2012 LED関連市場総調査 (上巻)

2012 LED関連市場総調査 (上巻)

上巻:アプリケーション・関連モジュール・発光デバイス編

価格 104,500円(税抜 95,000円) 出版社 富士キメラ総研
発刊日 2012年01月12日 体裁 A4版 338ページ

関連書籍
 ・2013 LED関連市場総調査 (上巻)
 ・2013 LED関連市場総調査 (下巻)

調査の背景

  • 白色LEDパッケージのアプリケーション市場は2011年に入り大きく変わった。日本では7月に地上波デジタル放送への移行が一段落すると、急速にTV市場が冷え込み、国内TVメーカーは、相次いでTV事業からの撤退や事業縮小を発表した。これらの動きもあってかTV向け大型LCDバックライト用市場の伸びが急速にダウンした。韓国、台湾のLCDパネルメーカーの系列であるSamsung LED、LG Innotek、AOT、Lextarなどに白色LEDパッケージメーカーへ供給元が絞られたため、今まで韓国、台湾のLCDパネルメーカーへTV用LEDを供給していた独立系のパッケージメーカーは、販売数量が激減し、他のアプリケーションを開拓する必要が生じた。今後、TV用LED市場が回復してもサプライチェーンの変更は必至である。
  • 携帯電話市場においても大きな変化があった。フィーチャーフォンからスマートフォンへの移行に伴いテンキー用LED市場が急速に縮小している。
  • このような中で着実に市場を伸ばしているのが照明用LEDである。海外では街路灯など屋外照明に、日本では屋内照明にLEDを使ったものが出始めた。2010年末から2011年末の1年間でLED電球やダウンライトなど、LED照明の価格が20~30%、製品によっては30%以上下落したため、LED照明に対するユーザーの購買意識も高まりつつある。
  • 今後は、大型LCDバックライト用途に替わり照明用途が白色LEDパッケージ市場を牽引していくと考えられる。
  • 「2012 LED関連市場総調査 上巻」は、白色・有色LEDパッケージを中心に、アプリケーション、関連モジュール、LED照明機器など、主にLED関連製品の川下分野について市場調査を行なっている。白色・有色LEDパッケージ以外にも赤外光LEDモジュール関連製品、紫外光LED関連製品なども取り上げた。
  • この資料を関係各位の今後の事業戦略を立案展開されるにあたり、役立てていただくことを切に望みます。

調査目的

  • LED市場は、2010年に大型LCDバックライト用を中心に市場が急成長したが、経済不況の影響もあり、2011年に入り市場はやや落ち着きを見せた。この様にLCD向けの市場の成長率が落ちて来ている中で、次世代の柱の用途となるLED照明市場は順調に成長を続けている。LED照明市場は2015年頃に市場が本格化すると見られており、これに向けてパッケージやチップの進化も続いている。
  • 本調査資料は、LEDパッケージに関連した、アプリケーションの動向、LEDモジュール、LED照明機器、発光デバイス、主要企業動向について調査し、当該事業展開のための有望な情報を提供することを目的とした。

調査対象

1. アプリケーション 28品目
2. LEDモジュール 5品目
3. 照明機器 5品目
4. 発光デバイス 4品目
5. 企業編 10社

目次

1. LED関連市場の将来展望(1)

  • 1.1 総括(3)
  • 1.2 LEDの波長別用途と材料(7)

2. LEDの定義とLEDパッケージの全体市場と分析(9)

  • 2.1 LEDの定義(11)
  • 2.2 LEDパッケージ市場と分析(13)

3. 新技術/新市場の動向(17)

  • 3.1 LED照明市場の動向(19)
  • 3.2 白色LEDのメーカー間特許動向(24)
  • 3.3 アプリケーション別白色LEDパッケージ採用動向(26)
  • 3.4 LEDパッケージ価格動向(29)

4. 集計と分析(33)

  • 4.1 アプリケーション(35)
  • 4.2 LED関連モジュール(47)
  • 4.3 LED照明機器(53)
  • 4.4 発光デバイス(58)

5. アプリケーション(63)

  • 5.1 バックライト(65)
  • 5.1.1 中小型LCD(65)
  • 5.1.2 TV用LCD(71)
  • 5.1.3 IT系LCD(ノートPC/タブレットPC/PCモニタ)(77)
  • 5.2 照明(84)
  • 5.2.1 ワールドワイド照明器具(84)
  • 5.2.2 住宅照明(88)
  • 5.2.3 施設照明(95)
  • 5.2.4 店舗照明(103)
  • 5.2.5 屋外照明(109)
  • 5.3 自動車(115)
  • 5.3.1 車載メーター(115)
  • 5.3.2 自動車用ランプ・ライト(121)
  • 5.4 遊技機(132)
  • 5.4.1 パチンコ(132)
  • 5.4.2 パチスロ(137)
  • 5.5 民生用機器(142)
  • 5.5.1 携帯電話(142)
  • 5.5.2 プリントヘッド(149)
  • 5.5.3 マイクロプロジェクタ用光源(154)
  • 5.5.4 リモコン(159)
  • 5.6 産業用機器(163)
  • 5.6.1 大型表示器(163)
  • 5.6.2 交通信号機(168)
  • 5.6.3 看板(173)
  • 5.6.4 駅構内表示器(178)
  • 5.6.5 植物育成工場用光源(182)
  • 5.6.6 医療用光源(187)
  • 5.6.7 自動販売機(193)
  • 5.6.8 防爆灯(198)
  • 5.6.9 冷蔵・冷凍ショーケース(204)
  • 5.7 可視光通信(209)
  • 5.8 光触媒励起用光源(213)
  • 5.9 紫外線スポット硬化装置(217)

6. LED関連モジュール(223)

  • 6.1 IrDAモジュール(225)
  • 6.2 リモコン用受光モジュール(229)
  • 6.3 フォトインタラプタ(233)
  • 6.4 フォトカプラ(238)
  • 6.5 光データリンク(光源LED)(242)

7. LED照明機器(251)

  • 7.1 LEDダウンライト(253)
  • 7.2 LED電球(258)
  • 7.3 直管形LEDランプ(263)
  • 7.4 LEDシーリングライト(268)
  • 7.5 有機EL平面照明(273)

8. 発光デバイス(275)

  • 8.1 白色LEDパッケージ(277)
  • 8.2 有色LEDパッケージ(283)
  • 8.3 有機EL(289)
  • 8.4 VCSEL(292)

9. 企業事例(297)

  • 9.1 日亜化学工業(299)
  • 9.2 Samsung LED(304)
  • 9.3 Seoul Semiconductor(309)
  • 9.4 豊田合成(314)
  • 9.5 星和電機(319)
  • 9.6 シチズン電子(322)
  • 9.7 パナソニック(326)
  • 9.8 東芝ライテック(329)
  • 9.9 シャープ(333)
  • 9.10 ローム(336)