2019年版 コーポレート・ラボの将来展望

2019年版 コーポレート・ラボの将来展望

価格 120,000円+税 出版社 富士経済ネットワークス
発刊日 2019年3月28日 体裁 A4版 269ページ
備考 こちらの調査資料には書籍版/PDF版セット 140,000円+税、ネットワークパッケージ版 240,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
 ・2018年版 サービス産業要覧
 ・2017年版 流通要覧

調査概要

調査テーマ

『2019年版 コーポレート・ラボの将来展望』
―複合化技術時代の「全社研究所」の方向性―

調査目的

カーロボティクス(自動車技術とロボット技術の複合化)、メカトロニクス(機械技術と電子技術の複合化)、ケミトロニクス(化学技術と電子技術の複合化)、バイオニクス(生体技術と機械技術の複合化)といったような複合化技術が将来を創造する中核技術として注目されている。このような複合化技術が当たり前になった今日、従来の研究・開発手法では対応できなくなってきている。そのような中、オープンイノベーション3.0という手法が注目され、企業のコーポレート・ラボ部門の中で重要な手法として認識され始めており、コーポレート・ラボの機能の変容が、より以上に進んでいくものと想定される。

当資料は、各業種に於ける大手企業の『コーポレート・ラボ』の実態と、将来戦略を分析する事により、『コーポレート・ラボ』の機能の方向性を明らかにするものである。

調査対象業種及び調査対象企業・調査対象数

業種対象先
自動車・電機・機械(15社)トヨタ自動車、本田技研工業、日産自動車、デンソー、アイシン精機、パナソニック、三菱電機、日立製作所、ソニー、村田製作所、京セラ、小松製作所、安川電機、三菱重工業、IHI
化学・非鉄金属・鉄鋼(15社)三菱ケミカルホールディングス、住友化学、三井化学、信越化学工業、旭化成、東レ、住友電気工業、三菱マテリアル、古河電気工業、住友金属鉱山、フジクラ、新日鐵住金(2019年4月より日本製鉄)、JFEホールディングス、神戸製鋼所、日立金属
バイオ・医薬・食品(15社)第一三共、武田薬品工業、日本たばこ産業、中外製薬、アステラス製薬、エーザイ、大塚ホールディングス、資生堂、塩野義製薬、サントリーホールディングス、タカラバイオ、キリンホールディングス、アサヒグループホールディングス、明治ホールディングス、味の素
合計(45社)

調査方法

  • 各企業の決算短信、有価証券報告書、決算報告会、中・長期計画、研究開発戦略をベースに、弊社調査員(長年R&Dシリーズの企画・調査に携わった)が分析、編集した。
  • 特許情報に関しては独立行政法人工業所有権情報・研修館『特許情報プラットフォーム』を検索して作成したものである。

調査期間

2018年12月~2019年3月

調査担当

株式会社富士経済ネットワークス

目次

A.総合分析編

  • 1.業種別研究開発費用及びコーポレート・ラボのポジショニング(3)
  • 2.業種別主要大手の主要基盤技術(コア技術)(11)
  • 3.業種別主要大手の特許動向(キーワードで見た特許の傾向)(14)
  • 4.業種別主要大手の主要新技術・新製品投入動向及び計画(2018年)(17)
  • 5.業種別主要大手の主要連携・提携・協業動向(2018年)(20)
  • 6.業種別主要大手のコーポレート・ラボ推進方法とオープンイノベーション展開動向(23)
  • 【参考1】業種別主要大手の売上高・営業利益(29)
  • 【参考2】業種別主要大手の将来像(32)

B.事例研究編

  • B-1.自動車・電機・機械編
  • 1.トヨタ自動車(39)
  • 2.本田技研工業(44)
  • 3.日産自動車(49)
  • 4.デンソー(54)
  • 5.アイシン精機(59)
  • 6.パナソニック(64)
  • 7.三菱電機(69)
  • 8.日立製作所(74)
  • 9.ソニー(79)
  • 10.村田製作所(84)
  • 11.京セラ(89)
  • 12.小松製作所(94)
  • 13.安川電機(99)
  • 14.三菱重工業(104)
  • 15.IHI(109)
  • B-2.化学・非鉄金属・鉄鋼編
  • 1.三菱ケミカルホールディングス(117)
  • 2.住友化学(122)
  • 3.三井化学(127)
  • 4.信越化学工業(132)
  • 5.旭化成(137)
  • 6.東レ(142)
  • 7.住友電気工業(147)
  • 8.三菱マテリアル(152)
  • 9.古河電気工業(157)
  • 10.住友金属鉱山(162)
  • 11.フジクラ(167)
  • 12.新日鐵住金(2019年4月より日本製鉄)(172)
  • 13.JFEホールディングス(177)
  • 14.神戸製鋼所(182)
  • 15.日立金属(187)
  • B-3.バイオ・医薬・食品編
  • 1.第一三共(195)
  • 2.武田薬品工業(200)
  • 3.日本たばこ産業(205)
  • 4.中外製薬(210)
  • 5.アステラス製薬(215)
  • 6.エーザイ(220)
  • 7.大塚ホールディングス(225)
  • 8.資生堂(230)
  • 9.塩野義製薬(235)
  • 10.サントリーホールディングス(240)
  • 11.タカラバイオ(245)
  • 12.キリンホールディングス(250)
  • 13.アサヒグループホールディングス(255)
  • 14.明治ホールディングス(260)
  • 15.味の素(265)

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ