車載電装デバイス&コンポーネンツ Select 2011(上巻)

車載電装デバイス&コンポーネンツ Select 2011(上巻)

上巻;アプリケーション・電子部品徹底分析編

価格 104,500円(税抜 95,000円) 出版社 富士キメラ総研
発刊日 2010年09月21日 体裁 A4版 354ページ

関連書籍
 ・車載電装デバイス&コンポーネンツ Select 2012 (上巻)
 ・車載電装デバイス&コンポーネンツ Select 2012 (下巻)

調査の背景

  • 富士キメラ総研では、進展するカーエレクトロニクス市場を“システム”及び“デバイス”の視点から捉えたレポート「車載電装デバイス&コンポーネンツSelect」としてシリーズ化し、今回2011年版(上巻)を発刊した。
  • 本巻では、カーエレクトロニクス技術である「電子制御化」と「電動化」という二つの方向性に欠かせないシステムから、その頭脳であるECUに使われる受動部品まで幅広い製品を取り上げている。
  • HEVやEVに代表される環境対策自動車の開発もさることながら、燃費改善をはじめとするエコカーづくりへの注力度が高まっている。
  • 欧州では、出力レベルを維持しながらエンジンをひと回り小さくするダウンサイジングやアイドリングストップシステムの搭載が進展し、北米においてはトランスミッションの多段化が進み、日本国内でもアイドリングストップシステムの搭載や直噴エンジンの搭載がさらに促進されると見られる。
  • このように、先進国では開発ベクトルに多少の差異はあれ、目指す先が電子制御或いは電動化システムの搭載であるのは間違いない。
  • 一方で、BRICs等の新興国においてもカーエレクトロニクス化の動きは一気に進むと考えられ、その状況を掴むために、BRICsを細分化し「中国」「インド」「ブラジル」「ロシア」の市場予測を行った。また、その他地域からASEAN4(タイ、インドネシア、マレーシア、フィリピン)を対象として市場予測を行っている。
  • 自動車産業が活気を取り戻してきたこの時期に、変貌するカーエレクトロニクスの現状と将来展望を俯瞰しより深く把握するため、特に2020年までの市場予測と技術動向面について徹底分析した。
  • 尚、弊社では2010年7月発刊の「車載ECUアナライジング&マーケットレポート 2010」において、車載ECUの市場予測、統合化・分散化動向、搭載状況、分解調査をまとめている。
  • このレポートと本巻を併せ見ることで、カーエレクトロニクス化の動きとそれに付随する技術トレンド及び問題点に関する情報を、より詳細に入手いただけるものと自負している。
  • 当調査資料が、関係各位の事業戦略の企画・展開のためのデータとして活用いただければ幸いである。

調査目的

  • 車載アプリケーションと電子デバイスの2020年までの中期予測を行った。
  • 国内、NAFTA、EU、BRICsでの地域予測をさらに細分化し、中国・インド・ブラジル・ロシア・ASEAN4の市場予測を行った(アプリケーションのみ)。

調査対象品目

1. エレクトロニクス機器(アフター製品) 6品目
2. システム 13品目
3. センサモジュール/センサ 14品目
4. 半導体デバイス/受動部品 9品目
5. その他 7品目

目次

I. 総括編(1)

  • I.1. 車載電装品(上巻対象品)の全体市場概況(3)
  • I.2. 全体市場規模推移(2009年実績~2015/2020年予測)(7)
  • I.3. 分野別市場規模推移(2009年実績~2015/2020年予測)(8)
  • I.4. エリア別市場規模推移(2009年実績~2015/2020年予測)(15)
  • I.5. 分野別伸長率(2010年見込み/2015年予測/2020年予測)(35)
  • I.6. メーカーシェア(2010年見込み)(38)
  • I.7. 排ガス規制・その他環境関連規制の動向(44)
  • I.8. トピック(48)

II. 自動車データ編(57)

  • II.1. 乗用車・トラック・バスの生産台数市場規模予測(59)
  • II.2. 主要国/地域における輸出入状況(68)
  • II.3. 乗用車・トラック・バスの販売市場規模予測(70)
  • II.4. 自動車メーカー生産拠点(74)

III. 個票編(87)

III.1. エレクトロニクス機器/アフター製品(89)
  • III.1.1. カーナビゲーションシステム(91)
  • III.1.2. PND(98)
  • III.1.3. カーオーディオ(103)
  • III.1.4. ETC/DSRC車載器(108)
  • III.1.5. リアエンタテインメント(113)
  • III.1.6. ドライブレコーダ(118)
III.2. システム(125)
  • III.2.1. 燃料噴射装置(127)
  • III.2.2. コモンレールシステム(134)
  • III.2.3. アイドリングストップシステム(140)
  • III.2.4. 電子制御式可変バルブタイミング・リフトシステム(146)
  • III.2.5. 電子制御トランスミッション(152)
  • III.2.6. 電動パワーステアリングシステム(159)
  • III.2.7. 電子制御ブレーキシステム(165)
  • III.2.8. 電動パーキングブレーキ(174)
  • III.2.9. エアコン(180)
  • III.2.10. ヘッドランプ(186)
  • III.2.11. エアバッグシステム(193)
  • III.2.12. コーナー&バックソナーシステム(200)
  • III.2.13. 車載カメラ応用システム(206)
III.3. センサモジュール/センサ(217)
  • III.3.1. 流量センサ(219)
  • III.3.2. ガス濃度センサ(225)
  • III.3.3. 圧力センサ(231)
  • III.3.4. サーミスタ温度センサ(236)
  • III.3.5. 操舵角センサ(240)
  • III.3.6. 車輪速センサ(243)
  • III.3.7. ヨーレイトセンサ(247)
  • III.3.8. 角速度センサ(251)
  • III.3.9. 加速度センサ(255)
  • III.3.10. 磁気センサ(259)
  • III.3.11. レーダーセンサ(263)
  • III.3.12. CCD/CMOSセンサ(271)
  • III.3.13. 車載カメラ(274)
  • III.3.14. TPMSセンサモジュール(278)
III.4. 半導体デバイス/受動部品(283)
  • III.4.1. 車載マイコン(285)
  • III.4.2. 電源IC(289)
  • III.4.3. EEPROM(292)
  • III.4.4. アルミ電解コンデンサ(296)
  • III.4.5. タンタル電解コンデンサ(300)
  • III.4.6. 積層セラミックコンデンサ(304)
  • III.4.7. チップ抵抗器(308)
  • III.4.8. チップインダクタ(312)
  • III.4.9. 水晶振動子(316)
III.5. その他(321)
  • III.5.1. LCD(323)
  • III.5.2. OLED(有機EL)(330)
  • III.5.3. 車載基板(334)
  • III.5.4. 車載リレー(340)
  • III.5.5. ワイヤーハーネス(344)
  • III.5.6. 小型モータ(348)
  • III.5.7. GPS(352)