ソフトウェアビジネス新市場 2014年版

ソフトウェアビジネス新市場 2014年版

価格 132,000円(税抜 120,000円) 出版社 富士キメラ総研
発刊日 2014年7月11日 体裁 A4版 340ページ

調査概要

調査テーマ

『ソフトウェアビジネス新市場 2014年版』

調査の目的

  • 企業の情報システムを構成する技術として重要なソフトウェア市場において、「パッケージ」「SaaS」ならびに「アプライアンス」の三つの提供形態別市場動向を詳細に把握することで、ソフトウェアビジネスに関する戦略立案・遂行に必要なマーケティングデータの提供を目的とした。
  • 具体的には、主要な企業向けソフトウェアについて、国内販売数量、販売金額、主なメーカーにおける市場占有率などの定量データの把握、今後の市場展望ならびにその要因を客観的かつ多角的に把握した。

調査対象製品

 ※業種共通で利用される汎用的なパッケージを対象とした。
 1.バックオフィス系
  1) 大規模企業向けERP
  2) 中堅企業向けERP
  3) 財務・会計ソフト
  4) 人事・給与ソフト
  5) 販売・在庫管理ソフト
  6) 生産管理ソフト
  7) 連結会計ソフト
  8) タレントマネジメントシステム
  9) 勤怠管理ソフト
  10)物流・倉庫管理ソフト
  11)SCP
 2.情報活用/分析系
  1) CRM
  2) GIS
  3) BIツール
  4) データマイニング/汎用統計解析ツール
  5) テキストマイニング
  6) マーケティングオートメーション
 3.コラボレーション系
  1) グループウェア
  2) EIP
  3) ワークフロー
  4) 文書管理ツール/ECM
  5) プロジェクト管理ツール
  6) ECサイト構築ツール
  7) 検索エンジン
  8) 電子帳票関連ツール(運用・保存)
  9) 電子帳票関連ツール(設計・出力)
  10)Web会議
 4.ミドルウェア
  1) 統合ミドルウェア
  2) アプリケーションサーバー基盤
  3) BPI
  4) ETLツール
  5) EDIツール
  6) ファイル転送ツール
  7) Hadoop関連製品
  8) CTI
 5.データベース
  1) RDBMS/DWH用DB
  2) XMLデータベース
 6.運用・管理ツール
  1) 統合運用管理ツール
  2) システムリソース管理ツール
  3) アプリケーション性能監視ツール
  4) ジョブ管理ツール
  5) ネットワーク管理ツール
  6) クラウド管理ツール
  7) バックアップ管理ツール
  8) ストレージ管理ツール
 7.基本ソフト系
  1) クラスタリングソフト
  2) サーバー仮想化ソフト
  3) デスクトップ仮想化ソフト/SBC
  4) 端末エミュレーター
 ※企業・官公庁・教育機関 などの非個人をターゲットとする製品を対象とした。

調査方法

弊社専門調査員による調査対象企業に対するヒアリング取材を中心に、社内データベースを活用し、調査・分析を行った。

調査期間

2014年4月~2014年7月

調査担当

株式会社富士キメラ総研 第二研究開発部門

目次

I. 総括編(1)

  • 1.ソフトウェアビジネス市場の現状と将来展望(3)
  • 2.カテゴリー別市場動向(5)
  • 1) バックオフィス系(5)
  • 2) 情報活用/分析系(6)
  • 3) コラボレーション系(7)
  • 4) ミドルウェア(8)
  • 5) データベース(9)
  • 6) 運用・管理ツール(10)
  • 7) 基本ソフト系(11)
  • 3.有望市場分析(12)
  • 1)品目別有望市場分析(12)
  • 2)品目別SaaS市場分析(15)
  • 4.アプリケーション領域における導入形態別利用社数動向(18)
  • 1)利用社数増減動向(18)
  • 2)導入形態別利用社数推移(20)
  • 5.ビッグデータ関連製品市場動向(34)
  • 1)ビッグデータ関連製品(34)
  • 2)ビッグデータ関連製品市場規模(35)
  • 6.クラウドコンピューティングがソフトウェアビジネスに及ぼす影響(36)
  • 1)国内パブリッククラウドサービス市場規模推移(36)
  • 2)従来/BYOL別パッケージビジネス市場推移(36)
  • 3)アプリケーション製品別BYOL比率動向(38)
  • 4)主要パッケージベンダーのクラウドコンピューティング対応状況(39)
  • 5)主要パッケージベンダーのクラウドコンピューティング戦略(42)
  • 6)製品別IaaS/PaaS対応状況(46)

II.集計編(49)

  • 1.市場ライフサイクル分析(51)
  • 2.市場規模推移(60)
  • 3.品目別市場占有率推移(79)
  • 4.主要参入企業一覧(86)

III.市場編(105)

  • 1.バックオフィス系
  • 1)大規模企業向けERP(107)
  • 2)中堅企業向けERP(110)
  • 3)財務・会計ソフト(115)
  • 4)人事・給与ソフト(122)
  • 5)販売・在庫管理ソフト(129)
  • 6)生産管理ソフト(136)
  • 7)連結会計ソフト(142)
  • 8)タレントマネジメントシステム(145)
  • 9)勤怠管理ソフト(148)
  • 10)物流・倉庫管理ソフト(152)
  • 11)SCP(156)
  • 2.情報活用/分析系
  • 1)CRM(159)
  • 2)GIS(164)
  • 3)BIツール(170)
  • 4)データマイニング/汎用統計解析ツール(176)
  • 5)テキストマイニングツール(180)
  • 6)マーケティングオートメーション(184)
  • 3.コラボレーション系
  • 1)グループウェア(189)
  • 2)EIP(195)
  • 3)ワークフロー(199)
  • 4)文書管理ツール/ECM(205)
  • 5)プロジェクト管理ツール(211)
  • 6)ECサイト構築ツール(217)
  • 7)検索エンジン(222)
  • 8)電子帳票関連ツール(設計・出力)(228)
  • 9)電子帳票関連ツール(運用・保存)(234)
  • 10)Web会議(238)
  • 4.ミドルウェア
  • 1)統合ミドルウェア(244)
  • 2)アプリケーションサーバー基盤(250)
  • 3)BPI(254)
  • 4)ETLツール (261)
  • 5)EDIツール(265)
  • 6)ファイル転送ツール(271)
  • 7)Hadoop関連製品(276)
  • 8)CTI(280)
  • 5.データベース
  • 1)RDBMS/DWH用DB(285)
  • 2)XMLデータベース(294)
  • 6.運用・管理ツール
  • 1)統合運用管理ツール(297)
  • 2)システムリソース管理ツール(303)
  • 3)アプリケーション性能監視ツール(307)
  • 4)ジョブ管理ツール(310)
  • 5)ネットワーク管理ツール(312)
  • 6)クラウド管理ツール(314)
  • 7)バックアップ管理ツール(317)
  • 8)ストレージ管理ツール(322)
  • 7.基本ソフト系
  • 1)クラスタリングソフト(325)
  • 2)サーバー仮想化ソフト(329)
  • 3)デスクトップ仮想化ソフト/SBC(332)
  • 4)端末エミュレーター(338)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(33,000円 [税別 30,000円])及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ