2012 スマートフォンビジネス総調査

2012 スマートフォンビジネス総調査

- 加速するスマートフォン・タブレット端末市場と周辺ビジネスの動向を徹底調査 -

価格 132,000円(税抜 120,000円) 企業名 富士キメラ総研
発刊日 2012年05月30日 体裁 A4版 290ページ

調査の背景

  • 国内のスマートフォン市場は2010年度後半より端末メーカー各社がAndroidスマートフォンを相次いで投入し、ワンセグ、おサイフケータイ(FeliCa)、赤外線通信といった“ガラケー機能”や防水機能を搭載したスマートフォンがフィーチャーフォンユーザーの買い替えを促した。一方、それまで市場を牽引してきた「iPhone」も、ソフトバンクモバイルに次いでKDDIからも発売されるなど、通信キャリアによるスマートフォンユーザーの獲得競争とメーカーによるシェア争いが激化している。
  • 通信キャリアもデータARPUの増加が見込めるスマートフォンへの乗り換えを積極的に促進する一方、データトラフィックの急増が課題となっており、ネットワーク設備の増強、WiMAXやLTEといった次世代通信サービスへのトラフィック分散、公衆無線LANスポットの拡大といった施策を講じている。
  • タブレット端末市場は「iPad」が引き続き市場を牽引しているが、ITリテラシーの高いユーザー中心の市場形成であり、一般層にまで広く普及していくためにはPCやスマートフォンとの差別化や用途提案などが必要であろう。今後こうしたスマートデバイスがコンシューマ向け/法人向け市場で普及していくことでライフスタイルやワークスタイルにも影響を与えていくものと予測され、またその汎用性の高さから他の端末からのマイグレーションも一部進むものと見られる。
  • スマートフォン、タブレット端末といったスマートデバイスの普及に伴い、これら端末向けのソフトウェア製品や、端末検証サービス、スマートデバイス向けアプリ/サービスの受託開発といった周辺サービス、端末向けセキュリティ、リモートアクセスなどの周辺ソリューション市場も盛り上がりを見せており、スマートデバイス関連ビジネス市場は拡大基調で推移する見通しである。
  • 当該レポートでは、コンシューマ向け/法人向け市場での導入が加速しているスマートデバイス関連ビジネスの現状を調査・分析することで各市場の将来展望を行うことを目的としており、当該市場参入各社にとって、事業戦略/サービス企画立案等、今後の事業展開において有益なマーケティングデータとなれば幸いである。
  • 末筆ではありますが、同レポートの調査に当たり、快く取材に応じてくださいました各企業の担当者の方々に対し、この場を借りて厚く御礼申し上げます。

調査目的

  • 本調査レポートでは、スマートフォン端末メーカー、コンシューマ向けアプリケーションベンダ、法人向けサービス・ソリューションベンダ、移動体通信事業者等へのヒアリングにより、端末市場、コンシューマ向け市場(BtoC)、法人向け市場(BtoB、BtoBtoC)、ネットワークサービス市場の4分類で調査・分析し、関連事業戦略のためのマーケティングデータを提供することを目的とした。

調査対象

1. 端末市場 9品目
2. コンシューマ向け市場(BtoC) 10品目
3. 法人向け市場(BtoB、BtoBtoC) 18品目
4. ネットワークサービス市場 4品目

目次

I. 調査総括編

  • 1. スマートデバイス関連市場の現状と将来展望(3)
  • 2. カテゴリ別市場動向(7)
  • 3. コンシューマ向け市場におけるスマートデバイス普及の影響(19)
  • 4. 法人向け市場におけるスマートデバイス普及の影響(33)
  • 5. インフラ動向(45)
  • 6. カテゴリ別市場規模推移/予測(2011年度~2016年度)(49)
  • 7. マーケットシェア(2011年度)(58)

II. 市場編

A. 端末市場
  • (1) ハンドセット(フィーチャーフォン/スマートフォン)(67)
  • (2) タブレット端末(75)
  • (3) データ通信系端末(83)
  • (4) PC(92)
  • (5) デジタルメディアプレーヤー(103)
  • (6) 携帯型ゲーム機(108)
  • (7) 電子書籍端末(112)
  • (8) PND(116)
  • (9) ハンディターミナル(121)
B. コンシューマ向け市場
  • (1) アプリケーションストア(129)
  • (2) 映像配信サービス(134)
  • (3) 音楽配信サービス(138)
  • (4) ゲーム(142)
  • (5) 電子書籍サービス(146)
  • (6) 地図/ナビゲーションサービス(150)
  • (7) 動画共有サービス(154)
  • (8) SNS(158)
  • (9) オンラインストレージ(163)
  • (10) EC(167)
C. 法人向け市場
  • (1) 組み込みミドルウェア(175)
  • (2) モバイル関連検証サービス(180)
  • (3) アプリケーション受託開発(184)
  • (4) アプリケーションCMS(187)
  • (5) スマートデバイス向けサイト構築(190)
  • (6) アクセス解析/効果測定ツール(194)
  • (7) コンテンツ不正利用防止サービス(200)
  • (8) スマートデバイス向けセキュリティ(203)
  • (9) MDMサービス(209)
  • (10) モバイル認証(215)
  • (11) 広告(220)
  • (12) コンテンツ配信プラットフォーム(231)
  • (13) 決済代行サービス(236)
  • (14) リモートアクセスサービス(242)
  • (15) モバイルセントレックス(248)
  • (16) RADIUSサーバ(252)
  • (17) 無線LANスイッチ/コントローラ(256)
  • (参考) ソフトフォン活用型電話サービス(260)
D. ネットワークサービス市場
  • (1) 携帯電話サービス(265)
  • (2) WiMAXサービス(277)
  • (3) 公衆無線LANサービス(282)
  • (4) MVNOサービス(287)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(税込:31,500円)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ