2012 ストレージ関連市場総調査

2012 ストレージ関連市場総調査

半導体メモリ、HDD、光ディスクなどストレージデバイスの今後の棲み分け状況を予測
ストレージデバイスを中心にアプリケーション機器、構成部材の市場動向を徹底調査

価格 106,700円(税抜 97,000円) 企業名 富士キメラ総研
発刊日 2012年02月07日 体裁 A4版 288ページ

調査の背景

  • 近年、インターネット(ブロードバンド)や世界的なデジタルTV放送の普及拡大に伴い、世界に流通するデジタルコンテンツデータは大容量化の一途を辿っている。これに伴い、デジタルコンテンツの拡大を支えるストレージデバイスに対する大容量化要求は急速に高まっている。
  • デジタルデータのストレージを行うデバイスとしてはHDD、光ディスク(DVD、BD)、NANDフラッシュメモリなど半導体メモリが中心となっており、当調査レポートはこれらストレージデバイス、アプリケーション機器、構成部材の市場/技術動向を多角的・網羅的に調査する事で各種ストレージデバイスの競合状況や将来的な市場規模推移を明らかにする事を目的とした。
  • クラウド型サービスが広がりを見せる中、サーバPC、民生機器、モバイル機器などの機器のストレージが今後どのように変化していくのか。この点について調査を進める中で、明らかになった傾向は、「クライアント・端末の外付け・増設ストレージの増加」である。
  • 現状のクラウドは通信インフラ、コンテンツ保護、セキュリティの面で万能とは言えず、クラウド側(サーバ側)のストレージのみに情報を集約させて情報やコンテンツを扱うのには難点が多い。そこで、必要性が高まっているのが外付けストレージである。
  • 本調査資料では次の3点に焦点をあてた。
    (1) HDD、NANDフラッシュメモリの次世代大容量化技術の動向とそれに伴うHDD対SSD競合状況の長期的分析。
    (2) クラウド型サービス時代におけるアプリケーション機器別のストレージデバイス採用状況と棲み分けを把握。
    (3) 再度注目度が高まるMRAM等次世代半導体メモリの開発動向。

  • 本調査レポートは、デバイス市場を中心に現状を分析することにより、将来のストレージ市場について展望するものであります。また、HDD、NANDフラッシュメモリ、光ディスクドライブを同時に調査する事で、一定のデバイス分野からの見方に偏る事のない将来予測を行なう点を特徴としています。関係各位の今後の事業戦略を立案展開されるにあたり、役立てていただくことを切に望みます。

調査目的

  • 本調査ではストレージドライブとそれに関連するメディア/デバイス/マテリアルにフォーカスし、ワールドワイド生産ベースに於ける市場として調査を行っております。クラウド型サービス時代におけるアプリケーション機器別のストレージデバイス採用状況と棲み分けの把握。また、それに関連する各デバイス市場動向及び技術動向を総括することを目的としております。

調査対象製品

  • 1) アプリケーション
  • ⇒サーバ、PC、民生機器など8品目
  • 2) ドライブ
  • ⇒CD系、DVD系、BD系、HDD、SSDなど15品目
  • 3) リムーバブルメディア
  • ⇒CD系、DVD系、BD系、USBメモリ、メモリーカードなど14品目
  • 4) デバイス/マテリアル
  • ⇒光ピックアップ、半導体レーザ、ハードディスクサブストレートなど16品目
  • 5) 企業
  • ⇒HDDメーカー、光ディスクドライブ、SSDメーカーなど10社

目次

1.0 総括(1)

  • 1.1 ストレージ関連市場概況(3)
  • 1.1.1 ストレージ関連デバイス市場概況(3)
  • 1.1.2 ストレージ関連市場の競合構造と今後の行方(5)
  • 1.1.3 クラウドコンピューティングが与えるストレージデバイス市場への影響(6)
  • 1.2 ストレージを取巻く環境の変化(8)
  • 1.2.1 コンテンツ容量の動向(8)
  • 1.2.2 対応端末のストレージ採用動向(9)
  • 1.2.3 通信インフラ設備の動向(11)
  • 1.3 ストレージデバイス技術と市場動向(17)
  • 1.3.1 HDD(ハードディスクドライブ)(17)
  • 1.3.2 NANDフラッシュメモリ(31)
  • 1.3.3 ODD(光ディスクドライブ)/光ディスク(41)
  • 1.4 注目されるTOPICS(46)
  • 1.4.1 クラウド型サービスの動向(46)
  • 1.4.2 クラウド業界動向(47)
  • 1.4.3 モバイルクラウド最新動向(48)
  • 1.4.4 エンタープライズストレージ用HDD/SSDの動向(52)
  • 1.4.5 タブレット/ウルトラブックPCのストレージ採用動向(54)
  • 1.4.6 PC、モバイル機器市場の動向(56)
  • 1.4.7 HDD産業へのタイ洪水の影響(57)
  • 1.4.8 SSDの普及予測(58)
  • 1.4.9 次世代半導体メモリの動向(60)
  • 1.5 メーカー事例(62)
  • 1.5.1 Samsung Electronics(62)
  • 1.5.2 Seagate Technology(63)
  • 1.5.3 Western Digital(64)
  • 1.5.4 日立グループ(65)
  • 1.5.5 パナソニックグループ(66)
  • 1.5.6 東芝グループ(67)
  • 1.5.7 ソニー(68)
  • 1.5.8 SanDisk(69)
  • 1.5.9 Hynix(70)
  • 1.5.10 Micron(71)

2.0 集計(73)

  • 2.1 ストレージ関連市場規模推移と予測(75)
  • 2.2 メーカーシェア(81)

3.0 アプリケーション機器個票(91)

  • 3.1 エンタープライズストレージシステム(93)
  • 3.2 デスクトップPC(97)
  • 3.3 ノートブックPC(101)
  • 3.4 タブレット(105)
  • 3.5 スマートフォン/フィーチャーフォン(109)
  • 3.6 AVレコーダ(113)
  • 3.7 ポータブルオーディオ/メディアプレーヤ(117)
  • 3.8 外付けHDD(121)

4.0 ドライブ個票(125)

  • 4.1 HDD(ハードディスクドライブ)(127)
  • 4.1.1 HDD/Total(127)
  • 4.1.2 HDD(SAS/FC)(131)
  • 4.1.3 HDD(3.5"ATA)(134)
  • 4.1.4 HDD(2.5"ATA)(137)
  • 4.1.5 HDD(1.8"以下)(140)
  • 4.2 SSD(143)
  • 4.2.1 SSD(143)  
  • 4.3 ODD(光ディスクドライブ)/PC関連(148)
  • 4.3.1 Blu-ray Disc Drive(148)
  • 4.3.2 記録型DVD Drive(DVD-W)(155)
  • 4.3.3 DVD-ROM Drive(160)
  • 4.3.4 Combo Drive(162)
  • 4.3.5 CD-ROM/R/RW Drive(164)
  • 4.4 ODD(光ディスクドライブ)/AV関連(166)
  • 4.4.1 Blu-ray Disc Player(166)
  • 4.4.2 Blu-ray Disc Recorder(169)
  • 4.4.3 DVD Player(173)
  • 4.4.4 DVD Recorder(176)
  • 4.4.5 CD Player(179)

5.0 リムーバブルメディア個票(183)

  • 5.1 半導体メモリ関連(185)
  • 5.1.1 メモリーカード(185)
  • 5.1.2 USBメモリ(192)
  • 5.2 光ディスク関連(196)
  • 5.2.1 BD(ROM/-R/-RE)(196)
  • 5.2.2 DVD(Video/-ROM/-R/-RW/-RAM)(201)
  • 5.2.3 CD(DA/-ROM/-R/-RW)(206)

6.0 部品材料個票(211)

  • 6.1 HDD関連(213)
  • 6.1.1 ハードディスクメディア(Total)(213)
  • 6.1.1.1 ハードディスクメディア(アルミ)(217)
  • 6.1.1.2 ハードディスクメディア(ガラス)(220)
  • 6.1.2 ハードディスク基板(サブストレート)(223)
  • 6.1.3 ハードディスクブランクス(227)
  • 6.1.4 HDD用磁気ヘッド(231)
  • 6.1.5 サスペンション(235)
  • 6.1.6 ハードディスク用ターゲット材(239)
  • 6.2 SSD/半導体メモリ関連(244)
  • 6.2.1 NANDフラッシュメモリ(244)
  • 6.2.2 DRAM(250)
  • 6.2.3 MRAM(254)
  • 6.2.4 ダイボンドフィルム(258)
  • 6.3 ODD/光ディスク関連(262)
  • 6.3.1 光ディスク基板材料(262)
  • 6.3.2 有機色素(265)
  • 6.3.3 光ディスクコーティング材/接着剤(268)
  • 6.3.4 光ピックアップユニット(271)
  • 6.3.5 半導体レーザー(光ピックアップ用)(285)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(税込:31,500円)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ