スマートホーム市場総調査 2018

スマートホーム市場総調査 2018

価格 165,000円(税抜 150,000円) 出版社 富士キメラ総研
発刊日 2018年9月28日 体裁 A4版 272ページ
備考 こちらの調査資料には書籍版+PDF版セット 170,000円+税、ネットワークパッケージ版 300,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
 ・2018 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧 下巻:企業編
 ・2018 中国における人工知能(AI)市場の現状と将来展望

調査概要

調査テーマ

『スマートホーム市場総調査 2018』

調査目的

本市場調査資料はスマートホームとして「プラットフォームサービス」「個別サービス」「スマートコアデバイス」「スマートルーム」「スマートキッチン/サニタリー」「スマートウェルネス」「スマートセキュリティ」「技術/プラットフォーム」の8カテゴリー、45品目を対象とし、うち国内市場33品目、世界市場19品目について市場規模推移/製品・サービス化動向/技術動向など、詳細調査を実施することにより、参入企業各社の今後の事業展開における有益なマーケティングデータを提供することを目的とした。

調査対象

調査対象対象品目
A.プラットフォームサービス(3品目)[1]プラットフォーム(賃貸)[3]プラットフォーム(キャリア/インフラ)
[2]プラットフォーム(ハウスビルダー)
B.個別サービス(7品目)[1]ネット設定サポートサービス[5]ヘルスケアサービス
[2]電力見える化サービス(HEMS)[6]見守り/セキュリティサービス
[3]製品ライフサイクルサービス[7]決済プラットフォーム
[4]デジタルコンテンツ配信プラットフォーム
C.スマートコアデバイス(6品目)[1]スマートフォン[4]家庭用燃料電池コージェネレーションシステム(エネファーム)
[2]タブレット端末[5]スマートメーター
[3]ノートPC[6]その他スマートコアデバイス
D.スマートルーム(11品目)[1]ルームエアコン[7]ストリーミング端末
[2]照明[8]スマートスピーカー
[3]ロボット掃除機[9]ネットワークオーディオ
[4]TV[10]スマートドア
[5]プロジェクター[11]その他スマートルーム
[6]レコーダー
E.スマートキッチン/サニタリー(4品目)[1]電子レンジ[3]洗濯機
[2]冷蔵庫[4]その他スマートキッチン/サニタリー
F.スマートウェルネス(4品目)[1]ヘルスケアデバイス(ウェア型端末)[3]ベッドシート型センサー
[2]スマートウオッチ[4]その他スマートウェルネス
G.スマートセキュリティ(4品目)[1]ネットワークカメラ[3]人感センサー
[2]スマートキー/スマートドアロック[4]その他スマートセキュリティ
H.技術/プラットフォーム(6品目)[1]Wi-Fi/Bluetooth[4]AR/VR/MR
[2]LPWA[5]IFTTT
[3]AI[6]音声アシスタント

調査項目

 A.プラットフォームサービス~G.スマートセキュリティ共通
  1.調査対象定義
  2.主要参入企業一覧/製品・サービス動向
  3.国内市場規模推移(2017年実績~2022年予測、2025年予測:数量/金額)
  4.世界市場規模推移(2017年実績~2022年予測、2025年予測:数量/金額)
  5.国・地域別市場動向
  6.スマートホーム対応状況
  7.マーケットシェア
  8.サポートビジネスの方向性
  9.スマートホーム関連技術との関連性
  10.今後の方向性
 
 ※:H.技術/プラットフォームは各個別品目において個別に調査項目を設定した

調査期間

2018年7月~2018年9月

調査担当

株式会社富士キメラ総研 第一部門

目次

I.総括編(1)

  • 1.調査総括(3)
  • 1) スマートホームの定義、概念(3)
  • 2) 市場概況(3)
  • 2.国内市場規模推移(2017年実績~2022年予測、2025年予測:金額)(7)
  • 3.世界市場規模推移(2017年実績~2022年予測、2025年予測:金額)(8)
  • 4.カテゴリー別市場分析(9)
  • 1) プラットフォームサービス(9)
  • 2) 個別サービス(13)
  • 3) スマートコアデバイス(17)
  • 4) スマートルーム(21)
  • 5) スマートキッチン/サニタリー(25)
  • 6) スマートウェルネス(29)
  • 7) スマートセキュリティ(33)
  • 8) 技術/プラットフォーム(36)
  • 5.注目市場別動向分析(38)
  • 1) 国内市場(38)
  • 2) 世界市場(39)
  • 6.インフラ/技術/規格標準化および法規制動向(無線通信/LPWA/センシング、他)(40)
  • 1) GotAPI(Generic Open Terminal API)(40)
  • 2) LPWA(41)
  • 3) ECHONET Lite(42)
  • 4) 5G(42)
  • 7.技術革新がスマートホームに与える影響/技術ロードマップ(43)
  • 1) 無線技術/センサー技術動向(43)
  • 2) 人工知能(AI)(44)
  • 3) 音声アシスタント参入企業動向(45)
  • 8.周辺動向(48)
  • 1) 政府・官公庁/業界団体のスマートホーム事業における取り組み動向(48)
  • 2) スマートホーム関連統計(51)
  • 9.業界構造(55)
  • 10.新ビジネス(製品/サービス)創出に関する考察(57)
  • 1) スマートホームの応用に向けた課題と対策(57)
  • 2) セキュリティの認証基準、安全性担保に向けた課題と対策(60)
  • 3) ホームデザインの変革、ビジネスモデル創出に関する考察(61)
  • 4) サポートビジネスの方向性(64)
  • 11.海外におけるスマートホーム規格化/標準化の動向(66)
  • 12.スマートホーム市場の今後の方向性(67)
  • 1) 全体市場(67)
  • 2) カテゴリー別市場の方向性(68)

II.個別品目編(73)

  • A.プラットフォームサービス(75)
  • A.1 プラットフォーム(賃貸)(77)
  • A.2 プラットフォーム(ハウスビルダー)(81)
  • A.3 プラットフォーム(キャリア/インフラ)(85)
  • B.個別サービス(89)
  • B.1 ネット設定サポートサービス(91)
  • B.2 電力見える化サービス(HEMS)(95)
  • B.3 製品ライフサイクルサービス(99)
  • B.4 デジタルコンテンツ配信プラットフォーム(103)
  • B.5 ヘルスケアサービス(107)
  • B.6 見守り/セキュリティサービス(111)
  • B.7 決済プラットフォーム(115)
  • C.スマートコアデバイス(119)
  • C.1 スマートフォン(121)
  • C.2 タブレット端末(125)
  • C.3 ノートPC(129)
  • C.4 家庭用燃料電池コージェネレーションシステム(エネファーム)(133)
  • C.5 スマートメーター(137)
  • C.6 その他スマートコアデバイス(141)
  • D.スマートルーム(143)
  • D.1 ルームエアコン(145)
  • D.2 照明(149)
  • D.3 ロボット掃除機(153)
  • D.4 TV(157)
  • D.5 プロジェクター(161)
  • D.6 レコーダー(166)
  • D.7 ストリーミング端末(170)
  • D.8 スマートスピーカー(174)
  • D.9 ネットワークオーディオ(178)
  • D.10 スマートドア(182)
  • D.11 その他スマートルーム(185)
  • E.スマートキッチン/サニタリー(189)
  • E.1 電子レンジ(191)
  • E.2 冷蔵庫(195)
  • E.3 洗濯機(199)
  • E.4 その他スマートキッチン/サニタリー(203)
  • F.スマートウェルネス(211)
  • F.1 ヘルスケアデバイス(ウェア型端末)(213)
  • F.2 スマートウオッチ(217)
  • F.3 ベッドシート型センサー(221)
  • F.4 その他スマートウェルネス(225)
  • G.スマートセキュリティ(229)
  • G.1 ネットワークカメラ(231)
  • G.2 スマートキー/スマートドアロック(235)
  • G.3 人感センサー(239)
  • G.4 その他スマートセキュリティ(243)
  • H.技術/プラットフォーム(245)
  • H.1 Wi-Fi/Bluetooth(247)
  • H.2 LPWA(251)
  • H.3 AI(254)
  • H.4 AR/VR/MR(258)
  • H.5 IFTTT(262)
  • H.6 音声アシスタント(267)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(33,000円 [税別 30,000円])及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ