新製品 ハイサイクル成形専用機【Si-350IIIH】を開発

東洋機械金属ニュースリリース
2004年7月20日

 東洋機械金属(兵庫県明石市)は、好評の「Si-IIIシリーズ」ハイサイクル成形専用機「 Si-350III H 」を開発、10月より販売を開始する。

 新開発「Si―350IIIH」は射出、計量、型開閉に至るまですべてをハイサイクル専用として開発した。ターゲットとなる製品はCD、DVDケース、薄肉食品容器の多数個取りで、射出機構、型開閉機構など、それぞれの製品にマッチした組み合わせを選べるワイドバリエーションを有する。一例として「Si-350IIIH J600」は飲料用規格カップ12コ取りを1サイクル4.9秒(参考値)で連続成形する能力を持つ。

「Si―350IIIH」

1.Si-350IIIHの特徴
(1) 高速射出
Si-IIIシリーズで好評の超高速、高応答射出ユニットを350IIIHに展開。オール電動350トンクラス最速の300mm/sを達成した。
(2) 高速型開閉
ハイサイクル専用にトグル機構を新設計することで型開閉時間の大幅な短縮に成功。 2,459kN仕様では160mmの型開閉ストロークで実型開閉時間1.0秒を達成した。
(3) 高可塑化能力
PP専用、PS専用のハイサイクルサブフライトスクリューを開発。PP専用では180gを3秒で計量完了する。
(4) 熱対策
射出ボールねじ部、型開閉ボールねじ部に冷却ファンを標準装備。ハイサイクル成形で生じる発熱によるグリースの劣化を抑え、耐久性を向上させる。
(5) 低騒音
射出、計量、型開閉のベルト駆動部を完全密閉。計量回転速度260min-1時の騒音を70dB以下に抑えた。
(6) 省スペース
本体据え付け面積は約10.0m2。またホットランナコントローラコントローラの収納スペースをフレーム内に確保するなど生産システム全体の省スペース化を可能にする。


2.販売計画
(1) 販売価格
\31,000,000 Si-350IIIH J500
\33,200,000 Si-350IIIH J600
(2) 販売台数
初年度50台、次年度以降100台/年の販売予定
(3) 販売開始
2004年10月より販売開始

東洋機械金属 ホームページへ


EnplaNet 東洋機械金属株式会社TOP

戻る
エンプラ関連情報サイト エンプラネット トップページ