硫黄の有効利用と将来展望

硫黄の有効利用と将来展望

価格 70,000円+税 出版社 シーエムシー出版
監修 (著者)秋葉光雄
発行日 2014年03月31日 体裁 A4判、219ページ
ISBNコード ISBN 978-4-7813-0942-2 商品コード S0784

目次

第1章 緒言

第2章 ゴム工業

  • 2.1 含硫黄ゴム
  • (1) 多硫化ゴム
  • (2) ハイパロン
  • (3) 液状ゴム(チオコールLP)
  • (4) スルホン化EPDM(SEPDM)
  • 2.2 含硫黄配合剤
  • (1) 加硫剤
  • [1] ジエン系ゴムの加硫剤
  • [2] 硫黄とは
  • [3] 日本での硫黄の生産
  • [4] 我が国のゴムの誕生の地(硫黄加硫)
  • [5] 不溶性硫黄
  • [6] 不溶性硫黄の製造
  • [7] 単体硫黄と不溶性硫黄の熱的挙動の相違
  • [8] NRの不溶性硫黄加硫におけるステアリン配亜鉛の挙動
  • [9] 環状ヘキサスルフィドによるゴム加硫
  • [10] 環状ポリスルフィドによる天然ゴムの加硫
  • [11] 高分子量アミン加硫促進剤
  • [12] 多硫化ゴムによるCRのSelf架橋
  • [13] 加硫剤の種類
  • [14] 含ハロゲンゴムの加硫剤
  • [15] ビスムチオールによる含ハロゲンゴムの加硫
  • [16] 動的架橋(TPV)
  • [17] 冷加硫(低温硫黄加硫)と高温高速加硫
  • [18] 高温架橋
  • [19] 硫黄加硫について
  • [20] リモネン及び誘導体による架橋
  • [21] ゴム・エラストマーの加硫例
  • (2) 加硫促進剤
  • [1] 亜硫酸カルシウムの反応
  • [2] ジフェニルジテルリドによるゴムの加硫
  • [3] 加硫促進剤の合成
  • [4] スルフェンアミドの置換基効果
  • [5] ブタジエン-スチレンエラストマーコンポジットの硫黄バルカニゼーション促進剤としての新規イオン液体
  • (3) 素練促進剤
  • (4) リターダー(スコーチ防止剤)
  • (5) 老化防止剤
  • [1] 老化防止剤の反応性
  • [2] 加工安定剤
  • (6) サブ(ファクチス)
  • (7) シランカップリング剤
  • (8) その他

第3章 プラスチック工業

  • 3.1 含硫黄プラスチック
  • (1) ポリフェニレンスルフィド(PPS)
  • (2) ポリスルホン(PSU)
  • (3) ポリエーテルスルホン(PES)
  • (4) ポリアミンスルホン(PAS)
  • (5) ポリチオフェン
  • 3.2 新しい含硫黄ポリマー
  • 3.3 含硫黄配合剤
  • (1) 酸化防止剤
  • (2) 硫黄系、リン系酸化防止剤の相違点
  • (3) 硫黄系酸化防止剤の特性
  • (4) ポリスルフォン—ZnOナノ複合体
  • 3.4 高分子ゲル

第4章 スルフィルイミンの有効利用

第5章 硫黄の用途

  • 5.1 マッチ
  • 5.2 火薬
  • 5.3 コンクリート
  • 5.4 医薬品
  • 5.5 チオフェン(オリゴチオフェン)
  • 5.6 アミノ酸
  • 5.7 食品
  • 5.8 農薬
  • 5.9 天然物
  • 5.10 潤滑油添加剤
  • 5.11 プラスチックレンズ
  • 5.12 導電性モノマー
  • 5.13 電池
  • 5.14 エボナイト
  • 5.15 硫酸
  • 5.16 抗ガン剤
  • 5.17 その他
  • 5.18 硫黄の将来の用途

第6章 おわりに