2013 光通信関連市場総調査

2013 光通信関連市場総調査

価格 110,000円(税抜 100,000円) 出版社 富士キメラ総研
発刊日 2013年8月22日 体裁 A4版 292ページ

調査概要

調査テーマ

『2013 光通信関連市場総調査』

調査の背景と目的

  • 2011年から2012年にかけての光通信市場は、FTTx、LTE基地局のワイヤレスバックホール、データセンターなどの市場が注目された。2013年はこれらのセグメントにおいて、40Gbpsから100Gbpsへの高速化、デジタルコヒーレント化の急速な進展に伴い、デジタルコヒーレント関連部品に注目が集まる年になるとみられる。
  • 本調査資料は、光通信市場を中心に、光伝送装置/関連装置、光アクティブデバイス、光パッシブデバイス、光ファイバー/光回路デバイス、測定器/製造装置の市場動向について調査し、当該事業展開のための有益な情報を提供することを目的とした。

調査対象

 1) 光伝送装置/関連装置      5品目
 2) 光アクティブデバイス     13品目
 3) 光パッシブデバイス       6品目
 4) 光ファイバー/光回路デバイス  5品目
 5) 測定器/製造装置        7品目
 合計 36品目

 

※ 本調査資料では下記のレートを採用した。

年 次 2011年 2012年 2013年以降
円/USD 79.84 79.8 96.0

※ 本調査資料では、GbpsやEthernetという表記を、下表のように断りなく略記することがある。

正式な呼称 略称 略記例
(正式な表記 ⇒ 略記)
Gbps G 100Gbps/40Gbps ⇒ 100G/40G
Gigabit Ethernet GE 1Gigabit Ethernet ⇒ 1GE
光トランシーバー トランシーバー 10G光トランシーバー ⇒10Gトランシーバー

調査方法

弊社専門調査員による直接取材および関連情報の収集・分析によって実施した。

調査期間

2013年6月~2013年8月

調査担当

株式会社 富士キメラ総研  第一研究開発部門

目次

1. 光通信業界の展望(1)

  • 1.1 総括(3)
  • 1.2 光伝送装置のコンポーネンツ/デバイス構成図(5)
  • 1.3 製品分野別ワールドワイド市場規模推移/予測(8)

2. 光通信関連市場の周辺動向(11)

  • 2.1 地域別市場の現状と将来展望(13)
  • 2.1.1 北米市場の現状と将来展望(14)
  • 2.1.2 欧州市場の現状と将来展望(15)
  • 2.1.3 アジア市場の現状と将来展望(16)
  • 2.1.4 日本市場の現状と将来展望(17)
  • 2.2 光トランシーバーの全体市場(18)

3. 新技術/新市場動向(21)

  • 3.1 100G/40G光トランシーバーの標準化動向(23)
  • 3.2 Beyond 100G光トランシーバーの技術開発動向(26)
  • 3.3 100G/40Gキーデバイス市場動向(28)
  • 3.4 SDNの最新動向(33)

4. 通信インフラ市場における光化動向(35)

  • 4.1 携帯電話基地局(37)
  • 4.2 スマートグリッド(41)
  • 4.3 データセンター(48)
  • 4.4 FTTHのワールドワイド市場概況(53)

5. 集計と分析(61)

  • 5.1 光伝送装置/関連装置(63)
  • 5.2 光アクティブデバイス(66)
  • 5.3 光パッシブデバイス(78)
  • 5.4 光ファイバー/光回路デバイス(83)
  • 5.5 測定器/製造装置(86)

6. 品目別市場動向(91)

  • 6.1 光伝送装置/関連装置(93)
  • 6.1.1 光伝送装置(SONET/SDH/WDM)(95)
  • 6.1.2 ルーター(102)
  • 6.1.3 L2/L3スイッチ(107)
  • 6.1.4 PONシステム(111)
  • 6.1.5 FTTx用メディアコンバーター(119)
  • 6.2 光アクティブデバイス(125)
  • 6.2.1 100G/40G光トランシーバー(127)
  • 6.2.2 10G光トランシーバー(134)
  • 6.2.3 低速幹線用光トランシーバー(143)
  • 6.2.4 PON用光トランシーバー(148)
  • 6.2.5 Ethernet/FC用光トランシーバー(153)
  • 6.2.6 高速光通信用LDモジュール(159)
  • 6.2.7 DFB-LDチップ(168)
  • 6.2.8 ファブリペローLDチップ/VCSELチップ(174)
  • 6.2.9 高速光通信用APDモジュール(180)
  • 6.2.10 APDチップ(184)
  • 6.2.11 光アンプモジュール(189)
  • 6.2.12 励起レーザー(194)
  • 6.2.13 LN光変調器(198)
  • 6.3 光パッシブデバイス(203)
  • 6.3.1 WSSモジュール(205)
  • 6.3.2 分散補償器(210)
  • 6.3.3 光通信用レンズ(216)
  • 6.3.4 PON用ギガメインチップ(221)
  • 6.3.5 光アイソレーター(226)
  • 6.3.6 光アイソレーター用光学材料(232)
  • 6.4 光ファイバー/光回路デバイス(239)
  • 6.4.1 石英光ファイバー(241)
  • 6.4.2 光ファイバーコード(247)
  • 6.4.3 現場組立光コネクター(FASコネクター)(251)
  • 6.4.4 光コネクター(254)
  • 6.4.5 光フェルール(258)
  • 6.5 測定器/製造装置(263)
  • 6.5.1 光スペクトラムアナライザー(265)
  • 6.5.2 OTDR(269)
  • 6.5.3 光パワーメーター(273)
  • 6.5.4 測定用光源(277)
  • 6.5.5 測定用可変光減衰器(281)
  • 6.5.6 光ファイバー融着接続機(285)
  • 6.5.7 クリーバー(289)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(税込:31,500円)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ