2018 デジタルトランスフォーメーション市場の将来展望

2018 デジタルトランスフォーメーション市場の将来展望

価格 180,000円+税 出版社 富士キメラ総研
発刊日 2018年7月20日 体裁 A4版 295ページ
備考 こちらの調査資料には書籍版+PDF版セット 200,000円+税、書籍版+PDF/集計ファイル版セット 250,000円+税、ネットワークパッケージ版 360,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
 ・ソフトウェアビジネス新市場 (2018年版)
 ・2018 5G/高速・大容量通信を実現するコアテクノロジーの将来展望

調査概要

調査テーマ

『2018 デジタルトランスフォーメーション市場の将来展望』

調査目的

本市場調査資料ではデジタルトランスフォーメーション(DX)ビジネスの市場動向、デジタルトランスフォーメーションビジネスに取り組む参入企業のビジネス戦略およびユーザー動向から、当該ビジネスを総合的に分析することで、当該ビジネス立案を行う企業に役立つ情報を提供することを目的とした。

調査対象

カテゴリー調査対象対象数
業界別市場動向編製造、流通、金融、情報通信、医療/介護、交通/運輸、その他業種7業界
基盤技術動向編AI基盤、自然言語処理、画像処理、感情認識、IoTプラットフォーム、RPA、ブロックチェーン、AR/VR、音声処理、クラウドコンピューティング、量子コンピューティング、IoTセキュリティ、サービスロボット、5G、API15技術
ソリューションベンダー編デジタルトランスフォーメーション市場参入企業16社

調査項目

 〈業界別市場動向編〉
  1.調査対象市場の定義/範囲
  2.実証実験/導入事例
  3.ロードマップ
  4.投資規模推移
  5.投資部門別動向
  6.DX関連技術採用動向
  7.DXによって創出される価値
  8.主要ベンダー動向
  9.注目ベンダーの取り組み
  10.DX対応ソリューション一覧
 
 〈基盤技術動向編〉
  1.技術概要
  2.関連省庁の施策動向
  3.市場動向
  4.主要な業界団体/標準化団体、研究機関の取り組み
  5.主要参入事業者一覧
 
 〈ソリューションベンダー編〉
  1.企業プロフィール
  2.DXビジネスの位置付け/ビジネスモデル
  3.保有技術
  4.DX関連ソリューション
  5.DX関連売上
  6.導入目的別見解
  7.関連事業体制
  8.業種/注目市場別取り組み状況/注力度
  9.実証実験/導入事例
  10.DX関連ビジネスの課題/今後の方向性

調査方法

株式会社富士キメラ総研専門調査員による直接面接を基本としたヒアリング取材を実施したほか、弊社データベースや関連団体による基礎情報などを活用することにより総合的かつ客観的な調査・分析を行った。ユーザー調査については、Webアンケートによる調査を実施した。

調査期間

2018年4月~2018年7月

調査担当

株式会社富士キメラ総研 第二部門

備考

[本調査資料について]
■略語・略称・単語一覧(表記について)

正式名称文章中の略称
エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズNTTコミュニケーションズ
エヌ・ティ・ティ・データNTTデータ
デジタルトランスフォーメーションDX(「1部の項目名などについては「デジタルトランスフォーメーション」を用いている)
日本アイ・ビー・エム日本IBM
Artificial Intelligence/人工知能AI
Amazon Web ServicesAWS
Business Intelligence BI
Central Processing UnitCPU
Closed Circuit TelevisionCCTV
Convolutional Neural NetworkCNN
Compound Average Growth RateCAGR
Computer Aided EngineeringCAE
Customer Relationship Management CRM
Data WarehouseDWH
Electronic Commerce(電子商取引)EC(eコマース)
Enterprise Resource Planning ERP
Financial technologyFinTech
Geographical Information SystemGIS
Graphics Processing UnitGPU
Hewlett Packard EnterpriseHPE
High Performance ComputingHPC
Infrastructure as a ServiceIaaS
Internet of ThingsIoT
Mergers and AcquisitionsM&A
Open source softwareOSS
Platform as a ServicePaaS
Proof of ConceptPoC
Point Of Sales system POS
Recurrent Neural Network RNN
Software as a ServiceSaaS
Supply Chain ManagementSCM
Systems of EngagementSoE
Systems of RecordSoR
Uninterruptible Power SupplyUPS
User Interface UI

■デジタルトランスフォーメーション市場の定義

摘要定義
デジタルトランスフォーメーションビジネス市場デジタルトランスフォーメーションとは、AIやIoT、クラウドコンピューティングといった最先端のICT技術を活用し、ビジネスモデルの変革や新規ビジネスの創出を目指す取り組みである。技術としては、AI、IoT、RPA、ロボティクスなどを用いたソリューションを対象とした。
デジタルトランスフォーメーション市場は下記に記載している業界において、ユーザーがデジタルトランスフォーメーションを実現するために必要なICTへの投資金額を対象とした。

■業界定義

業界定義
製造鉱業、食料品製造、繊維製品業、パルプ/紙、化学、医薬品製造、ガラス、鉄鋼、非鉄金属、金属製造業、一般機器、電気機器、輸送用機器、電子部品・デバイス・電子回路製造
流通各種商品小売業、織物・衣服・身の回りの品小売業、飲食料品小売業、機械器具小売業、無店舗小売業、その他小売業、各種商品卸売業、織物・衣服・身の回りの品卸売業、飲食料品卸売業、機械器具卸売業、その他卸売業
金融都市銀行、地方銀行、第二地方銀行、保険業(生保/損保)、ノンバンク、証券業、政府系金融機関、リース業
情報通信通信業、放送業、ソフトウェア業、情報処理・提供サービス業映像情報制作・配給業、新聞業、出版業、広告制作業、コンタクトセンター業、携帯ショップ
介護/医療医療業、保健衛生、社会保険・社会福祉・介護事業
交通/運輸鉄道業、道路旅客運送業、水運業、航空運輸業、倉庫業、運輸に付帯するサービス業
その他業種電気/ガス/熱供給/水道業、建設(建築/土木)、建築/測量士業、ビルメンテナンス業、警備業、宿泊業、官公庁、地方自治体、外郭団体、農業

目次

  • 1.デジタルトランスフォーメーション市場総括(3)
  • 1)デジタルトランスフォーメーション市場規模(3)
  • 2)業種別動向(4)
  • 3)ユーザーアンケート結果(サマリー)(4)
  • 4)カテゴリー別デジタルトランスフォーメーション市場規模推移(5)
  • 5)カテゴリー別市場分析(7)
  • 6)投資部門別デジタルトランスフォーメーション市場規模推移(9)
  • 2.業種別デジタルトランスフォーメーション市場分析(10)
  • 1)製造(10)
  • 2)流通(12)
  • 3)金融(14)
  • 4)情報通信(16)
  • 5)医療/介護(18)
  • 6)交通/運輸(20)
  • 7)その他業種(22)
  • 3.デジタルトランスフォーメーション採用技術動向(24)
  • 1)ユーザー調査によるデジタルトランスフォーメーション関連技術の利活用/有望度分析(24)
  • 2)デジタルトランスフォーメーション関連技術の重要度分析(25)
  • 4.実証実験/導入事例(27)
  • 1)実証実験の類型(27)
  • 2)導入事例の業種別傾向分析(28)
  • 5.関連省庁の取り組み(32)
  • 6.ベンダー動向(35)
  • 1)コンサルティングファーム(35)
  • 2)メガクラウドベンダー(36)
  • 3)商社(37)
  • 4)通信キャリア(38)
  • 5)ICTベンダー(39)

II.業界別市場動向編(41)

  • 1.製造(43)
  • 2.流通(59)
  • 3.金融(74)
  • 4.情報通信(93)
  • 5.医療/介護(103)
  • 6.交通/運輸(117)
  • 7.その他業種(133)

III.基盤技術動向編(153)

  • 1.AI基盤(155)
  • 2.自然言語処理(157)
  • 3.画像処理(159)
  • 4.感情認識(161)
  • 5.IoTプラットフォーム(162)
  • 6.RPA(164)
  • 7.ブロックチェーン(166)
  • 8.AR/VR(167)
  • 9.音声処理(169)
  • 10.クラウドコンピューティング(171)
  • 11.量子コンピューティング(173)
  • 12.IoTセキュリティ(175)
  • 13.サービスロボット(177)
  • 14.5G(179)
  • 15.API(181)

IV.ソリューションベンダー編(183)

  • 1.アクセンチュア(185)
  • 2.アグレックス(190)
  • 3.アビームコンサルティング(193)
  • 4.オプティム(199)
  • 5.KDDI(205)
  • 6.シュナイダーエレクトリック(214)
  • 7.東芝デジタルソリューションズ(219)
  • 8.日商エレクトロニクス(224)
  • 9.日本電気(228)
  • 10.日本ユニシス(234)
  • 11.日立システムズ(241)
  • 12.日立製作所(246)
  • 13.PwCコンサルティング(251)
  • 14.富士通(255)
  • 15.三井情報(261)
  • 16.ユニアデックス(267)

V.ユーザーアンケート編(271)

  • 1.調査概要(273)
  • 2.スクリーニング調査(273)
  • 3.回答者属性(273)
  • 4.設問項目(274)
  • 5.単純集計結果(275)

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ