セミナー:【Live配信】生分解性プラスチックの化学構造と分解特性およびその制御技術(2020/08/28 (金):※会場での講義は行いません)

1社2名以上の同時申込で割引価格あり!

(株)技術情報協会 セミナー情報

【Live配信】生分解性プラスチックの化学構造と分解特性およびその制御技術

  • 生分解のメカニズム、生分解性の評価法、市販される生分解プラの種類と課題!
  • 新しい生分解プラの開発、それを利用した製品の開発の必須事項が1日でわかる!
セミナー番号 008210
講 師 群馬大学 大学院理工学府 分子化学部門 准教授 博士 (工学) 橘 熊野 氏
会 場 ZOOMを利用したLive配信 【※会場での講義は行いません】
日 時 2020年08月28日(金) 10:30~16:30
聴講料 1名につき50,000円+税 (資料付き)
1社2名以上同時申込の場合、1名につき45,000円+税 (資料付き)
大学、公的機関、医療機関の方には割引制度があります。詳しくは「アカデミック価格」をご覧下さい。
主催 (株)技術情報協会

Live配信セミナーの受講について

・ 本講座はZoomを利用したLive配信セミナーです。セミナー会場での受講はできません。

・ 下記リンクから視聴環境を確認の上、お申し込みください。
 → https://zoom.us/test

・ 開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
 セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。

・ Zoomクライアントは最新版にアップデートして使用してください。

・ パソコンの他にタブレット、スマートフォンでも視聴できます。

・ セミナー配布資料は印刷物を郵送、またはPDFファイルを送付いたします。

・ 当日は講師への質問することができます。可能な範囲で個別質問にも対応いたします。

・ 本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。

・ 本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。
 複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。

・ Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
 万が一部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。

講座の趣旨

 20世紀に普及したプラスチックは、人々の生活を豊かにした反面、多くの環境問題を引き起こしてきた。特に、大量消費されたプラスチックの廃棄物処理問題、環境中(特に海洋)に流出したプラスチックによる環境汚染が課題となっている。これらの問題は人類共通の課題だと認識され、2015年にCOP21で採択された「パリ協定」、2015年に国連で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ(SDGs)」、2018年のG7で採択された「海洋プラスチック憲章」など、既存のプラスチックが引き起こす環境問題への対応が急務である。欧州においては、化石資源からバイオマス資源への転換や環境中で分解するプラスチックの利用が義務付けられ、我が国は海洋国であるために、SDGsを推進するべく「海で分解される材料」の開発が進めようとしている。以上のことから、既存の非環境分解性プラスチックから、生分解性プラスチックへの転換に向けた研究開発が学術界だけではなく産業界でも進められている。
 本セミナーでは、生分解性プラスチックの現状を解説すると共に、生分解性プラスチックを開発するための分子設計・材料設計・生分解性評価などのための科学的知見を解説し、生分解性プラスチックを用いた製品開発に必要な基礎的知識を提供する。

習得できる知識

・バイオベースプラスチックの定義
・市販されている生分解性プラスチックの特徴と現状
・生分解性プラスチックの分解条件
・生分解性評価方法
・生分解性プラスチックの開発指針

プログラム

1.プラスチックによる環境問題
 1.1 環境問題
 1.2 化石資源の利用
 1.3 廃棄物処理
 1.4 環境流出

2.環境問題への対策
 2.1 プラスチックリサイクル
 2.2 バイオマス資源の利用
 2.3 “バイオベース”プラスチックに対する誤解

3.生分解性プラスチック
 3.1 生分解性を示す条件(場所)
 3.2 分解機構
 3.3 生分解性に影響を与える要因

4.生分解性評価方法
 4.1 規格に基づく評価方法
 4.2 生分解性の基準
 4.3 その他の生分解性評価方法

5.市販生分解性プラスチック
 5.1 微生物産生系(PHA類)
 5.2 多糖類
 5.3 化学合成系
 5.4 市販生分解性プラスチックの課題

6.生分解性プラスチックの研究開発

7.世界的情勢・法整備

【質疑応答】


キーワード:生分解 バイオマス プラスチック セミナー


<確認事項>

  • その他、ご不明な点は備考欄にご記入ください。

(株)技術情報協会 技術セミナー情報

開催日地区セミナータイトル

すべての技術セミナー情報