中国車載電装部品におけるサプライチェーン調査 2016

中国車載電装部品におけるサプライチェーン調査 2016

価格 220,000円(税抜 200,000円) 出版社 富士キメラ総研
発刊日 2016年8月3日 体裁 A4版 202ページ
備考 こちらの調査資料にはCD-ROM付価格 210,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
 ・中国HEV、EV市場の実態と今後の展望
 ・2016 次世代カーテクノロジーの本命予測

調査概要

調査テーマ

『中国車載電装部品におけるサプライチェーン調査 2016』

調査目的

本調査資料は、自動車市場の中で成長が著しい中国市場に着目し、中国完成車メーカーおよび中国情報通信システムメーカー、日欧電装品メーカーの中国現地法人および中国電装品メーカーのビジネス現況、サプライチェーンの動向を把握することを調査目的とした。

調査対象企業

中国完成車メーカー 8社 第一汽車(FAW)
東風汽車(Dongfeng Motor)
上海汽車(SAIC Motor)
長安汽車(Changan Automobile)
北京汽車(BAW)
長城汽車(Great Wall Motor)
吉利汽車(Geely Automobile)
比亜迪汽車(BYD Auto)
中国情報通信機器
メーカー
4社 航盛電子(Hangsheng)
徳賽西威(Desay)
華陽集団(Foryou)
路暢科技(Roadrover)
電装機器メーカー 8社 亜太電気(Asia-Pacific Mechanical&Electronics)
易力達(Elite Electro Mechanical)
上海保隆(Baolong Automotive)
星宇車灯(Xingyu Automotive Lighting Systems)
デンソー(中国法人)
Bosch(中国法人)
Continental(中国法人)
Valeo(中国法人)
合計 20社

調査項目

 〈中国自動車メーカー〉
  1.企業概要
  2.グループ内での自動車関連企業の概要
  3.乗用車販売台数(2014~2016、2018、2020、2025年)
  4.自社ブランドでの乗用車ラインアップ
  5.中国国内R&D拠点
  6.部品、システムの購買拠点
  7.購買方針
  8.主要システム別採用Tier1メーカー
  9.採用部品、採用システムにおける中国メーカーの採用動向
  10.次世代技術の開発動向
  11.海外戦略
 
 〈中国情報通信機器メーカー〉
  1.企業概要
  2.中国拠点の概要
  3.情報通信機器の販売状況
  4.情報通信機器におけるサプライチェーンの動向
  5.購買方針
  6.自動車メーカーへのサプライチェーン
  7.自動車メーカー向けの製品トレンド
 
 〈電装機器メーカー〉
  1.企業概要
  2.中国拠点の概要
  3.カーエレクトロニクス関連事業の変遷
  4.カーエレクトロニクス製品の販売実績と将来予測
  5.カーエレクトロニクス製品におけるサプライチェーン
  6.購買方針
  7.自動車メーカーへのサプライチェーン
  8.自動車メーカー向け製品の開発トレンド

調査方法

株式会社富士キメラ総研および北京凱美莱信息咨訊有限公司の専門調査員による直接面接を基本としたヒアリング取材を実施したほか、弊社データベースや関連団体による基礎情報などを活用することにより総合的かつ客観的な調査・分析を行った。

調査期間

2016年4月~2016年7月

調査担当

株式会社富士キメラ総研 第二研究開発部門 北京凱美莱信息咨訊有限公司

目次

I.総括(1)

  • 1.中国電装部品のサプライチェーン動向(3)
  • 2.中国自動車販売動向(10)
  • 3.中国自動車生産動向(21)
  • 4.中国自動車メーカーの車種トレンド(28)
  • 5.中国の燃費/排出ガス規制動向と中国自動車メーカーの燃費改善動向(33)
  • 6.日米欧Tier1メーカーの中国進出状況(39)
  • 7.中国自動車メーカーにおけるTier1の採用動向(45)
  • 8.中国自動車メーカー向け部品、システム、材料のトレンド(52)
  • 9.中国情報通信機器メーカーのメーカー別出荷台数規模推移(55)
  • 10.情報通信機器における中国自動車メーカー向けの特徴、日欧米メーカー向けとの差異(59)

II.中国自動車メーカー企業事例(61)

  • 1.第一汽車(63)
  • 2.東風汽車(72)
  • 3.上海汽車(81)
  • 4.長安汽車(89)
  • 5.北京汽車(97)
  • 6.長城汽車(107)
  • 7.吉利汽車(114)
  • 8.比亜迪汽車(123)

III.中国情報通信機器メーカー企業事例(131)

  • 1.航盛電子(133)
  • 2.徳賽西威(138)
  • 3.華陽集団(143)
  • 4.路暢科技(148)

IV.電装機器メーカー企業事例(153)

  • 1.亜太機電(155)
  • 2.易力達(159)
  • 3.上海保隆(163)
  • 4.星宇車灯(167)
  • 5.デンソー(171)
  • 6.Bosch(179)
  • 7.Continental(187)
  • 8.Valeo(194)

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(33,000円 [税別 30,000円])及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ