2016 半導体関連プレーヤーの最新動向調査

2016 半導体関連プレーヤーの最新動向調査

価格 209,000円(税抜 190,000円) 出版社 富士キメラ総研
発刊日 2016年8月22日 体裁 A4版 293ページ
備考 こちらの調査資料にはCD-ROM付価格 210,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
 ・2017年 エンプラ市場の展望とグローバル戦略
 ・2016年版 HEV,EV関連市場徹底分析調査

調査概要

調査テーマ

『2016 半導体関連プレーヤーの最新動向調査』

調査目的

本調査資料は、半導体に関わる企業の製品戦略や投資動向およびアライアンスなどについて調査し、当該事業展開のための有用な情報を提供することを目的とした。

調査対象企業

IDM 21社 ams、Analog Devices、Broadcom、Cree、Infineon Technologies、Intel、Micron Technology、NXP Semiconductors、ON Semiconductor、Samsung Electronics、SanDisk、SK hynix、STMicroelectronics、ソニー、デンソー、東芝、富士電機、三菱電機、村田製作所、ルネサス エレクトロニクス、ローム
ファブレスLSIメーカー 8社 Datang Semiconductor Design、GalaxyCore Shanghai、MediaTek、NVIDIA、OmniVision Technologies、Qualcomm、Unigroup Spreadtrum&RDA、Xilinx
ファウンドリー 7社 GLOBALFOUNDRIES、Semiconductor Manufacturing International Corporation、Shanghai Huali Microelectronics、Taiwan Semiconductor Manufacturing Company、Tower Semiconductor、United Microelectronics Corporation、Wuhan Xinxin Semiconductor Manufacturing
OSAT 7社 Advanced Semiconductor Engineering、Amkor Technology、Jiangsu Changjiang Electronics Technology、Powertech Technology、Siliconware Precision Industries、アオイ電子、
ジェイデバイス

調査項目

 1) 企業プロフィール
  (1) フェイスシート
  (2) 業績
 2) 半導体事業の状況
  (1) 半導体製品ラインアップ
  (2) 半導体事業の製品別売上状況
  (3) 製品の特徴および注力分野
 3) 生産状況
  (1) 主要拠点
  (2) 投資動向、ラインの活用状況
  (3) ウェハサイズ別生産数量
  (4) プロセスルール別生産数量
  (5) 主要製品における生産プロセスの方向性
 4) 主要半導体製品の事業状況
 5) 主要な設備・部材の調達状況
 6) 主な生産委託/アライアンスの状況
  (1) 主な生産委託/受託関係
  (2) アライアンスの状況

調査方法

株式会社富士キメラ総研の専門調査員による面接を基本としたヒアリング取材を実施したほか、弊社データベースや関連団体の基礎情報などの活用により総合的かつ客観的な調査・分析を行った。

調査期間

2016年6月~8月

調査担当

株式会社富士キメラ総研 第一研究開発部門

目次

I.総括と注目トピックス(1)

  • 1.半導体業界の市場規模と将来展望(3)
  • 2.中国を中心とした半導体業界の動向とアライアンス(9)
  • 3.IDMの投資動向(13)
  • 4.ファウンドリーの生産状況と投資動向(14)
  • 5.主要OSATのFO-WLPの開発および投資動向(16)
  • 6.メモリー業界の微細化、3D NANDによる大容量化動向(19)
  • 7.10nm以下の超微細プロセスにおける投資動向(26)
  • 8.IoTおよび自動運転向け注目デバイスの開発動向(28)
  • 9.車載半導体における大口径化・微細化動向(30)
  • 10.半導体業界における主要なM&A・提携動向(31)
  • 11.工程別投資動向(35)
  • 12.6in、8inラインの利活用状況(38)
  • 13.取り扱い製品一覧(40)
  • 14.ライン一覧(41)

II.企業事例(51)

  • 1.IDM(53)
  • 1.1 Intel(55)
  • 1.2 Samsung El.(61)
  • 1.3 Micron(69)
  • 1.4 SK hynix(77)
  • 1.5 Infineon(84)
  • 1.6 NXP(91)
  • 1.7 Broadcom(101)
  • 1.8 ON Semiconductor(107)
  • 1.9 SanDisk(113)
  • 1.10 STMicroelectronics(118)
  • 1.11 Analog Devices(124)
  • 1.12 ams(128)
  • 1.13 Cree(132)
  • 1.14 東芝(137)
  • 1.15 ソニー(143)
  • 1.16 富士電機(149)
  • 1.17 ローム(155)
  • 1.18 ルネサス エレクトロニクス(161)
  • 1.19 三菱電機(167)
  • 1.20 村田製作所(174)
  • 1.21 デンソー(179)
  • 2.ファブレスLSIメーカー(181)
  • 2.1 Qualcomm(183)
  • 2.2 MediaTek(188)
  • 2.3 Xilinx(192)
  • 2.4 NVIDIA(196)
  • 2.5 Spreadtrum&RDA(200)
  • 2.6 Datang Semiconductor(205)
  • 2.7 OmniVision(211)
  • 2.8 GalaxyCore(216)
  • 3.ファウンドリー(221)
  • 3.1 TSMC(223)
  • 3.2 GLOBALFOUNDRIES(229)
  • 3.3 UMC(234)
  • 3.4 SMIC(239)
  • 3.5 TowerJazz(244)
  • 3.6 HLMC(249)
  • 3.7 XMC(254)
  • 4.OSAT(259)
  • 4.1 ASE(261)
  • 4.2 Amkor(266)
  • 4.3 SPIL(271)
  • 4.4 PTI(276)
  • 4.5 JCET(281)
  • 4.6 ジェイデバイス(286)
  • 4.7 アオイ電子(290)

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(33,000円 [税別 30,000円])及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ