三菱ガス化学高性能フッ素排水処理剤を開発

2002 年6 月28 日

三菱ガス化学株式会社
三菱ガス化学は、フッ素を含む排水の高性能処理剤「ダイヤフレッシュエフソン」の開発に成功しました。フッ素の排水基準値強化が来年に迫っており、対応を準備中の企業も多く、今後の市場が拡大していくことが期待されます。

フッ素の排水基準値は、平成十二年の環境省の「排出水の規制に関する答申」によって、それまでの十五ppmが暫定的に八ppmに引き下げられました。暫定期間の三年間を経て、平成十六年夏には新基準値として適応される見通です。当社は今回の規制値強化に対応して、このたびフッ素含有排水処理剤として「ダイヤフレッシュエフソン」を発表します。

現在、排水中のフッ素を分離除去するには、消石灰を用いた沈殿化処理法が一般的ですが、フッ化カルシウムとフッ素イオンには平衡が存在するため、一段処理で下げることのできるフッ素イオン濃度は数十ppm程度が限界となります。理論的には、再度消石灰処理を繰り返し二段処理することで規制値以下にフッ素濃度を低下させることは可能ですが、多量に発生する汚泥処理が問題となります。

これに対し、「ダイヤフレッシュエフソン」を用いたフッ素処理法は、安定的に処理水中のフッ素濃度を五ppm以下に下げることを可能にしたばかりでなく、多量の汚泥が発生する消石灰二段処理の問題点を解決すると共に、既設の消石灰一段処理設備をそのまま利用でき、新たに発生する投資を最小限に抑えることを可能にしたのが大きな特徴です。

当社は、本処理法の基本技術を保有する有限会社ウエステックから、同技術の独占的な使用権、販売権を得ることで合意し、契約を結びました。その後、本技術の応用研究・高度化に努め、今回の発表に至りました。「ダイヤフレッシュエフソン」は粉体で、「ダイヤフレッシュエフソンA」と「ダイヤフレッシュエフソンB」の二剤から成り、それぞれ水に溶解して用います。使用方法は、消石灰を添加した後、A剤、B剤を順次添加するだけでよく、最終処理水中で、非常に沈降性の良いフロックとして沈降します。

今回の「ダイヤフレッシュエフソン」の開発は、フッ素規制値強化に対応し得る画期的な提案であり、今後環境薬剤事業を推進する当社にとっても、その核となる製品として期待しています。
 

三菱ガス化学株式会社
三菱ガス化学株式会社
http://www.mgc.co.jp/(日本語)
http://www.gasbarriertechnologies.com/(英語)

EnplaNet 三菱ガス化学株式会社TOP


BACK 戻る
エンプラ関連情報サイト エンプラネット トップページ