2014年 高機能添加剤・ハイブリッドマテリアルの将来展望

2014年 高機能添加剤・ハイブリッドマテリアルの将来展望

価格 106,700円(税抜 97,000円) 出版社 富士キメラ総研
発刊日 2014年6月6日 体裁 A4版 365ページ

関連書籍
2016 コンパウンド市場の展望と世界戦略
2016年 液状樹脂関連・応用製品市場の展望とグローバル戦略

調査概要

調査テーマ

『2014年 高機能添加剤・ハイブリッドマテリアルの将来展望』

調査目的

本調査レポートでは、汎用添加剤および高機能性付与剤を34品目、強度や熱などの各種機能改善を目的としたハイブリッド応用用途21品目、合計55品目の市場トレンドおよび材料の訴求動向、応用事例について明らかにした。また、次世代ハイブリッド開発動向として6品目を対象に、次世代ハイブリッド化技術についてまとめ、高機能添加剤・ハイブリッド化技術の今後の方向性を明確化することを目的とした。

調査対象

分野 品目
A.機能付与材料編 汎用添加剤 ガラス繊維、難燃剤(臭素系)、難燃剤(リン系)、難燃剤(三酸化アンチモン)、難燃剤(水酸化物)、紫外線吸収剤、耐衝撃改質剤(モディファイヤー)、摺動性付与材料、流動性改善剤、相溶化剤(オレフィン用添加剤)、相溶化剤(エンプラ用添加剤)、粘着性付与剤(タッキファイヤー)、PLA用添加剤、光拡散剤、シランカップリング剤
高機能性付与剤 抗菌剤、靱性付与パウダー(PES)、帯電防止剤(低分子、高分子、導電性高分子)、帯電防止剤(無機系)、導電性カーボンブラック、CNT、グラフェン、銀粉、銅超微粉、導電性コアシェル微粒子、中空セラミックスビーズ、熱膨張性マイクロカプセル、メソポーラスシリカ、制振フィラー、近赤外線吸収材料、炭素繊維(PAN系)、炭素繊維(ピッチ系)、セルロースナノファイバー、ポリシラン・シルセスキオキサン
B.ハイブリッド応用用途編 機械強度改善 長繊維コンパウンド、低燃費タイヤ、CFRTP、C/Cコンポジット、ハイブリッドハードコート
熱的改善 遮熱塗料、放熱エンプラコンパウンド、ガラス中間膜
電気的改善 ハイブリッド透明導電性フィルム、導電ゴム、燃料電池用触媒、磁性材料(希土類、ハイブリッド)、LiB用固体電解質(合金系含む)、LiB用ハイブリッド負極材料
光学的改善 屈折率制御層材料、高屈折コート剤・粘着剤・接着剤
その他特性付与 防汚コーティング剤、防水・防湿コーティング剤、ハイバリアフィルム、放射性物質吸着材料、熱電変換材料
C.次世代ハイブリッド開発動向編 人工光合成、メタマテリアル、DDSキャリアー材料、蛍光イメージング、エネルギー・ハーベスティング、傾斜機能材料(生体用)

※本調査レポートでは、中空セラミックスビーズ、制振フィラー、遮熱塗料は国内市場として捉え、その他は世界市場として捉えた。

調査ポイント

 A.機能付与材料編
  1. 製品概要
  2. 主要参入企業動向
  3. 価格動向
  4. 市場動向
  5. メーカーシェア(2013年)
  6. 対象素材・用途動向
  7. 競合・すみ分け状況
  8. 研究開発動向
  9. 課題点・ニーズ
  10. 今後の方向性
 
 B.ハイブリッド応用用途編
  1. 製品概要
  2. 主要参入企業動向
  3. 価格動向
  4. 市場動向
  5. メーカーシェア(2013年)
  6. 用途別ウェイト(2013年)
  7. 採用素材動向
  8. 競合・すみ分け状況
  9. 研究開発動向
  10. 課題点・ニーズ
  11. 今後の方向性
 
 C.次世代ハイブリッド開発動向
  1. 製品概要
  2. 主要参入企業動向
  3. 市場動向
  4. 対象素材動向
  5. 研究開発動向
  6. 課題点・ニーズ
  7. 今後の方向性

調査期間

2014年3月~2014年5月

目次

I.総合分析編(1)

  • 1.調査結果概要(3)
  • 2.高機能添加剤・ハイブリッドマテリアルの市場動向(5)
  • 1)高機能添加剤・ハイブリッドマテリアルの需要構成(5)
  • 2)全体市場規模推移および予測(2010年~2017年予測)(6)
  • 3)主要平均成長率ランキング(8)
  • 3.機能付与材料における需要トレンド(10)
  • 1)汎用添加剤(10)
  • 2)高機能性付与剤(14)
  • 4.主要機能別市場トレンド(16)
  • 1)品目別機能付与トレンド一覧(16)
  • 2)機械強度改善(17)
  • 3)電気的改善(19)
  • 4)熱的改善・光学的改善(21)
  • 5)その他特性付与(24)
  • 5.機能付与材料における対象分野・相手素材動向(26)
  • 1)対象素材一覧(26)
  • 2)対象分野・素材別ウェイト(2013年)(28)
  • 6.ハイブリッド応用用途における採用素材動向(30)
  • 7.最終用途動向(32)
  • 1)機能付与材料(32)
  • 2)ハイブリッド応用用途(33)
  • 3)品目別最終用途一覧(34)

II.集計編(39)

  • 1.参入企業一覧(41)
  • 2.品目別市場規模推移および予測(2010年~2017年予測)(54)
  • 3.メーカーシェアおよび用途別ウェイト(2013年)(72)
  • 4.品目別価格一覧(83)

III.品目別市場編(85)

  • A.機能付与材料編(86)
  • [汎用添加剤]
  • A-1.ガラス繊維(87)
  • A-2.難燃剤(臭素系)(92)
  • A-3.難燃剤(リン系)(98)
  • A-4.難燃剤(三酸化アンチモン)(103)
  • A-5.難燃剤(水酸化物)(108)
  • A-6.紫外線吸収剤(112)
  • A-7.耐衝撃改質剤(モディファイヤー)(117)
  • A-8.摺動性付与材料(122)
  • A-9.流動性改善剤(126)
  • A-10.相溶化剤(オレフィン用添加剤)(130)
  • A-11.相溶化剤(エンプラ用添加剤)(134)
  • A-12.粘着性付与剤(タッキファイヤー)(138)
  • A-13.PLA用添加剤(142)
  • A-14.光拡散剤(145)
  • A-15.シランカップリング剤(150)
  • [高機能性付与剤]
  • A-16.抗菌剤(155)
  • A-17.靭性付与パウダー(PES)(160)
  • A-18.帯電防止剤(低分子、高分子、導電性高分子)(164)
  • A-19.帯電防止剤(無機系)(173)
  • A-20.導電性カーボンブラック(179)
  • A-21.CNT(カーボンナノチューブ)(185)
  • A-22.グラフェン(190)
  • A-23.銀粉(194)
  • A-24.銅超微粉(199)
  • A-25.導電性コアシェル微粒子(203)
  • A-26.中空セラミックスビーズ(207)
  • A-27.熱膨張性マイクロカプセル(211)
  • A-28.メソポーラスシリカ(216)
  • A-29.制振フィラー(219)
  • A-30.近赤外線吸収材料(222)
  • A-31.炭素繊維(PAN系)(227)
  • A-32.炭素繊維(ピッチ系)(232)
  • A-33.セルロースナノファイバー(239)
  • A-34.ポリシラン・シルセスキオキサン(243)
  • B.ハイブリッド応用用途編(249)
  • [機械強度改善]
  • B-1.長繊維コンパウンド(251)
  • B-2.低燃費タイヤ(256)
  • B-3.CFRTP(260)
  • B-4.C/Cコンポジット(264)
  • B-5.ハイブリッドハードコート(268)
  • [熱的改善]
  • B-6.遮熱塗料(272)
  • B-7.放熱エンプラコンパウンド(276)
  • B-8.ガラス中間膜(281)
  • [電気的改善]
  • B-9.ハイブリッド透明導電性フィルム(288)
  • B-10.導電ゴム(293)
  • B-11.燃料電池用触媒(296)
  • B-12.磁性材料(希土類、ハイブリッド)(301)
  • B-13.LiB用固体電解質(306)
  • B-14.LiB用ハイブリッド負極材料(合金系含む)(310)
  • [光学的改善]
  • B-15.屈折率制御層材料(315)
  • B-16.高屈折コート剤・粘着剤・接着剤(319)
  • [その他特性付与]
  • B-17.防汚コーティング剤(324)
  • B-18.防水・防湿コーティング剤(328)
  • B-19.ハイバリアフィルム(331)
  • B-20.放射性物質吸着材料(336)
  • B-21.熱電変換材料(343)
  • C.次世代ハイブリッド開発動向編(347)
  • C-1.人工光合成(349)
  • C-2.メタマテリアル(353)
  • C-3.DDSキャリアー材料(356)
  • C-4.蛍光イメージング(360)
  • C-5.エネルギー・ハーベスティング(362)
  • C-6.傾斜機能材料(生体用)(364)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(33,000円 [税別 30,000円])及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ