2018 中国における人工知能(AI)市場の現状と将来展望

2018 中国における人工知能(AI)市場の現状と将来展望

価格 180,000円+税 出版社 富士キメラ総研
発刊日 2018年9月20日 体裁 A4版 276ページ
備考 こちらの調査資料には書籍版+PDF/データ版セット 200,000円+税、ネットワークパッケージ版 360,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
 ・2018 コミュニケーション関連マーケティング調査総覧
 ・2018 デジタルトランスフォーメーション市場の将来展望

調査概要

調査テーマ

『2018中国における人工知能(AI)市場の現状と将来展望』

調査目的

本市場調査資料は人工知能市場における中国の位置付けを明確にし、中国における人工知能の関連政策、産学連携、または政府が育成する産業の市場規模、全体像を把握した。具体的な内容としては、10応用分野において期待される市場規模予測、活用シーン、ビジネスモデル、プレイヤー、キーテクノロジー、ソリューションなどを明確にした。さらに各分野で期待されるキーテクノロジーの有力サプライヤーを抽出し、各企業の参入背景、キーテクノロジー、製品、応用分野、ビジネスモデル、将来において目指す方向性などを明らかにすることで、人工知能関連ビジネス立案を図る企業にとって、有用な情報を提供することを目的とした。

調査対象

カテゴリー調査対象対象数
分野別市場編製造業、農林水産、医療/介護/ヘルスケア、インフラ、スマートホーム、交通、金融業、卸売小売業、教育、生活サービス10分野
注目企業事例編メガクラウドベンダーBaidu、Alibaba、Tencent、Xiaomi4社
キーテクノロジーベンダー半導体(Hisilicon、Cambricon、Horizon Robotics、Vimicro)4社18社
画像認識(SenseTime、Face++、YITU、Momenta、Hikvision、Dahua、Pony.ai)7社
音声認識(iFlytek、Unisound、AISpeech)3社
ビッグデータ(Beagledata、Baifendian)2社
ディープラーニング(4Paradigm、DeePhi)2社

調査項目

 総括編
  1.人工知能市場における中国の位置付け
  2.外資系企業との協業形態および事例
  3.中国における人工知能関連政策
  4.中国における産学連携の動向および各大学の動向
  5.中国政府が支援する関連企業および内容
  6.中国における人工知能市場規模・推移
  7.中国におけるAI産業関連の投資動向および内容
  8.人工知能産業における各キーテクノロジーの参入ベンダーおよび動向
  9.中国における人工知能市場の参入規制
  10.メガクラウドベンダーによる人工知能の展開
 
 分野別市場編
  1.調査対象市場の定義・範囲
  2.市場概況/人工知能の採用状況/ロードマップ
  3.有望分野での利活用事例および主要参入企業
  4.技術、ソリューションの主要企業の事業展開および将来の発展動向
  5.実証実験/導入事例(その他)
 
 注目企業事例編
  1.企業プロフィール
  2.創業者およびキーマンのバックグラウンド
  3.関連組織、AIの位置付けおよび拠点一覧
  4.出資者
  5.人工知能ビジネス規模(2016~2018年)
  6.製品および注力分野
  7.ビジネスモデル
  8.ビジネス展開事例

調査方法

北京凱美莱信息咨詢有限公司の専門調査員により、中国現地における直接面接を基本としたヒアリング取材を実施したほか、弊社データベースや関連団体による基礎情報などを活用することにより総合的かつ客観的な調査・分析を行った。

調査期間

2018年7月~2018年9月

調査担当

 株式会社富士キメラ総研 企画部 北京凱美莱信息咨詢有限公司

目次

I.総括編(1)

  • I-1.人工知能産業における中国の位置付け(3)
  • I-2.外資系企業との協業形態および事例(5)
  • I-3.中国における人工知能関連政策(7)
  • I-4.中国における産学連携の動向および各大学の動向(11)
  • I-5.中国政府が支援する関連企業および内容(15)
  • I-6.中国における人工知能市場規模・推移(2015年~2030年)(22)
  • I-7.中国における人工知能関連の投資動向および投資内容(25)
  • I-8.人工知能産業におけるキーテクノロジーの参入ベンダーおよび動向(31)
  • I-9.中国における人工知能市場の参入規制(50)
  • I-10.メガクラウドベンダーによる人工知能事業の展開動向(53)

II.応用分野(61)

  • II-1.製造業(63)
  • II-2.農林水産(68)
  • II-3.医療/介護/ヘルスケア(72)
  • II-4.インフラ(77)
  • II-5.スマートホーム(83)
  • II-6.交通(87)
  • II-7.金融業(92)
  • II-8.卸売小売業(98)
  • II-9.教育(102)
  • II-10.生活サービス(107)

III.BATX(113)

  • 1.Baidu(115)
  • 2.Alibaba(124)
  • 3.Tencent(133)
  • 4.Xiaomi(140)

IV.企業編(147)

  • 1.HiSilicon(149)
  • 2.Cambricon(156)
  • 3.Horizon Robotics(163)
  • 4.Vimicro(170)
  • 5.SenseTime(176)
  • 6.Face++(182)
  • 7.YITU(189)
  • 8.Momenta(196)
  • 9.iFlytek(203)
  • 10.Unisound(212)
  • 11.AISpeech(220)
  • 12.Beagledata(227)
  • 13.Baifendian(234)
  • 14.Hikvision(241)
  • 15.Dahua(250)
  • 16.DeePhi(258)
  • 17.4Paradigm(264)
  • 18.Pony.ai(271)

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ