データセンタービジネス市場調査総覧 2017年版 上巻:市場編

データセンタービジネス市場調査総覧 2017年版 上巻:市場編

価格 132,000円(税抜 120,000円) 出版社 富士キメラ総研
発刊日 2017年3月2日 体裁 A4版 199ページ
備考 こちらの調査資料にはCD-ROM付価格 140,000円+税、集計ファイルセット価格 160,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
 ・データセンタービジネス市場調査総覧 2017年版 下巻:ベンダ-戦略/ユーザー実態編
 ・2017 クラウドコンピューティングの現状と将来展望

調査概要

調査テーマ

『データセンタービジネス市場調査総覧 2017年版 《上巻:市場編》』

調査目的

本調査資料は、データセンターサービス市場や関連製品投資動向などを把握する「上巻:市場編」とデータセンター事業者の戦略動向ならびにユーザー企業におけるデータセンター利用動向を把握する「下巻:ベンダー戦略/ユーザー実態編」の2分冊とした。

上巻では、データセンタービジネスで提供されるサービスの動向や、サービスを提供するにあたって必要な関連製品の市場動向を明らかにすることで、データセンタービジネス市場の今後の方向性を把握することを目的とした。

調査対象

■調査対象品目

1.データセンターサービス   8サービス
 ホスティング(基本)、ホスティング(アウトソーシング)、IaaS/PaaS、ハウジング(基本)、ハウジング(アウトソーシング)、通信回線サービス、共同利用、DinD

 

2.データセンター関連製品   13製品
 サーバー、ストレージ、ルーター/スイッチ、サーバーラック、パッケージエアコン、ターボ冷凍機、チラー、UPS(無停電電源装置)、インテリジェントPDU、PDU/PDP、DCIM、非常用発電機(ディーゼル/ガスタービン)、ビル型データセンター

調査方法

株式会社富士キメラ総研専門調査員による直接面接を基本としたヒアリング取材を実施したほか、弊社データベースや関連団体による基礎情報などを活用することにより総合的かつ客観的な調査・分析を行った。

調査期間

2016年10月~2017年3月

調査担当

株式会社富士キメラ総研 第二研究開発部門

目次

I.総括編(1)

  • 1.データセンタービジネス市場の展望(3)
  • 1)市場展望(3)
  • 2)地域別市場規模推移(3)
  • 3)メガクラウドベンダー向けデータセンター需要(3)
  • 4)NewICTがもたらすデータセンター需要(3)
  • 2.市場規模推移(5)
  • 1)全体市場(5)
  • 2)事業者カテゴリー別(7)
  • 3)業種別(8)
  • 4)企業規模別(9)
  • 5)地域別(10)
  • 3.全国データセンター分布(11)
  • 1)データセンター分布図(11)
  • 2)地域別データセンター立地概要(12)
  • 3)全国の主要データセンター概要(13)
  • 4)地方データセンター市場展望(22)
  • 5)地方データセンター建設動向(23)
  • 6)地域別データセンターのビジネス動向およびビジネス戦略(24)
  • 7)地域別データセンター市場分析(25)
  • 8)データセンターの新設計画(38)
  • 4.データセンターサービス価格動向(42)
  • 1)ハウジング価格動向(42)
  • 2)コロケーション価格動向(53)
  • 5.新設データセンターの需給状況(55)
  • 1)新設データセンターの稼働率推移(55)
  • 2)年代別データセンターの需給状況(56)
  • 6.データセンターのサービス面積推移(60)
  • 1)事業者カテゴリー別(60)
  • 2)地域別(63)
  • 3)竣工年代別(65)
  • 7.データセンターの電力スペック動向(66)
  • 1)データセンターにおける電力の位置付け(66)
  • 2)電力スペック別データセンター推移(66)
  • 3)利用電力別稼働ラック推移(67)
  • 8.データセンター関連コスト分析(68)
  • 1)データセンター建設コストの推移と展望(68)
  • 2)データセンター運営コスト(71)
  • 9.設備投資動向(72)
  • 1)全体(72)
  • 2)ITプロダクト(73)
  • 3)ファシリティ(75)
  • 4)データセンター建築物(77)
  • 10.データセンター事業者一覧(78)

II.データセンター周辺環境編(85)

  • 1.メガクラウドベンダー向けデータセンター需要(87)
  • 1)定義(87)
  • 2)市場動向(87)
  • 3)サービス別新規純増稼働ラック数(88)
  • 4)メガクラウドベンダー別稼働ラック数(89)
  • 2.NewICTがもたらすデータセンター需要(90)
  • 1)データセンター市場におけるIoT需要(90)
  • 2)データセンター市場における人工知能関連需要(93)
  • 3)データセンター市場におけるFinTech需要(97)
  • 3.データセンターに関わる法制度の実態と整備(101)
  • 1)概要(101)
  • 2)データセンター地域分散化に関する支援施策(101)
  • 3)大規模事業所への温室効果ガス排出総量削減義務と排出量取引制度(103)
  • 4)東京都中小規模事業所のクラウド利用による省エネ支援事業(クラウド化支援事業)(105)
  • 5)データセンターに関する指標(107)
  • 6)国内の電気料金の推移(109)
  • 4.データセンターの老朽化とその対応(110)
  • 1)老朽化データセンターのサーバールーム面積推移(110)
  • 2)老朽化データセンターへの対策のメリットおよびデメリット(111)
  • 3)主要データセンター事業者の老朽化対策状況一覧(112)
  • 4)老朽化データセンターリプレース市場(114)
  • 5)エンドユーザー所有の老朽化データセンター(115)
  • 5.データセンターとオンプレミス環境の稼働サーバー推移動向(116)
  • 1)概要(116)
  • 2)データセンター内稼働サーバー台数とオンプレミス稼働サーバー台数推移(117)

III.データセンターサービス編(119)

  • A-1.ホスティング(121)
  • A-1-1.ホスティング(基本)(124)
  • A-1-2.ホスティング(アウトソーシング)(127)
  • A-2.IaaS/PaaS(130)
  • A-3.ハウジング(133)
  • A-3-1.ハウジング(基本)(136)
  • A-3-2.ハウジング(アウトソーシング)(139)
  • A-4.通信回線サービス(142)
  • A-5.共同利用(145)
  • A-6.DinD(150)

IV.製品編(153)

  • B-1.サーバー(155)
  • B-2.ストレージ(159)
  • B-3.ルーター/スイッチ(163)
  • B-4.サーバーラック(169)
  • B-5.パッケージエアコン(173)
  • B-6.ターボ冷凍機(175)
  • B-7.チラー(177)
  • B-8.UPS(無停電電源装置)(180)
  • B-9.インテリジェントPDU(184)
  • B-10.PDU/PDP(187)
  • B-11.DCIM(191)
  • B-12.非常用発電機(ディーゼル/ガスタービン)(194)
  • B-13.ビル型データセンター(197)

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(33,000円 [税別 30,000円])及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ