エデュケーションマーケット 2015

エデュケーションマーケット 2015

価格 165,000円(税抜 150,000円) 出版社 富士キメラ総研
発刊日 2015年7月7日 体裁 A4版 298ページ
備考 こちらの調査資料にはCD-ROM付価格 160,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

調査概要

調査テーマ

『エデュケーションマーケット 2015』

調査目的

本調査レポートは小中学校、高等学校、大学/専門学校、学習塾/予備校、その他(特別支援学校、幼稚園など)までの文教市場における、業務支援システム、校内設備・インフラ、教材・コンテンツ、ハードウェアを対象とした。政府、管轄省庁や自治体の取り組み状況を踏まえた上で、各カテゴリーにおける国内市場動向および一部の海外市場動向と、今後の方向性について調査した。これにより参入企業、関係各社の今後の事業展開における有益なマーケティングデータを提供することを目的とした。

調査対象

調査対象 対象品目
A.業務支援システム
(18品目)
[1] 授業支援システム [10] デジタルサイネージシステム
[2] 教材作成システム [11] 証明書発行システム
[3] eラーニングソリューション [12] 図書館管理システム
[4] 出欠席管理システム [13] 食堂発券システム
[5] 遠隔講義システム [14] 園務システム
[6] オンライン動画学習サービス [15] デジタル採点システム
[7] CALLシステム [16] OMRシステム
[8] 校務支援システム [17]学習塾・予備校向け業務支援システム
[9] 学務支援システム [18]MDM
B.校内設備・インフラ
(17品目)
[1] 監視カメラシステム [10] 非常用自家発電機システム
[2] 校内放送システム [11] 再生可能エネルギーシステム
[3] 入退室管理システム [12] ガスヒートポンプエアコン
[4] 端末管理・セキュリティツール [13] 自主放送システム
[5] Webフィルタリングツール [14] 緊急地震速報システム
[6] ウイルス対策ツール [15] 登下校見守りサービス
[7] ネットパトロールサービス [16] 安否確認サービス
[8] 有線LANシステム [17]位置情報サービス
[9] 無線LANシステム
C.教材・コンテンツ
(6品目)
[1] デジタル教材(デジタル教科書) [4] 教育コンテンツ配信サービス
[2] デジタル教材(教材ソフト) [5] 音声認識ソフト
[3] 教育用ビデオ [6] 障害者向けコンテンツ
D.ハードウェア
(19品目)
[1] 電子黒板 [11] デジタルTV
[2] タブレット端末 [12] レーザーポインター
[3] 業務用モニター [13] スクリーン
[4] PC [14] コピーボード
[5] ビジネスプロジェクター [15] 黒板
[6] 書画カメラ [16] ホワイトボード
[7] プリンター [17]タブレットカート
[8] 大判プリンター [18]マイクロフォン
[9] デジタルペン [19]スピーカー
[10] イメージスキャナー

調査項目

【共通項目】
 1.調査対象定義
 2.主要参入メーカー/ベンダー動向
 3.国内市場規模推移(数量/金額:2013~2014年度実績、2015年度見込、2016~2020年度予測)
 4.マーケットシェア(数量/金額:2014年度実績/2015年度見込)
 5.教育機関別市場動向
 6.ニーズ/技術トレンド
 7.チャネル動向/提案方法
 8.世界市場動向
 9.市場の方向性

調査方法

株式会社富士キメラ総研専門調査員による直接面接を基本としたヒアリング取材を実施したほか、弊社データベースや関連団体による基礎情報などを活用することにより総合的かつ客観的な調査・分析を行った。

調査期間

2015年4月~2015年7月

調査担当

株式会社富士キメラ総研 第一研究開発部門

目次

I. 総括編(1)

  • 1. 調査総括(3)
  • 1) 全体市場動向(3)
  • 2) 教育機関/カテゴリー別市場動向(5)
  • 2. 業界構造(7)
  • 1) 主要参入企業動向(7)
  • 2) 教材コンテンツと業務支援システムの連携(9)
  • 3. カテゴリー別文教市場総括(数量/金額:2013年度実績~2020年度予測)(10)
  • 1) カテゴリー別全体市場規模推移(金額)(10)
  • 2) 業務支援システム(金額)(11)
  • 3) 校内設備・インフラ(金額)(12)
  • 4) 教材・コンテンツ(金額)(13)
  • 5) ハードウェア(金額)(14)
  • 6) ハードウェア(数量)(15)
  • 4. 教育機関別市場総括(数量/金額:2014年度実績/2015年度見込)(16)
  • 1) 全体(16)
  • 2) 小中学校(17)
  • 3) 高等学校(21)
  • 4) 大学/専門学校(25)
  • 5) 学習塾/予備校(29)
  • 6) その他(33)
  • 5. 管轄省庁/政府/自治体の取り組み(37)
  • 1) 管轄省庁/政府の取り組み(37)
  • 2) 情報化施策の変遷(政府方針/実証事業)(40)
  • 3) 教育の情報化関連予算動向(42)
  • 4) 都道府県別教育費推移(43)
  • 5) 教育ICT環境整備に向けた取り組み(51)
  • 6) コンテンツ利活用の動向(53)
  • 7) セキュリティ対策(55)
  • 8) 耐震、省エネなどの取り組み(56)
  • 6. 海外市場動向(57)
  • 1) 米国(57)
  • 2) イギリス(58)
  • 3) フランス(59)
  • 4) ドイツ(60)
  • 5) 中国(61)
  • 6) 韓国(62)
  • 7) ベトナム(63)
  • 8) シンガポール(64)
  • 9) インド(65)
  • 10) 南アフリカ(66)
  • 11) 海外における日系企業の主な取り組み(69)
  • 7. 市場を取り巻く環境(70)
  • 1) 学校数 (70)
  • 2) 在学者数(73)
  • 3) 教員数(75)
  • 4) 教育用PC1台あたりの児童生徒数(77)
  • 5) 教員の校務用PC整備率(78)
  • 6) 普通教室の校内LAN整備率(79)
  • 7) 超高速インターネット(30Mbps以上)接続率(80)
  • 8) 電子黒板の整備状況 (81)
  • 9) デジタル教科書の整備状況 (82)
  • 10) 校務支援システムの整備率 (83)
  • 11) PC周辺機器の設置台数 (84)
  • 12) 教育用タブレット端末の設置台数 (84)
  • 8. エデュケーションマーケットの今後の方向性(85)
  • 1) 市場規模推移(85)
  • 2) 今後の成長市場(85)
  • 3) 個別品目の拡大要因/阻害要因と今後の方向性(86)

II. 集計編(93)

  • 1. 品目別国内市場規模推移:数量(95)
  • 1) A. 業務支援システム(95)
  • 2) B. 校内設備・インフラ(95)
  • 3) C. 教材・コンテンツ(96)
  • 4) D. ハードウェア(96)
  • 2. 品目別国内市場規模推移:金額(98)
  • 1) A. 業務支援システム(98)
  • 2) B. 校内設備・インフラ(99)
  • 3) C. 教材・コンテンツ(100)
  • 4) D. ハードウェア(100)
  • 5) 総計(101)
  • 3. 品目別海外市場規模推移:数量/金額(102)
  • 4. 品目別教育機関別市場構成比(2014年度実績/2015年度見込)(103)
  • 1) A. 業務支援システム(103)
  • 2) B. 校内設備・インフラ(105)
  • 3) C. 教材・コンテンツ(107)
  • 4) D. ハードウェア(108)
  • 5. 品目別国内メーカー/ベンダーシェア(2014年度実績/2015年度見込、文教市場対象)(110)
  • 1) A. 業務支援システム(110)
  • 2) B. 校内設備・インフラ(112)
  • 3) C. 教材・コンテンツ(114)
  • 4) D. ハードウェア(115)

III. 個別品目編(117)

  • A. 業務支援システム(119)
  • A-1. 授業支援システム(121)
  • A-2. 教材作成システム(124)
  • A-3. eラーニングソリューション(127)
  • A-4. 出欠席管理システム(130)
  • A-5. 遠隔講義システム(133)
  • A-6. オンライン動画学習サービス(136)
  • A-7. CALLシステム(139)
  • A-8. 校務支援システム(142)
  • A-9. 学務支援システム(145)
  • A-10. デジタルサイネージシステム(148)
  • A-11. 証明書発行システム(151)
  • A-12. 図書館管理システム(154)
  • A-13. 食堂発券システム (157)
  • A-14. 園務システム(160)
  • A-15. デジタル採点システム(163)
  • A-16. OMRシステム(165)
  • A-17. 学習塾・予備校向け業務支援システム(167)
  • A-18. MDM(169)
  • B. 校内設備・インフラ(171)
  • B-1. 監視カメラシステム(173)
  • B-2. 校内放送システム(176)
  • B-3. 入退室管理システム(179)
  • B-4. 端末管理・セキュリティツール(182)
  • B-5. Webフィルタリングツール(185)
  • B-6. ウイルス対策ツール(188)
  • B-7. ネットパトロールサービス(191)
  • B-8. 有線LANシステム(194)
  • B-9. 無線LANシステム(197)
  • B-10. 非常用自家発電機システム(200)
  • B-11. 再生可能エネルギーシステム(203)
  • B-12. ガスヒートポンプエアコン(206)
  • B-13. 自主放送システム(209)
  • B-14. 緊急地震速報システム(211)
  • B-15. 登下校見守りサービス(213)
  • B-16. 安否確認サービス(215)
  • B-17. 位置情報サービス(217)
  • C. 教材・コンテンツ(219)
  • C-1. デジタル教材(デジタル教科書)(221)
  • C-2. デジタル教材(教材ソフト)(225)
  • C-3. 教育用ビデオ(228)
  • C-4. 教育コンテンツ配信サービス(231)
  • C-5. 音声認識ソフト(234)
  • C-6. 障害者向けコンテンツ(236)
  • D. ハードウェア(239)
  • D-1. 電子黒板(241)
  • D-2. タブレット端末(245)
  • D-3. 業務用モニター(249)
  • D-4. PC(253)
  • D-5. ビジネスプロジェクター(257)
  • D-6. 書画カメラ(261)
  • D-7. プリンター(265)
  • D-8. 大判プリンター(269)
  • D-9. デジタルペン(273)
  • D-10. イメージスキャナー(277)
  • D-11. デジタルTV(281)
  • D-12. レーザーポインター(283)
  • D-13. スクリーン(285)
  • D-14. コピーボード(287)
  • D-15. 黒板(289)
  • D-16. ホワイトボード(291)
  • D-17. タブレットカート(293)
  • D-18. マイクロフォン(295)
  • D-19. スピーカー(297)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(33,000円 [税別 30,000円])及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ