2019 自動運転・AIカー市場の将来展望

2019 自動運転・AIカー市場の将来展望

価格 150,000円+税 出版社 富士キメラ総研
発刊日 2018年10月16日 体裁 A4版 278ページ
備考 こちらの調査資料には書籍版+PDF版セット 170,000円+税、ネットワークパッケージ版 300,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
【デジタルプレス】xEV国別中長期市場予測 2018-2019
2018 ワールドワイド自動車部品マーケティング便覧

調査概要

調査テーマ

『2019 自動運転・AIカー市場の将来展望』

調査目的

本市場調査資料は、自動車メーカー、Tier1に調査を行い、自動運転を実現するためのAI技術や搭載システムの動向を把握し、今後の自動運転・AIカー市場の展望を明確化することで、自動車産業に関連するメーカーにとって、今後の方向性を考える上で有用なマーケティングデータを提供することを目的とした。

調査対象

自動車メーカー10社トヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業、Volkswagen/Audi、BMW、Daimler、GM、Ford、Tesla、Volvo Cars
関連製品20品目<自動運転制御製品>
自動運転ECU、TCU、自動運転用ステアリングシステム、SoC/SoC-FPGA、リモート制御システム
<アクティブセーフティ製品>
LIDAR、車載カメラ、ナイトビジョンカメラ、ミリ波レーダー、DMS、生体センサー
<コックピット関連製品>
通信モジュール、Ethernet、HMI、ディスプレイ、ドライブレコーダー、HUD
<ソフトウェア関連>
OS、セキュリティ、ダイナミックマップ
合計30品目-

調査項目

 ■自動車メーカー個票
  1.企業情報
  2.レベル別自動運転車投入計画
  3.提唱する自動運転システム構成
  4.AI研究開発、投資、アライアンス動向
  5.自動運転、AIを構成する主要製品採用状況計画
  6.自動運転の実証実験動向
  7.自動運転車販売台数予測/計画
  8.自動運転車普及に対する自動運転  技術、AI技術の課題
  9.データセンターの活用状況と自社内製データセンターの動向
  10.自動運転/AI関連拠点
 
 ■製品個票
  1.技術概要
  2.システム構成図
  3.搭載箇所と搭載数量
  4.ADAS向けと自動運転向けのスペック差
  5.市場規模予測(2017年実績~2040年予測)
  6.参入メーカー
  7.メーカーシェア
  8.メーカー/ユーザー動向
  9.開発動向と今後の課題
  10.エリア分析
  11.現行製品の価格動向と自動運転向けターゲット価格
  12.ロードマップ・課題点

調査方法

株式会社富士キメラ総研専門調査員による直接面接を基本としたヒアリング取材を実施したほか、弊社データベースや関連団体による基礎情報などを活用することにより総合的かつ客観的な調査・分析を行った。

調査期間

2018年7月~2018年10月

調査担当

株式会社富士キメラ総研 第二部門

備考

[本市場調査資料について]
■地域名についての定義

地域名定義
NAFTA米国、カナダ、メキシコ
EU以下の欧州連合加盟国28カ国
アイルランド、イタリア、英国、エストニア、オーストリア、
オランダ、キプロス、ギリシャ、クロアチア、スウェーデン、スペイン、
スロバキア、スロベニア、チェコ、デンマーク、ドイツ、ハンガリー、
フィンランド、フランス、ブルガリア、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、マルタ、ラトビア、リトアニア、ルーマニア、ルクセンブルク
(なお、英国は2019年3月でのEU離脱が決定しているが、本市場調査資料では2019年以降も同国をEUに含めた)

■自動車メーカーの略称一覧

企業名正式名称
BYD比亜迪自動車販売(BYD Auto)
FCAFiat Chrysler Automobiles
GMGeneral Motors
HyundaiHyundai Motor、現代自動車
KiaKia Motors、起亜自動車
PSAPSA Group
TeslaTesla Motors
VWVolkswagen
ダイハツダイハツ工業
トヨタトヨタ自動車
日産日産自動車
ホンダ本田技研工業
三菱自動車三菱自動車工業

■自動車メーカー表記についての定義

メーカー表記定義
GMBuick、Cadillac、Chevrolet、GMC、Holden、Vauxhallを含む
VWVW単独
VWグループAudi、Bentley、Bugatti、Lamborghini、Porsche、SEAT、Skoda、VWを含む
トヨタトヨタ単独(レクサスブランド含む)
トヨタグループトヨタ、ダイハツ、日野自動車を含む

■自動車/自動車部品関連用語の略称一覧

本文中の略称定義(正式名称)
ACC定速追従走行(Adaptive Cruise Control)
ADAS先進運転支援システム(Advanced Driver-Assistance Systems)
AEB衝突被害軽減ブレーキ(Autonomous Emergency Braking)
CIDセンターインフォメーションディスプレイ(Center Information Display)
DCUディスプレイコントロールユニット(Display Control Unit)
DMSドライバーモニタリングシステム(Driver Monitoring System)
eCallシステム緊急通報システム(EUでの呼称であるが、本市場調査資料では緊急通報システムの一般的名称として扱った)
Euro-NCAP欧州新車アセスメントプログラム(European New Car Assessment Programme)
EV電気自動車(Electric Vehicle)
FCV燃料電池自動車(Fuel Cell Vehicle)
HUDヘッドアップディスプレイ(Head-Up Display)
HVハイブリッド自動車(Hybrid Vehicle)
ICE内燃機関(Internal-Combustion Engine)
IVIシステムIn-Vehicle-Infotainmentシステム
LCA車線変更支援(Lane Change Assistance)
LCD液晶ディスプレイ(Liquid Crystal Display)
LDW車線逸脱警報(Lane Departure Warning)
LKA車線維持支援(Lane Keep Assist)
MIDマルチインフォメーションディスプレイ(Multi-Information Display)
NCAP新車アセスメントプログラム(New Car Assessment Programme)
NHTSANational Highway Traffic Safety Administration
OBD自己診断機能(On-Board Diagnostics)
OTA無線ソフトウェア更新(Over The Air)
PHVプラグインハイブリッド自動車(Plug-in Hybrid Vehicle)
RSEリアシートエンターテインメント(Rear Seat Entertainment)
STV盗難車両追跡(Stolen Vehicle Tracking)
TCUテレマティクスコントロールユニット(Telematics Control Unit)
OLED有機EL(Organic Light Emitting Diode)

■その他メーカーの略称一覧

企業名正式名称
AUOAU Optronics Corp
BOEBOE Technology Group
ContinentalContinental Automotive
GentexGentex Corporation
HarmanHarman International
InfineonInfineon Technologies
InnovizInnoviz Technologies
JDIジャパンディスプレイ
LG El.LG Electronics
LuminarLuminar Technologies
MagnaMagna International
NXPNXP Semiconductor
PLDパナソニック液晶ディスプレイ
Samsung El.Samsung Electronics
TITexas Instruments
アイシンAWアイシン・エィ・ダブリュ
オムロンAEオムロンオートモーティブエレクトロニクス
日立AMS日立オートモティブシステムズ
ルネサスルネサスエレクトロニクス

目次

I.総括編(1)

  • 1.自動運転・AIカー市場の将来展望(3)
  • 2.自動運転におけるレベル定義(7)
  • 3.地域別/レベル別自動運転車市場規模推移・予測(10)
  • 4.自動運転車におけるパワートレイン別市場規模推移・予測(15)
  • 5.各自動車メーカーの自動運転車投入ロードマップ(21)
  • 6.自動運転関連業界マップと参入企業(28)
  • 7.自動運転関連のスタートアップ・ベンチャー企業動向(33)
  • 8.自動車メーカー、Tier1の自動運転・AIへの投資動向(37)
  • 9.AI開発動向とロードマップ(39)
  • 10.自動運転・AIに向けたデータセンター活用状況と整備状況(41)
  • 11.市販車への自動運転機能搭載に向けた課題(43)
  • 12.フェールセーフ車両制御の動向とフェールセーフ機能の搭載箇所(47)
  • 13.各国、各地域における自動運転関連の法律整備状況(49)
  • 14.自動運転の責任所在動向(56)
  • 15.自動運転車における内装と外装のレベル別デザインロードマップ(60)
  • 16.民生技術の自動運転への導入動向(62)
  • 17.自動運転におけるパッシブセーフティの高機能化動向(65)

II.自動車メーカー編(67)

  • 1.トヨタ(69)
  • 2.日産(75)
  • 3.ホンダ(80)
  • 4.VW/Audi(86)
  • 5.BMW(93)
  • 6.Daimler(99)
  • 7.GM(105)
  • 8.Ford(110)
  • 9.Tesla(115)
  • 10.Volvo Cars(119)

III.関連製品編(125)

  • 1.自動運転制御製品(127)
  • 1.1.自動運転ECU(129)
  • 1.2.TCU(136)
  • 1.3.自動運転用ステアリングシステム(143)
  • 1.4.SoC/SoC-FPGA(149)
  • 1.5.リモート制御システム(156)
  • 2.アクティブセーフティ製品(161)
  • 2.1.LIDAR(163)
  • 2.2.車載カメラ(171)
  • 2.3.ナイトビジョンカメラ(178)
  • 2.4.ミリ波レーダー(184)
  • 2.5.DMS(191)
  • 2.6.生体センサー(199)
  • 3.コックピット関連製品(207)
  • 3.1.通信モジュール(209)
  • 3.2.Ethernet(216)
  • 3.3.HMI(223)
  • 3.4.ディスプレイ(230)
  • 3.5.ドライブレコーダー(237)
  • 3.6.HUD(245)
  • 4.ソフトウェア関連製品(253)
  • 4.1.OS(255)
  • 4.2.セキュリティ(260)
  • 4.3.ダイナミックマップ(263)

IV.自動車台数データ編(271)

  • 1.自動車生産台数データ(273)
  • 2.地域別レベル別自動運転車両の生産台数規模予測と構成比率(276)

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ