車載電装デバイス&コンポーネンツ Select 2010(下巻)

車載電装デバイス&コンポーネンツ Select 2010(下巻)

下巻:燃費向上/エコ対策/次世代自動車関連部品編

価格 104,500円(税抜 95,000円) 出版社 富士キメラ総研
発刊日 2009年11月16日 体裁 A4版 299ページ

関連書籍
 ・車載電装デバイス&コンポーネンツ Select 2012 (上巻)
 ・車載電装デバイス&コンポーネンツ Select 2012 (下巻)

調査の背景

「リーマンショック」により自動車業界が大打撃を受けてから1年が経った。世界的な不況は底を脱しつつあり、国内の自動車産業も回復基調にある。2009年10月の新車販売台数26万3千台となり、前年同月比12.6%増となった。リーマンショック前の一昨年同月の水準(26万9千台)とほぼ同じで、3ヶ月連続で前年同月比プラスとなった。

この数字を押し上げているのが国内新車乗用車販売台数ランキング6ヶ月連続1位(2009年10月時点)の「プリウス」で象徴されるハイブリッド自動車(以下HEV)の台頭であることは言うまでも無い。そしてこのHEVにはエレクトロニクス技術がふんだんに使われている。

カーエレクトロニクス技術には「電動化」と「電子制御化」という二つの方策がある。「電動化」はHEVやEVのようにモータを動力源とする車両への転換を図るもので、特に環境対策につながるという観点で採用される。「電子制御化」は各制御を電子化することによって、緻密な制御や他制御と連携を図ったシステムを構築しやすくする方策であり、環境対策はもちろんのこと安全性を高めるシステムや車両の快適性を実現させる。

当レポート下巻では、環境対策に繋がる燃費向上のための技術や「電動化」にスポットを当てて調査を行っている。特に電動化の動きが活発になってきており、自動車メーカーによる次世代自動車の投入及び投入計画の発表が進んでいる。

本レポートでは、拡大するパワートレイン系の車載電装化の動向、及び次世代自動車・次世代自動車関連のデバイス&コンポーネンツをワールドワイドで捉えるとともに、2020年までの中期予測を行った。当調査資料が関係各位の事業戦略の企画・展開のためのデータとして活用いただければ幸いである。

調査目的

本調査は、自動車分野のエレクトロニクス化の進展を追いながら、特に安全・情報・快適をテーマとしたシステム/機器、電子部品を調査・分析・予測することによって、当該製品の開発及び研究に役立つ基礎データの提供を目的とした。

調査対象品目

A;次世代自動車 9品目
B;燃費改善/エコ対策システム 10品目
C;燃費改善/エコ対策デバイス 13品目
D;次世代自動車関連 13品目
合 計 45品目

調査項目

  • A;調査項目
  • 1. 次世代自動車定義
  • 2. 車種一覧
  • 3. 市場予測
  • 4. 市場動向
  • B;調査項目
  • 1. 製品定義/概要
  • 2. 市場規模推移(2008年実績→2020年予測)
  • 3. 2009年分析(メーカー分析、車種分析、価格)
  • 4. 2015年、2020年予測分析
  • 5. 自動車メーカー動向
  • 6. サプライヤ動向
  • 7. 技術開発動向
  • 8. 燃費向上・エコ対策効果の指標
  • 9. 将来展望・ロードマップ
  • C;調査項目
  • 1. 製品定義/概要
  • 2. 市場規模推移(2008年実績→2020年予測)
  • 3. 2009年分析
  • 4. 2015年、2020年予測分析
  • 5. サプライヤ動向
  • 6. 技術開発動向
  • 7. 将来展望・ロードマップ
  • D;調査項目
  • 1. 製品定義/概要
  • 2. 市場規模推移(2008年実績→2020年予測)
  • 3. 2009年分析
  • 4. 2015年、2020年予測分析
  • 5. 自動車メーカー動向
  • 6. サプライヤ動向
  • 7. 将来展望・ロードマップ

目次

I. 総括編 (1)

  • 1. 車載電装品(下巻対象品)の全体市場概況 (3)
  • 2. 分野別全体市場規模推移(2008年実績~2013/2015/2020年予測) (8)
  • 3. 分野別市場規模推移(2008年実績~2013/2015/2020年予測) (9)
  • 4. エリア別市場規模推移(2008年実績~2013/2015/2020年予測) (12)
  • 5. 分野別伸長率(2009年見込み/2015年予測/2020年予測) (17)
  • 6. セグメント別搭載ウエイト(2009年見込み/2015年予測/2020年予測) (20)
  • 7. 車種別搭載ウエイト(2009年見込み/2015年予測/2020年予測) (24)
  • 8. メーカーシェア (26)
  • 9. 自動車メーカーの次世代自動車開発動向と方向性 (30)
  • 10. 排ガス規制・その他環境関連規制の動向 (36)
  • 11. トピック (45)
  • 12. 次世代自動車キーコンポーネンツの業界マップ (53)

II. 個票編 (59)

  • A. 次世代自動車 (61)
  • 1 次世代自動車生産予測 (63)
  • 2 ストロングハイブリッド車(ストロングHEV) (67)
  • 3 マイルドハイブリッド車(マイルドHEV) (69)
  • 4 マイクロハイブリッド車(マイクロHEV) (71)
  • 5 プラグインハイブリッド車(PHEV) (73)
  • 6 レンジエクステンダー型EV (75)
  • 7 電気自動車(EV) (77)
  • 8 燃料電池自動車(FCV) (79)
  • 9 ディーゼル車 (81)
  • B. 燃費改善/エコ対策システム (83)
  • 1 直接燃料噴射装置 (85)
  • 2 コモンレールシステム (91)
  • 3 可変バルブタイミング・リフトシステム (97)
  • 4 過給システム (106)
  • 5 アイドリングストップシステム (113)
  • 6 可変シリンダーシステム (119)
  • 7 CVT (125)
  • 8 AMT/DCT (131)
  • 9 エコペダルシステム (137)
  • 10 燃費/エコサポート表示システム (142)
  • C. 燃費改善/エコ対策デバイス (149)
  • 1 高圧インジェクタ (151)
  • 2 高圧サプライポンプ (156)
  • 3 電子制御スロットルボディ (161)
  • 4 電子制御EGRバルブ (165)
  • 5 アイドリングストップ用ポンプ (169)
  • 6 ターボチャージャ (173)
  • 7 流量センサ (178)
  • 8 ガス濃度センサ (185)
  • 9 ノックセンサ (192)
  • 10 サーミスタ温度センサ (196)
  • 11 高圧センサ (201)
  • 12 低圧センサ (206)
  • 13 太陽電池パネル (211)
  • D. 次世代自動車関連 (215)
  • 1 HEV/EV駆動システム (217)
  • 2 インバータモジュール (222)
  • 3 駆動用モータ (228)
  • 4 発電機モータ (234)
  • 5 ニッケル水素電池 (239)
  • 6 リチウムイオン電池 (244)
  • 7 DC-DCコンバータ (250)
  • 8 車載用充電器 (256)
  • 9 電動コンプレッサ (261)
  • 10 燃料電池スタック (267)
  • 11 水素タンク (273)
  • 12 電流センサ (277)
  • 13 バイワイヤ (282)

III. 自動車生産台数データ (287)