2014年比)- 車載ディスプレイの世界市場 TFT-LCDが市場けん引、日米欧で需要拡大 4,914億円(89.6%増)

カーナビゲーションシステム(以下:カーナビ)の普及やディスプレイオーディオの浸透などにより、運転情報やナビ・オーディオ情報の表示が求められていることで、搭載率が高まっている車載ディスプレイや、それらに関連する車載システム、車載操作インターフェース、車載ディスプレイ部材の市場動向を調査した。

120,000円+税

発刊日:2016年01月18日
制作:富士経済
体裁:A4版382ページ

送料無料

エネルギー・大型二次電池・材料の将来展望 2016
-次世代環境自動車分野編-

大容量蓄電デバイス関連市場調査のシリーズ。本編では、次世代自動車開発の現状とキーデバイスとなる大型二次電池の世界市場を取り上げました。次世代環境自動車8車種を対象とし、世界市場規模推移・予測、生産/販売台数、メーカーシェア、技術開発動向、蓄電・発電デバイスの採用/用途展開、要求性能・特性などの動向を分析し、自動車メーカー25社の次世代環境自動車開発戦略を事例調査・研究しました。

【PDF】次世代環境自動車向け大型二次電池の世界市場を調査(プレスリリースより)

世界各国の燃費規制や排出ガス規制の強化を見据え、日本、アメリカ、欧州、中国を中心に投入計画が活発化している次世代環境自動車と、それらに搭載されるリチウムイオン電池(LiB)、ニッケル水素電池(NiMH)、電気二重層キャパシタ(EDLC)などの大型二次電池の市場を調査した。

この報告書では次世代環境自動車8品目とそれらに採用される大型二次電池市場の現状を分析し、将来を予測すると共に、次世代環境自動車メーカーの動向についても整理した。

お問い合わせ

調査資料に関するお問い合わせは、こちらのフォームよりお願いします。
3営業日以内に担当の者よりご連絡いたします。
お急ぎの場合はお電話ください。

Tel. 03-3664-5844
Mail. enplanet@mail.fk-networks.co.jp