車載電装デバイス&コンポーネンツ Select 2010(上巻)

車載電装デバイス&コンポーネンツ Select 2010(上巻)

上巻:安全・情報系システム/機器/車載電子部品編

価格 104,500円(税抜 95,000円) 出版社 富士キメラ総研
発刊日 2009年10月13日 体裁 A4版 322ページ

関連書籍
 ・車載電装デバイス&コンポーネンツ Select 2012 (上巻)
 ・車載電装デバイス&コンポーネンツ Select 2012 (下巻)

調査の背景

「リーマンショック」により自動車業界が大打撃を受けてから1年が経った。世界的な不況は底を脱しつつあり、国内の自動車産業も回復基調にある。2009年9月の新車販売台数は前年同月を上回る32万1千台までに戻ってきた。

ただ、この数字を押し上げているのがエコカー減税や燃費向上を謳ったハイブリッド自動車(以下HEV)の台頭であることは言うまでも無い。そしてこのHEVにはエレクトロニクス技術がふんだんに使われている。

カーエレクトロニクス技術には「電動化」と「電子制御化」という二つの方策がある。電動化はHEVやEVのようにモータを動力源とする車両への転換を図るもので、特に環境対策につながるという観点で採用される。この「電動化」に関しては当レポートの下巻で考察する。

「電子制御化」は各制御を電子化することによって、緻密な制御や他制御と連携を図ったシステムを構築しやすくする方策であり、環境対策はもちろんのこと安全性を高めるシステムや車両の快適性を実現させる。

当レポート上巻では、安全性や快適性を高める技術「電子制御化」にスポットを当てて調査を行っている。この電子制御化は自動車メーカーが今後さらに力を入れて推し進めていく領域であり、そのためにはセンサや半導体、受動部品などが必須となる。

また、先進国では自動車市場が成熟しており大きな成長が見込めないが、電子制御化という観点で見れば今後も成長できる余地は十分にある。そして、なんといっても新興国における潜在性に大きな期待がかかる。急激なモータリゼーションに沸き自動車自体の大きな成長が見込まれ、さらにクルマのエレクトロニクス化も必ずや進展するので、ここに大きなビジネスチャンスが生じてくると考えられる。

本レポートでは、拡大する車載電装化の動向をワールドワイドで捉えるとともに、2020年までの中期予測を行った。当調査資料が関係各位の事業戦略の企画・展開のためのデータとして活用いただければ幸いである。

調査目的

本調査は、自動車分野のエレクトロニクス化の進展を追いながら、特に安全・情報・快適をテーマとしたシステム/機器、電子部品を調査・分析・予測することによって、当該製品の開発及び研究に役立つ基礎データの提供を目的とした。

調査対象品目

A;乗用車/トラック/バス(HEV/EVは除く) 7品目
B;システム/機器 21品目
C;センサモジュール/センサ 11品目
D;ディスプレイ/その他 12品目
E;半導体デバイス/受動部品 15品目
合 計 66品目

調査項目

  • A;調査項目
  • 1. セグメント定義
  • 2. 対象車種一例及び2008年生産台数
  • 3. 市場予測
  • 4. 市場動向
  • B;調査項目
  • 1. 製品定義/概要
  • 2. 市場規模推移(2008年実績→2020年予測)
  • 3. 2009年分析(メーカー分析、車種分析、価格)
  • 4. 2015年、2020年予測分析
  • 5. 自動車メーカー動向
  • 6. サプライヤ動向
  • 7. ECU動向(搭載場所、統合化動向など)
  • 8. 法規制動向
  • 9. 将来展望・ロードマップ
  • C、D、E;調査項目
  • 1. 製品定義/概要
  • 2. 市場規模推移(2008年実績→2020年予測)
  • 3. 2015年、2020年予測分析
  • 4. 将来展望・ロードマップ

目次

I. 総括編 (1)

  • 1. 車載電装品(上巻対象品)の全体市場概況 (3)
  • 2. 分野別全体市場規模推移(2008年実績~2013/2015/2020年予測) (6)
  • 3. 分野別市場規模推移(2008年実績~2013/2015/2020年予測) (7)
  • 4. エリア別市場規模推移(2008年実績~2013/2015/2020年予測) (12)
  • 5. 分野別伸長率(2009年見込み/2015年予測/2020年予測) (16)
  • 6. セグメント別搭載ウエイト(2009年見込み/2015年予測/2020年予測) (20)
  • 7. アプリケーション別搭載ウエイト(2009年見込み/2015年予測/2020年予測) (23)
  • 8. メーカーシェア (29)
  • 9. トピック (35)

II. 個票編 (49)

  • A. 乗用車/トラック/バス (51)
  • 1 乗用車・トラック・バスの生産台数市場規模予測 (53)
  • 2 Small Car(Aセグメント) (57)
  • 3 Super Compact Car(Bセグメント) (59)
  • 4 Lower Medium Car(Cセグメント) (61)
  • 5 Upper Medium Car(Dセグメント) (63)
  • 6 Executive Car(Eセグメント) (65)
  • 7 Luxury Car(Eセグメント) (67)
  • 8 Truck/Bus (69)
  • B. システム/機器 (71)
  • 1 カーナビゲーションシステム (73)
  • 2 PND (78)
  • 3 カーオーディオ (82)
  • 4 ETC/DSRC車載器 (87)
  • 5 リアエンタテインメント (92)
  • 6 車載カメラ応用システム (96)
  • 7 レーダーセンサ応用システム (102)
  • 8 ナイトビジョンシステム (107)
  • 9 AFS (112)
  • 10 パーキングアシストシステム (117)
  • 11 エアバッグシステム (122)
  • 12 エアコン (129)
  • 13 ヘッドランプ (135)
  • 14 車載メーター (140)
  • 15 ヘッドアップディスプレイ (145)
  • 16 電子キー (150)
  • 17 電動パワーステアリング (155)
  • 18 電子制御ブレーキシステム (160)
  • 19 電子制御トランスミッション (167)
  • 20 電子制御サスペンション (173)
  • 21 電動パーキングブレーキ (180)
  • C. センサモジュール/センサ (187)
  • 1 レーダーセンサ (189)
  • 2 車載カメラ (195)
  • 3 ヨーレイトセンサ (198)
  • 4 車輪速センサ (201)
  • 5 TPMSセンサモジュール (204)
  • 6 操舵角センサ (207)
  • 7 車高センサ (210)
  • 8 CCD/CMOSセンサ (213)
  • 9 磁気センサ (216)
  • 10 角速度センサ (219)
  • 11 加速度センサ (222)
  • D. ディスプレイ/その他 (225)
  • 1 LCD(TN) (227)
  • 2 LCD(STN) (230)
  • 3 LCD(TFT) (233)
  • 4 OLED(有機EL) (236)
  • 5 タッチパネル (239)
  • 6 車載用基板 (242)
  • 7 小型モータ (246)
  • 8 車載リレー (249)
  • 9 ワイヤーハーネス (252)
  • 10 POF (255)
  • 11 GPSモジュール (258)
  • 12 Bluetoothモジュール (261)
  • E. 半導体デバイス/受動部品 (265)
  • 1 車載マイコン (267)
  • 2 電源IC (270)
  • 3 パワーMOSFET (273)
  • 4 IGBT (276)
  • 5 SiC (279)
  • 6 EEPROM (281)
  • 7 アルミ電解コンデンサ (284)
  • 8 タンタル電解コンデンサ (287)
  • 9 積層セラミックコンデンサ (290)
  • 10 フィルムコンデンサ (293)
  • 11 チップ抵抗器 (296)
  • 12 チップインダクタ (299)
  • 13 水晶振動子 (302)
  • 14 可視光LED (305)
  • 15 白光LED (308)

III. 自動車メーカー生産拠点 (311)

  • 1. 国内 (313)
  • 2. 北米 (315)
  • 3. 欧州 (317)
  • 4. 中国 (319)
  • 5. その他アジア (321)