2010 EMS in China

2010 EMS in China

電子機器のローコスト化でEMSの生産依存度が向上
中国における欧米/アジア・中国・日本EMSの生産動向を調査

価格 110,000円(税抜 100,000円) 出版社 富士キメラ総研
発刊日 2010年03月23日 体裁 A4版 274ページ

関連書籍
 ・2012 EMS in China

調査の背景

  • EMS(Electronics Manufacturing-Service)はOEMによる製品のアウトソーシングを行なう企業スタイルである。EMS事業のワールドワイドベースマーケットはエレクトロニクス市場の進展に伴い市場の拡大が図られてきた。EMSベンダーは従来は欧米系が主体であったが、近年、台湾、中国系EMSが急成長、台湾の鴻海精密工業(Foxconn)はEMSのトップに躍り出て久しい。EMSは電子機器のアウトソーシング化とともに製造範囲の拡大(プリント基板実装→組立→完成品→製品修理)、サービスの拡大(部品調達→基板設計)、をベースに事業領域の拡大を図っている。
  • EMSはメーカー系、半導体・電子部品商社系、従来からのサブコン生産系-などに分けられる。メーカー系EMSは生産工場の独立採算を目指し社内事業部の委託生産をする一方、他社からの製品を受注生産する。半導体・電子部品商社系は部品調達から完成品までの業務を行い、受注先は多方面にわたるケースが多い。EMSは欧米系、台湾系メガEMSのほか中小EMSに大別できる。メガEMSは低賃金地域を含む世界の主要な地域に工場をもち生産をサポート。また、大手エレクトロニクスメーカーを凌ぐ資材調達力で部品メーカーに対する価格、納期などに強い影響力を年々強めてきている。従来からOEM、ODM事業は行なわれていたが、特に最近では台湾メーカーの動向が世界市場で大きな地位を占めている。
  • EMSの事業領域はPC・周辺装置、携帯電話、産業用機器、医療機器、半導体製造装置、民生機器などの事業領域まで広がる一方、生産拠点は既存生産拠点をベースに買収企業の工場をベースに新規生産工場の新設ラッシュとなっている。特に、世界の生産工場となった中国地域での展開が急速に拡大、華南、華中などの中国沿海州地域から、低賃金地域へと生産拠点を広げ始めている。中国地域は欧米系、中国系、アジア系をはじめ、日系EMSの開発、基板実装、完成品組立のメッカとなっている。
  • 2008年に始まった世界同時不況の影響でEMS各社では生産減少を余儀なくされている。しかしながらエレクトロニクスメーカーでは従来の自社開発、自社生産路線からアウトソーシング化を進めており、電子機器生産におけるEMSの立場が注目されている。それはボリュームゾーン製品のローコスト化が一段と進展している現状に対応し自社生産からEMSへ委託する領域を拡大しているためである。本調査では生産拠点を中国に置く欧米、アジア、中国、日系EMSメーカーの生産展開、材料調達動向を調査するものであり、『ワールドワイドエレクトロニクス生産シリーズ』とあわせてエレクトロニクス製品市場のハンドブック、データベースとして利用いただければ幸いである。

調査目的

  • 中国における電子機器生産は豊富な労働力・人材をベースに生産シフトにドライブがかかり、いまでは世界の生産拠点になっている。電子機器の生産は多品種少量生産、大量生産品などを問わず、低コスト化、製造コストの低減のため自社生産から外部生産委託の時流が急加速している。
  • 本調査では中国で展開する欧米系、中国、台湾系EMSをメインに各EMSにおける生産状況、部品・材料調達動向を調査、収集、中国におけるEMS各社の動向を分析した。

調査対象

1) 外資・中国系EMS 45社
2) 日系EMS 8社

目次

I. 電子機器の世界生産動向(1)

  • 1. 電子機器の生産実績推移と予測(2008~2015年)(3)
  • 2. 製品別生産実績推移と予測(2008~2015年)(4)
  • 3. 2009年における世界地域別生産比率(6)

II. 中国の電子機器生産動向(7)

  • 1. 中国の電子機器生産実績推移と予測(2008~2015年)(9)
  • 2. 中国の製品別電子機器生産実績推移と予測(2008~2015年)(10)
  • 3. 中国の電子機器生産の位置づけ(2009年)(11)

III. 世界のEMSメーカーと生産動向(13)

  • 1. 主要EMS各社の概要(15)
  • 2. EMSメーカーシェア(2008年)(16)
  • 3. EMS各社の生産工場拠点(17)
  • 4. EMS各社の事業領域(18)
  • 5. EMS各社のアプリケーション別売上高(2008年)(19)

IV. 中国EMSメーカーと産業構造(21)

  • 1. 中国におけるEMSの特徴(23)
  • 2. 中国地域で展開するEMS生産拠点(24)
  • 3. メガEMSの中国生産拠点(25)

V. EMS企業集計・分析(29)

  • 1. 調査対象EMS企業・工場概要(31)
  • 2. EMSの企業規模、ビジネススタイル(35)
  • 3. EMS企業別製品別売上実績(39)
  • 4. EMS企業別主要ユーザー(47)
  • 5. EMS企業別材料別調達先(51)

VI. EMS企業ケーススタディ(57)

1. 外資・中国系EMS(59)
  • 1) 富士康国際控股有限公司(Foxconn International Holdings)(61)
  • 2) 佛山普立華科技有限公司(Foshan premierimage Technology Co.,Ltd.)(65)
  • 3) 群康科技(深圳)有限公司(Innocom Technology(Shenzhen)Co.,Ltd..)(69)
  • 4) 偉創力科技(呉江)有限公司(Flextronics Technology(Wujiang)Co.,Ltd.)(73)
  • 5) 偉創力珠海工業園(Flextronics(Zhuhai)Factory.)(77)
  • 6) 和碩聯合科技股份有限公司(Pegatron corp. Shanghai NB Factory)(81)
  • 7) 広達上海製造城(Quanta Shanghai Manufacturing City.)(85)
  • 8) 広達常熟製造城(Quanta Changshu Manufacturing City)(89)
  • 9) 捷普電子(広州)有限公司(Jabil Circuit(Guangzhou)Co.,Ltd.)(93)
  • 10) 捷普電子(無錫)有限公司(Jabil Circuit(Wuxi)Co. Ltd.)(97)
  • 11) 英業達(上海)有限公司(Inventec Shanghai Co.,Ltd.)(101)
  • 12) 冠捷科技有限公司(TPV Technology Limited)(105)
  • 13) 緯創資通(中山)工場(Wistron(Zhongshan)Factory)(109)
  • 14) 緯創資通(昆山)工場(Wistron(Kunshan)Factory)(113)
  • 15) 佳世達科技蘇州厰区(以下、Qisda蘇州)(Qisda Technology Suzhou Factory.)(117)
  • 16) 佳世達科技上海厰区(以下、Qisda上海)(Qisda Technology Shanghai Factory)(121)
  • 17) 泰金宝科技股份有限公司(以下:泰金宝)(Cal-Comp Electronics(Thailand)PLC.)(125)
  • 18) 仁寶電脳(ディスプレイ工場)(Compal Display Holding(HK)Limited.)(129)
  • 19) 仁宝電腦昆山厰(Compal Kunshan Factory)(133)
  • 20) 華宝通訊股份有限公司(Compal Communications Inc.)(137)
  • 21) 彩晶光電科技(昆山)有限公司(Caijing Opto-Electronics(Kunshan)Co, Ltd.)(141)
  • 22) 東莞能率科技有限公司(Viewquest Technologies Inc.)(145)
  • 23) 旭麗電子(広州)有限公司(Silitek Electronics(Guangzhou)Co.,Ltd.)(149)
  • 24) 昶虹電子股份有限公司(Chunghong Holdings Limited)(153)
  • 25) 瑞中電子(蘇州)有限公司(AmTRAN Electronic(Suzhou)Co.,Ltd.)(157)
  • 26) 唯冠国際控股有限公司(Proview International Holdings Limited)(161)
  • 27) 中達視訊(呉江)有限公司(Delta Visual Display(Wujiang)Co., Ltd.)(165)
  • 28) 中強光電股份有限公司投影機事業群(Coretronic Corp. Projector Div)(169)
  • 29) 三星電子(山東)数碼打印機有限公司(Samsung Electronics(ShanDong)Printer Co.,Ltd.)(173)
  • 30) 比亜迪電子有限公司(BYD Electronic Co., Ltd.)(177)
  • 31) 正崴精密工業股份有限公司(Cheng UEI Precision Industry Co., Ltd.)(181)
  • 32) 華冠通訊(蘇州)有限公司(Arima Communications(Suzhou)Co., Ltd.)(185)
  • 33) 上海晨興希姆通電子科技有限公司(Shanghai Sunrise Simcom Limited)(189)
  • 34) 龍康電子(深圳)有限公司(Longconn Electronics(shenzhen)Co., Ltd.)(193)
  • 35) 徳信科技(瀋陽)有限公司(Techfaith Technology(shenyang)Co., Ltd.)(197)
  • 36) 嘉興聞訊電子科技有限公司(Wingtech Jiaxing Production Center)(201)
  • 37) 万利達集団有限公司(Malata Group)(205)
  • 38) 新科電子集団有限公司(Shinco Electronics Corp.)(209)
  • 39) 遠峰国際有限公司(YF International Limited.)(213)
  • 40) 恵州華陽通用電子有限公司(Foryou General Electronics Co., Ltd.)(217)
  • 41) 深圳市実益達科技股份有限公司(Sea Star Technology(Shenzhen)Co., Ltd.)(221)
  • 42) 北京柏瑞安科技有限責任公司(Beijing Brio Technology Co.,Ltd.)(225)
  • 43) 深圳市同洲電子股份有限公司(Shenzhen Coship Electronics Co.,Ltd.)(229)
  • 44) 深圳市華灝機電有限公司(Huahao Co.,Ltd.)(233)
  • 45) 愛奥楽医療器械(深圳)有限公司(Bioland Medical(Shenzhen)Co.,Ltd.)(237)
2. 日系EMS(241)
  • 1) シークス株式会社(SiiX Corp.)(243)
  • 2) ユー・エム・シー・エレクトロニクス株式会社(UMC Electronics Co.,Ltd.)(247)
  • 3) カトーレック株式会社(KOTOLEC Corp.)(251)
  • 4) 加賀電子株式会社(KAGA Electrics Co.,Ltd.)(255)
  • 5) 堅田電機株式会社(KATATA Electric Co.,Ltd.)(259)
  • 6) 鹿島エレクトロ産業株式会社(Kashima Electronics Inc.)(263)
  • 7) 株式会社スミトロニクス(SUMITRONICS CORPORATION)(267)
  • 8) 新生電子株式会社(Shinsei Denshi Co.,Ltd)(271)