2018 次世代スマートフォンとキーデバイス市場の将来展望

2018 次世代スマートフォンとキーデバイス市場の将来展望

価格 150,000円+税 出版社 富士キメラ総研
発刊日 2018年3月28日 体裁 A4版 250ページ
備考 こちらの調査資料には書籍版+PDF版セット 170,000円+税、ネットワークパッケージ版 300,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
 ・2018 タッチパネル/フレキシブルディスプレイと構成部材市場の将来展望
 ・次世代カード/スマートペイメント関連ビジネス市場調査要覧 2018

調査概要

調査テーマ

『2018 次世代スマートフォンとキーデバイス市場の将来展望』

調査目的

本市場調査資料では、スマートフォン市場と、スマートフォンとともに注目されるモバイル機器であるタブレット、ウェアラブル機器市場、それらのキーデバイス市場を調査し、今後のモバイル機器におけるデバイストレンドを明らかにすることにより、当該事業展開のための有用な情報を提供することを目的とした。

調査対象

1) 調査対象品目

アプリケーション6品目スマートフォン、フィーチャーフォン、タブレット、データ通信モジュール、リスト型ウェアラブル機器、スマートグラス
モバイル機器向けキーデバイスRFデバイス3品目SAW/BAWデバイス、パワーアンプ、RFモジュール
情報処理/メモリー6品目ベースバンドプロセッサー、アプリケーションプロセッサー、DRAM、NAND、NOR、NFCチップ
カメラ4品目小型カメラモジュール、イメージセンサー、レンズユニット、光学フィルター
ディスプレイ4品目LCD、OLED、マイクロLEDディスプレイ、タッチパネル
バッテリー2品目リチウムイオン二次電池、ワイヤレス充電
基材/受動部品3品目ビルドアッププリント配線板、フレキシブルプリント配線板、積層セラミックコンデンサー
センサー3品目指紋センサー、センシング用光学カメラモジュール、アクティブ・スタイラスペン
小計25品目-
基地局関連基地局2品目マクロセル基地局、スモールセル基地局
基地局向け
キーデバイス
5品目基地局用アンテナ、RRH、BBU、基地局向けGaNパワーアンプ、高多層基板
小計7品目-
合計38品目-

2) 調査対象企業

■アプリケーションメーカー
 ソニーモバイル、Apple、Huawei、Lenovo、LG El.、OPPO、Samsung El.、vivo、Xiaomi、ZTE、ほか

■RFデバイスメーカー
 太陽誘電モバイルテクノロジー、村田製作所、Broadcom、Qorvo、Skyworks、ほか

■情報処理/メモリーメーカー
 東芝メモリ、HiSilicon、Intel、MediaTek、Micron、NXP Semiconductors、Qualcomm、Samsung El.、SK hynix、STMicroelectronics、ほか

■カメラメーカー
 旭硝子、シャープ、ソニー、Foxconn、GalaxyCore、JSR、LG Innotek、Lite-On、O-FILM、OmniVision、PTOT、Q TECH、Samsung El.、SEMCO、Sunny、W-OLF、ZCOほか

■ディスプレイメーカー
 ジャパンディスプレイ、シャープ、AUO、BOE、CPT、EverDisplay、HannStar、Innolux、LG Display、Samsung Display、Tianma、Truly、ほか

■バッテリーメーカー
 パナソニック、村田製作所、ATL、LG Chem、Lishen、Samsung SDI、ほか

■ 基材/受動部品メーカー
 イビデン、住友電気工業、TDK、日本メクトロン、メイコー、AT&S、Compeq、InterFlex、SEMCO、SI-Flex、TTM Technologies、Unimicron、Zhen Ding Technology、 ほか

■センサーメーカー
 シャープ、ワコム、Apple 、Egis Technology、Figerprint Cards、Goodix、Partron、ほか

■基地局メーカー
 NEC、富士通、Ericsson、Huawei、Nokia、Samsung El.、ZTE ほか

■基地局向けキーデバイスメーカー
 住友電工デバイス・イノベーション、三菱電機、CommScope、Ericsson、Huawei、ISU Petasys 、Mobi、Nokia、NXP Semiconductors、 Tongyu、TTM Technologies、ほか

3) 調査対象地域

 日本、中国、アジア(台湾、韓国、フィリピン、タイ、マレーシア、ベトナム、インドネシア、インド、その他)、北米、中南米(メキシコ、ブラジル、その他)、欧州(西欧、ロシア含む東欧)、その他(アフリカ、オセアニア、中近東、トルコ、その他)

調査項目

1) アプリケーション・基地局
 1. 製品概要
 2. ワールドワイド市場動向
  1) 市場概況
  2) 市場規模推移・予測 (2016年実績~2022年予測)
  3) 通信機能対応製品比率推移 (2016年実績~2022年予測)
  4) 5G対応時期と用途
 3. 地域別ウェイト(2017年実績/2018年見込)
 4. メーカーシェア(2017年実績/2018年見込)
 5. 主要参入メーカーおよびメーカー動向
 6. 技術動向と業界トレンド

2) モバイル機器向け/基地局向けキーデバイス
 1. 製品概要
 2. ワールドワイド市場動向
  1) 市場概況
  2) 市場規模推移・予測 (2016年実績~2022年予測)
 3. 用途別ウェイト(2017年実績/2018年見込)
 4. タイプ別ウェイト(2017年実績/2018年見込)
 5. 価格動向 (2018年Q1/2019年Q1時点)
 6. メーカーシェア (2017年実績/2018年見込)
 7. 納入関係 (2018年Q1時点)
 8. メーカー動向
  1) 主要参入メーカーの動向
  2) 中国メーカーの動向
 9. 技術動向
  1) 技術ロードマップ
  2) 5G導入時のスペック、マテリアルの変化

調査方法

株式会社富士キメラ総研の専門調査員による面接を基本としたヒアリング取材を実施したほか、弊社データベースや関連団体の基礎情報などを活用することにより総合的かつ客観的な調査・分析を行った。

調査期間

2018年1月~2018年3月

調査担当

株式会社富士キメラ総研 第一部門

目次

1.0 総括編(1)

  • 1.1 総括(3)
  • 1.1.1 ワールドワイドにおける携帯電話/基地局/キーデバイスの市場展望(3)
  • 1.1.2 ポストスマートフォンを実現する注目デバイス(9)
  • 1.1.3 5G導入により影響を受けるデバイス(11)
  • 1.1.4 中国メーカーによるキーデバイス内製化とその影響(13)
  • 1.2 アプリケーション市場動向(16)
  • 1.2.1 モバイル機器の市場規模推移(16)
  • 1.2.2 5G通信対応機器の市場規模推移(18)
  • 1.2.3 スマートフォンメーカーの動向(20)
  • 1.2.4 地域別スマートフォン市場規模推移(24)
  • 1.2.5 カテゴリー別スマートフォン市場規模推移(26)
  • 1.2.6 新興国におけるローカルスマートフォンメーカー(29)
  • 1.3 LTE/5Gの周波数、ネットワーク動向(32)
  • 1.3.1 モバイル機器で使用される周波数一覧(32)
  • 1.3.2 LTE/5G高速化のロードマップ(34)
  • 1.3.3 LTE/5Gネットワーク構成比較(36)
  • 1.3.4 主要国/地域別5Gロードマップ(40)
  • 1.3.5 5Gの有望用途とトラフィック増加傾向の予測(43)
  • 1.4 キーデバイス動向(45)
  • 1.4.1 CPU微細化とパッケージトレンド(45)
  • 1.4.2 メモリー市場における微細化の方向性(53)
  • 1.4.3 モバイルカメラの高機能化と3Dセンシングの動向(55)
  • 1.4.4 モバイル機器向けディスプレイの最新動向(57)
  • 1.4.5 各種本人認証技術の搭載動向(65)
  • 1.4.6 モバイル決済の動向(67)
  • 1.4.7 携帯電話向け筐体材料の変遷(68)

2.0 アプリケーション(71)

  • 2.1 スマートフォン(73)
  • 2.2 フィーチャーフォン(78)
  • 2.3 タブレット(80)
  • 2.4 データ通信モジュール(83)
  • 2.5 リスト型ウェアラブル機器(85)
  • 2.6 スマートグラス(89)

3.0 モバイル機器向けキーデバイス(93)

  • 3.1 RFデバイス(95)
  • 3.1.1 SAW/BAWデバイス(95)
  • 3.1.2 パワーアンプ(99)
  • 3.1.3 RFモジュール(104)
  • 3.2 情報処理/メモリー(108)
  • 3.2.1 ベースバンドプロセッサー(108)
  • 3.2.2 アプリケーションプロセッサー(113)
  • 3.2.3 DRAM(117)
  • 3.2.4 NAND(122)
  • 3.2.5 NOR(127)
  • 3.2.6 NFCチップ(131)
  • 3.3 カメラ(136)
  • 3.3.1 小型カメラモジュール(136)
  • 3.3.2 イメージセンサー(141)
  • 3.3.3 レンズユニット(146)
  • 3.3.4 光学フィルター(151)
  • 3.4 ディスプレイ(155)
  • 3.4.1 LCD(155)
  • 3.4.2 OLED(164)
  • 3.4.3 マイクロLEDディスプレイ(173)
  • 3.4.4 タッチパネル(177)
  • 3.5 バッテリー(184)
  • 3.5.1 リチウムイオン二次電池(184)
  • 3.5.2 ワイヤレス充電(189)
  • 3.6 基材/受動部品(193)
  • 3.6.1 ビルドアッププリント配線板(193)
  • 3.6.2 フレキシブルプリント配線板(199)
  • 3.6.3 積層セラミックコンデンサー(206)
  • 3.7 センサー(210)
  • 3.7.1 指紋センサー(210)
  • 3.7.2 センシング用光学モジュール(214)
  • 3.7.3 アクティブ・スタイラスペン(218)

4.0 基地局関連(223)

  • 4.1 基地局(225)
  • 4.1.1 マクロセル基地局(225)
  • 4.1.2 スモールセル基地局(229)
  • 4.2 基地局向けキーデバイス(232)
  • 4.2.1 基地局用アンテナ(232)
  • 4.2.2 RRH(236)
  • 4.2.3 BBU(240)
  • 4.2.4 基地局向けGaNパワーアンプ(244)
  • 4.2.5 高多層基板(247)

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ