バイオプラスチックの開発と市場

バイオプラスチックの開発と市場

Development and Market of Bioplastic

  • 普及期に入ったバイオプラスチックの市場展開を一挙掲載!
  • 各種バイオプラの原料から製造、最新研究動向までを詳述!
  • 用途別製品、開発メーカー、国内外の市場規模や流通などを解説!
価格 82,500円(税抜 75,000円) 出版社 シーエムシー出版
発行日 2016年03月04 体裁 B5判、216ページ
ISBNコード ISBN 978-4-7813-1151-7 商品コード S0808

キーワード

キーワード

バイオポリエチレンテレフタレート/バイオポリエチレン/バイオエタノール/ポリ乳酸/バイオポリアミド/ポリブチレンサクシネート/1,4‒ブタンジオール/コハク酸/バイオポリウレタン/PHA/バイオマス樹脂複合系/イタコン酸/グルコマンナンエステル誘導体/乳酸/イソソルバイド/ヒマシ油/セルロース/ヘミセルロース/リグニン

著者一覧

奥村繁
豊田通商株式会社
辻秀人
豊橋技術科学大学
宮保淳
アルケマ株式会社
国岡正雄
(国研)産業技術総合研究所
橘熊野
群馬大学
山崎聡
三井化学株式会社
藤木哲也
株式会社カネカ
伊藤弘和
トクラス株式会社
金子達雄
北陸先端科学技術大学院大学
岩田忠久
東京大学

目次

【開発編】
第1章 バイオポリエチレンテレフタレート(PET)の動向奥村繁

  • 1 はじめに
  • 2 バイオPETの特徴
  • 3 これまでのバイオプラスチックの課題
  • 4 バイオPETの優位性(VS BIO Degradable Plastic)
  • 5 サステナビリティーの確保
  • 6 原料エタノールの動向
  • 7 バイオMEG生産の状況
  • 8 今後の開発動向
  • 9 バイオPETの主な用途
  • 9.1 ポリエステル/合成繊維用途
  • 9.2 ボトル用途
  • 9.3 シート、フィルム用途
  • 10 植物由来PET の将来予測、市場見通し
  • 11 総括 ~3R + Renewable =“4R”の時代へ~

第2章 バイオポリエチレン奥村繁

  • 1 はじめに
  • 2 製造フロー
  • 3 温暖化負荷削減効果
  • 4 食料との競合
  • 5 天然林・自然生態系への影響
  • 6 ブラジル地域社会への貢献とフェアートレード
  • 7 バイオプラスチックの判別法
  • 8 リサイクル方法とバイオ燃料・グリーン電力としての最終利用
  • 9 ポリプロピレン樹脂のサトウキビ由来化
  • 10 バイオエタノールの動向
  • 11 バイオポリエチレンの動向
  • 11.1 大手小売事業者
  • 11.2 衛生材料・化粧品・ビューティーケア・洗剤商品の動き
  • 11.3 食品メーカーの動き(用途別)
  • 11.4 その他の動き
  • 11.5 海外の動き
  • 12 バイオマスプラスチックの生産規模に関する将来予想
  • 13 最後に

第3章 ポリ乳酸辻秀人

  • 1 はじめに
  • 2 合成
  • 3 結晶化
  • 3.1 ホモ結晶化・包接化合物形成
  • 3.2 ステレオコンプレックス化
  • 4 物性
  • 4.1 力学的特性
  • 4.2 熱的特性
  • 4.3 表面特性
  • 5 加水分解
  • 6 複合化
  • 7 おわりに

第4章 バイオポリアミド宮保淳

  • 1 はじめに
  • 2 ポリアミドとは
  • 3 バイオポリアミドの基礎原料-ヒマシ油
  • 4 バイオポリアミドの歴史と現在
  • 5 バイオポリアミドの物性
  • 6 バイオポリアミドの現状と課題
  • 7 バイオポリアミドの将来-さらなる発展のために
  • 7.1 バイオポリアミド間の製品特性の明確化
  • 7.2 バイオポリアミド特有の製品開発アプローチ
  • 7.3 シェールガスの影響
  • 7.4 石油由来成分のバイオソース化
  • 8 おわりに

第5章 ポリブチレンサクシネートおよび類縁ポリマー国岡正雄、橘熊野

  • 1 はじめに
  • 2 バイオマスからの生産
  • 2.1 生分解性PBSとバイオマス由来PBS
  • 2.2 化石資源からの1,4‒ブタンジオールとコハク酸合成
  • 2.3 バイオマスからのコハク酸発酵生産
  • 2.4 バイオマスからの1,4‒ブタンジオールとコハク酸化学合成
  • 3 PBS類縁体の合成
  • 3.1 PBS共重合体
  • 3.2 コハク酸類縁体
  • 3.3 1,4‒ブタンジオール類縁体
  • 4 材料特性
  • 4.1 PBSの物性
  • 4.2 生分解性
  • 5 最後に

第6章 バイオポリウレタン山崎聡

  • 1 はじめに
  • 2 バイオポリウレタンフォームの開発
  • 2.1 開発コンセプト
  • 2.2 植物由来原料の選定とバイオポリウレタンフォームの位置づけ
  • 3 第一世代バイオポリオールの開発
  • 4 第二世代バイオポリオールの開発
  • 5 バイオポリウレタンの動向
  • 6 最近の開発事例
  • 6.1 硬質フォーム
  • 6.2 塗料
  • 6.3 エラストマー
  • 6.4 複合材
  • 7 バイオポリウレタン原材料
  • 7.1 ポリオール
  • 7.2 ポリイソシアネート
  • 8 今後の技術課題
  • 9 おわりに

第7章 ポリヒドロキシアルカン酸(PHA)藤木哲也

  • 1 はじめに
  • 2 PHAの生合成
  • 3 PHBHHx生産菌株の育種
  • 3.1 軟質PHBHHx生産系の開発
  • 3.2 培養生産性の向上
  • 3.3 更なる3HHxモル分率の向上
  • 3.4 その他の生物による生産方法
  • 4 PHAの精製
  • 4.1 溶剤抽出法
  • 4.2 水系精製法
  • 5 PHAの特性
  • 5.1 PHBHHxの生分解性
  • 5.2 PHBHHxの一般物性
  • 6 加工性・用途開発
  • 7 今後の課題

第8章 バイオマス/樹脂複合系伊藤弘和

  • 1 はじめに
  • 2 ウッドプラスチックの概要
  • 2.1 ウッドプラスチック素材について
  • 2.2 ウッドプラスチックの製造
  • 2.3 ウッドプラスチックの市場
  • 3 ウッドプラスチックの可能性
  • 3.1 フィラー充填プラスチックへの展開
  • 3.2 繊維補強プラスチックへの展開
  • 3.3 ウッドプラスチックの可能性(事例紹介)
  • 4 さいごに

第9章 芳香環/ヘテロ環を有する超高性能バイオプラスチックの開発金子達雄

  • 1 バイオプラスチック
  • 2 イタコン酸由来のナイロン
  • 2.1 ピロリドン環生成反応
  • 2.2 イタコン酸の重縮合
  • 2.3 イタコン酸重合体の性能と分解性
  • 3 バイオポリイミドの合成
  • 3.1 分子設計概念
  • 3.2 ポリイミドの合成と物性
  • 4 おわりに

第10章 高分子多糖類からの高性能バイオマスプラスチックの創製岩田忠久

  • 1 はじめに
  • 2 高分子多糖類
  • 3 カードランエステル誘導体
  • 4 グルコマンナンエステル誘導体
  • 4.1 グルコマンナントリエステル
  • 4.2 グルコマンナン混合エステル
  • 5 キシランエステル誘導体
  • 5.1 キシランジエステル
  • 5.2 キシランエステルのポリ乳酸への結晶核剤効果
  • 6 おわりに

【市場編】
第1章 バイオプラスチックの市場動向

  • 1 バイオプラスチックの概要
  • 1.1 バイオプラスチックの概念
  • 1.2 バイオプラスチックの種類
  • 1.3 バイオマスプラスチックの用途
  • 2 バイオマスプラスチックの市場動向
  • 2.1 世界市場の概要
  • 2.2 国内市場の概要
  • 2.3 用途別市場
  • 3 課題と展望
  • 3.1 今後へ向けた課題
  • 3.2 今後へ向けた展望

第2章 バイオプラスチックの原料

  • 1 バイオエタノール
  • 1.1 概況
  • 1.2 需給状況
  • 1.3 価格動向
  • 1.4 バイオエタノールの用途
  • 1.5 メーカー動向
  • 2 乳酸
  • 2.1 概況
  • 2.2 市場動向
  • 2.3 価格動向
  • 2.4 乳酸の用途
  • 2.5 メーカー動向
  • 3 バイオコハク酸
  • 3.1 概況
  • 3.2 市場動向
  • 3.3 コハク酸の価格動向
  • 3.4 バイオコハク酸の用途
  • 3.5 メーカー動向
  • 4 1,4-ブタンジオール(1,4-BDO)
  • 4.1 概況
  • 4.2 市場動向
  • 4.3 価格動向
  • 4.4 1,4-BDOの用途
  • 4.5 メーカー動向
  • 5 イソソルバイド
  • 5.1 概況
  • 5.2 メーカー動向
  • 6 ヒマシ油
  • 6.1 概況
  • 6.2 市場動向
  • 6.3 価格動向
  • 6.4 ヒマシ油の用途
  • 6.5 メーカー動向
  • 7 その他木質系材料
  • 7.1 セルロース
  • 7.2 ヘミセルロース
  • 7.3 リグニン

第3章 バイオプラスチックの動向

  • 1 バイオポリエチレンテレフタレート(バイオPET)
  • 1.1 特性
  • 1.2 生産量
  • 1.3 用途
  • 1.4 バイオPET関連企業動向
  • 2 バイオポリエチレン(バイオPE)
  • 2.1 特性
  • 2.2 生産量
  • 2.3 用途
  • 2.4 バイオPE関連企業動向
  • 3 ポリ乳酸(PLA)
  • 3.1 特性
  • 3.2 生産量
  • 3.3 用途
  • 3.4 ポリ乳酸関連企業動向
  • 4 バイオポリアミド(バイオPA)
  • 4.1 特性
  • 4.2 生産量
  • 4.3 用途
  • 4.4 ポリアミド関連企業動向
  • 5 バイオポリウレタン(バイオPU)
  • 5.1 特性
  • 5.2 生産量
  • 5.3 用途
  • 5.4 バイオポリウレタン関連企業動向
  • 6 ポリブチレンサクシネート(PBS)
  • 6.1 特性
  • 6.2 生産量
  • 6.3 用途
  • 6.4 PBS関連企業動向
  • 7 パラヒドロキシアルカン酸(PHA)
  • 7.1 特性
  • 7.2 生産量
  • 7.3 用途
  • 7.4 PHA関連企業動向
  • 8 木材複合系プラスチック
  • 8.1 開発動向
  • 8.2 木材プラスチック複合材(WPC、ウッドプラスチック)
  • 8.3 木材複合系プラスチック関連企業の動向
  • 9 デンプン複合系プラスチック
  • 9.1 概要
  • 9.2 デンプン複合系プラスチック関連企業
  • 10 その他のバイオプラスチックの動向

第4章 メーカー動向

  • 1 三菱化学
  • 2 東レ
  • 3 ネイチャーワークス
  • 4 豊田通商
  • 5 双日(双日プラネット)
  • 6 BASF
  • 7 デュポン
  • 8 ユニチカ
  • 9 昭和電工
  • 10 帝人
  • 11 カネカ
  • 12 ダイセルポリマー
  • 13 アルケマ
  • 14 東洋紡績
  • 15 三井化学
  • 16 三井物産
  • 17 ブラスケム
  • 18 ノバモント
  • 19 三菱樹脂
  • 20 三菱ガス化学
  • 21 クレハ
  • 22 大日本印刷
  • 23 アイセロ