ソフトウェアビジネス新市場 (2018年版)

ソフトウェアビジネス新市場 (2018年版)

価格 165,000円(税抜 150,000円) 出版社 富士キメラ総研
発刊日 2018年7月3日 体裁 A4版 260ページ
備考 こちらの調査資料には書籍版+PDF版セット 170,000円+税、書籍版+PDF/集計ファイル版セット 190,000円+税、ネットワークパッケージ版 300,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
 ・2018 5G/高速・大容量通信を実現するコアテクノロジーの将来展望
 ・2018 次世代スマートフォンとキーデバイス市場の将来展望

調査概要

調査テーマ

『ソフトウェアビジネス新市場 2018年版』

調査目的

企業の情報システムを構成する技術として重要なソフトウェア市場において、「パッケージ」「SaaS」の二つの提供形態別市場動向を詳細に把握することで、ソフトウェアビジネスに関する戦略立案・遂行に必要なマーケティングデータの提供を目的とした。

具体的には、主要な企業向けソフトウェアについて、国内販売数量、販売金額、市場占有率など主要ベンダーにおける定量データの把握、今後の市場展望ならびにその要因を客観的かつ多角的に把握した。

調査対象

カテゴリー調査対象品目数
A.業務システム9製品
B.デジタルマーケティング6製品
C.情報分析3製品
D.コラボレーション11製品
E.ミドルウェア11製品
F.データベース2製品
G.運用・管理ツール3製品
H.基本ソフト5製品
合計50製品

調査項目

 1.市場規模推移
 2.ユーザー別市場動向(2017年度実績)
 3.市場占有率推移
 4.主要ベンダーの戦略
 5.主要製品/サービス一覧

調査方法

株式会社富士キメラ総研専門調査員による直接面接を基本としたヒアリング取材を実施したほか、弊社データベースや関連団体による基礎情報などを活用することにより総合的かつ客観的な調査・分析を行った。

調査期間

2018年3月~2018年6月

調査担当

株式会社富士キメラ総研 第二部門

備考

[本市場調査資料について]

■略語・略称・単語一覧(表記について)〈会社名〉

文章中の略称正式名称
NTTアドバンステクノロジ エヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ
NTTコミュニケーションズエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ
NTTデータ エヌ・ティ・ティ・データ
NTTデータ イントラマートエヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート
NTTデータビジネスブレインズエヌ・ティ・ティ・データビジネスブレインズ
NTT西日本西日本電信電話
NTTネオメイトエヌ・ティ・ティ ネオメイト
NTT東日本東日本電信電話
NTTレゾナントエヌ・ティ・ティレゾナント
日本IBM日本アイ・ビー・エム

〈製品名〉

文章中の略称正式名称
AccessMicrosoft Access
AWSAmazon Web Services
AzureMicrosoft Azure
ExcelMicrosoft Excel
WordMicrosoft Word

〈その他〉

文章中の略称正式名称
AIArtificial intelligence
APIApplication Programming Interface
BCPBusiness Continuity Plan
BIBusiness Intelligence
BPMBusiness Process Management
BPOBusiness Process Outsourcing
BtoBBusiness to Business
BtoCBusiness to Consumer
CAGRCompound Average Growth Rate
CMSContents Management System
CPUCentral Processing Unit
CRMCustomer Relationship Management
CTIComputer Telephony Integration
CXCustomer Experience
DBDatabase
DRDisaster Recovery
DWHData Warehouse
EAIEnterprise Application Integration
ECElectronic Commerce
ECMEnterprise Contents Management
EDIElectronic Data Interchange
ERPEnterprise Resource Planning
ESBEnterprise Service Bus
ETLExtract/Transform/Load
IaaSInfrastructure as a Service
IFRSInternational Financial Reporting Standards
IoTInternet of Things
M&AMergers and Acquisitions
MDMMaster Data Management
MPPMassively Parallel Processor
NACCSNippon Automated Cargo and Port Consolidated System
NASNetwork Attached Storage
OEMOriginal Equipment Manufacturer
OSOperating System
OSSOpen Source Software
PaaSPlatform as a Service
PCPersonal Computer
POSPoint Of Sales system
RDBMSRelational Database Management System
ROIReturn On Investment
RPARobotic Process Automation
SaaSSoftware as a Service
SANStorage Area Network
SBCServer Based Computing
SDNSoftware-Defined Networking
SDSSoftware Defined Storage
SEOSearch Engine Optimization
SFASales Force Automation
SNSSocial Networking Service
SoESystems of Engagement
SoRSystems of Record
UIUser Interface
VDIVirtual Desktop Infrastructure
VOCVoice of Customer
WebEDIWeb Electronic Data Interchange

■製品カテゴリー定義

カテゴリー品目名
A.業務システムA-1大規模企業向けERP
A-2中規模企業向けERP
A-3財務・会計ソフト
A-4連結会計ソフト
A-5人事・給与ソフト
A-6勤怠管理ソフト
A-7経費精算ソフト
A-8販売・在庫管理ソフト
A-9生産管理ソフト
B.デジタルマーケティングB-1CMS
B-2ECサイト構築ツール
B-3マーケティングオートメーション
B-4メール配信ツール
B-5CRM(営業系)
B-6CRM(コンタクトセンター系)
C.情報分析C-1BIツール
C-2データマイニングツール
C-3テキストマイニングツール
D.コラボレーションD-1グループウェア
D-2ワークフロー
D-3文書管理ツール/ECM
D-4ファイル共有サービス
D-5プロジェクト管理ツール
D-6検索エンジン
D-7電子帳票関連ツール(設計・出力)
D-8電子帳票関連ツール(運用・保存)
D-9Web会議
D-10ビジネスチャット
D-11OCRソフトウェア
E.ミドルウェアE-1アプリケーションサーバー基盤
E-2EAI/ESB
E-3BPM
E-4ETLツール
E-5EDIツール
E-6ファイル転送ツール
E-7Hadoop関連製品
E-8CTI
E-9BRMS
E-10RPAツール
E-11API管理ツール
F.データベースF-1RDBMS
F-2DWH用DB
G.運用・管理ツールG-1運用管理ツール
G-2バックアップ管理ツール
G-3ストレージ管理ツール
H.基本ソフト系H-1サーバー仮想化ソフト
H-2デスクトップ仮想化ソフト
H-3端末エミュレーター
H-4クラスタリングソフト
H-5高速開発支援ツール

目次

I.総括編(1)

  • 1.ソフトウェア市場の現状と将来展望(3)
  • 2.有望市場分析(5)
  • 3.ソフトウェア市場におけるAPIエコノミー(14)

II.集計編(19)

  • 1.市場規模推移(21)
  • 2.品目別市場占有率推移(29)

III.市場編(37)

  • A.業務システム(39)
  • A-1.大規模企業向けERP(40)
  • A-2.中規模企業向けERP(44)
  • A-3.財務・会計ソフト(49)
  • A-4.連結会計ソフト(54)
  • A-5.人事・給与ソフト(57)
  • A-6.勤怠管理ソフト(62)
  • A-7.経費精算ソフト(67)
  • A-8.販売・在庫管理ソフト(71)
  • A-9.生産管理ソフト(75)
  • B.デジタルマーケティング(79)
  • B-1.CMS(80)
  • B-2.ECサイト構築ツール(85)
  • B-3.マーケティングオートメーション(90)
  • B-4.メール配信ツール(95)
  • B-5.CRM(営業系)(99)
  • B-6.CRM(コンタクトセンター系)(103)
  • C.情報分析(107)
  • C-1.BIツール(108)
  • C-2.データマイニングツール(113)
  • C-3.テキストマイニングツール(117)
  • D.コラボレーション(123)
  • D-1.グループウェア(124)
  • D-2.ワークフロー(130)
  • D-3.文書管理ツール/ECM(135)
  • D-4.ファイル共有サービス(139)
  • D-5.プロジェクト管理ツール(144)
  • D-6.検索エンジン(148)
  • D-7.電子帳票関連ツール(設計・出力)(153)
  • D-8.電子帳票関連ツール(運用・保存)(157)
  • D-9.Web会議(161)
  • D-10.ビジネスチャット(166)
  • D-11.OCRソフトウェア(170)
  • E.ミドルウェア(175)
  • E-1.アプリケーションサーバー基盤(176)
  • E-2.EAI/ESB(179)
  • E-3.BPM(183)
  • E-4.ETLツール(187)
  • E-5.EDIツール(191)
  • E-6.ファイル転送ツール(196)
  • E-7.Hadoop関連製品(200)
  • E-8.CTI(204)
  • E-9.BRMS(208)
  • E-10.RPAツール(211)
  • E-11.API管理ツール(215)
  • F.データベース(219)
  • F-1.RDBMS(220)
  • F-2.DWH用DB(224)
  • G.運用・管理ツール(229)
  • G-1.運用管理ツール(230)
  • G-2.バックアップ管理ツール(235)
  • G-3.ストレージ管理ツール(240)
  • H.基本ソフト(243)
  • H-1.サーバー仮想化ソフト(244)
  • H-2.デスクトップ仮想化ソフト(247)
  • H-3.端末エミュレーター(251)
  • H-4.クラスタリングソフト(254)
  • H-5.高速開発支援ツール(257)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(33,000円 [税別 30,000円])及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ