2019 メディカル・ライフサイエンスケミカルの現状と将来展望

2019 メディカル・ライフサイエンスケミカルの現状と将来展望

価格 150,000円+税 出版社 富士キメラ総研
発刊日 2019年5月22日 体裁 A4版 276ページ
備考 こちらの調査資料には書籍版/PDF版セット 170,000円+税、ネットワークパッケージ版 300,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
 ・2019年 セラミック材料市場の現状と将来展望
 ・2019年 特殊粘接着・封止材の市場展望

調査概要

調査テーマ

『2019年 メディカル・ライフサイエンスケミカルの現状と将来展望』

調査目的

本市場調査資料は、高齢化が急速に進展する国内市場において、有望な成長分野に挙げられるメディカル・ライフサイエンス分野を対象とし、各材料の市場の現状、今後の動向、方向性を明確化することを目的とした。

調査対象

対象分野対象品目
A.人工臓器(6品目)人工心臓、人工腎臓、人工肺、人工骨、人工関節、人工椎間板
B.再生医療(4品目)培養皮膚、培養軟骨、その他再生医療、細胞培養用足場材料
C.バイオ医薬品(6品目)培地、培養用シングルユースバッグ、プロセス用シングルユースバッグ、精製用アフィニティー担体、ウイルス除去膜、核酸合成ビーズ
D.検査・研究(6品目)三次元培養プレート、マイクロプレート、マイクロ流路チップ、分析用カラム、グルコースセンサー、DNA チップ
E.医療用品(16品目)ステント、バルーンカテーテル、血管造影用カテーテル、縫合糸、癒着防止シート、創傷被覆材、注射器・PFS、真空採血管、血液バッグ、白血球除去膜、輸血用フィルター、血漿分離膜、血液回路、輸液バッグ・ボトル、PTPシート、3D 模型
F.関連素材(12品目)医薬品添加剤、PSU・PES 膜、PA 膜、PVDF 膜、ニトロセルロース膜、ゼラチン、コラーゲン、リン脂質、診断薬用酵素、診断薬用抗体、診断薬用微粒子、診断薬用磁性微粒子

調査項目

 1.製品概要
 2.主要参入企業一覧
 3.業界構造・サプライチェーン
 4.市場動向
 5.価格動向
 6.用途動向
 7.タイプ別ウェイト(2018年)
 8.メーカーシェア(2018年)
 9.海外動向
 10.採用素材動向
 11.研究開発・技術動向
 12.今後の方向性

調査方法

株式会社富士キメラ総研専門調査員による直接面接を基本としたヒアリング取材を実施したほか、弊社データベースや関連団体による基礎情報などを活用することにより総合的かつ客観的な調査・分析を行った。

調査期間

2019年 3月~2019年5月

調査担当

株式会社富士キメラ総研 第二部門

目次

I.総合分析編(1)

  • 1.メディカル・ライフサイエンスケミカル市場の概要 (3)
  • 1)市場全体像(3)
  • 2)分野別市場トレンド(5)
  • 3)市場を取り巻く環境(7)
  • 2.成長率ランキング(10)
  • 1)上位10位以上の品目(10)
  • 2)11位以下の品目(11)
  • 3.分野別動向(12)
  • 1)人工臓器分野(12)
  • 2)再生医療分野(14)
  • 3)バイオ医薬品分野(16)
  • 4)検査・研究分野(18)
  • 5)医療用品分野(20)
  • 6)関連素材分野(24)
  • 4.素材別動向(26)
  • 1)採用素材一覧(2018年)(26)
  • 2)採用素材別ウェイト(2018年)(28)
  • 5.海外市場動向(29)
  • 1)海外市場の全体像(29)
  • 2)世界市場規模(2018年)(31)
  • 3)日本市場と海外市場の違い(31)
  • 4)エリア別ウェイト(2018年)(32)
  • 5)日系メーカーの主な海外生産拠点(32)
  • 6)輸出入動向(2018年)(33)

II.集計編(35)

  • 1.主要参入企業一覧(37)
  • 2.市場規模推移および予測(2015年~2022年予測)(46)
  • 3.価格一覧(51)

III.品目別市場編(53)

  • A.人工臓器分野(55)
  • A1.人工心臓(57)
  • A2.人工腎臓(61)
  • A3.人工肺(65)
  • A4.人工骨(69)
  • A5.人工関節(73)
  • A6.人工椎間板(77)
  • B.再生医療分野(79)
  • B1.培養皮膚(81)
  • B2.培養軟骨(85)
  • B3.その他再生医療(88)
  • B4.細胞培養用足場材料(90)
  • C.バイオ医薬品分野(95)
  • C1.培地(97)
  • C2.培養用シングルユースバッグ(101)
  • C3.プロセス用シングルユースバッグ(107)
  • C4.精製用アフィニティー担体(112)
  • C5.ウイルス除去膜(116)
  • C6.核酸合成ビーズ(121)
  • D.検査・研究分野(125)
  • D1.三次元培養プレート(127)
  • D2.マイクロプレート(131)
  • D3.マイクロ流路チップ(135)
  • D4.分析用カラム(139)
  • D5.グルコースセンサー(143)
  • D6.DNAチップ(147)
  • E.医療用品分野(151)
  • E1.ステント(153)
  • E2.バルーンカテーテル(159)
  • E3.血管造影用カテーテル(165)
  • E4.縫合糸(169)
  • E5.癒着防止シート(175)
  • E6.創傷被覆材(179)
  • E7.注射器・PFS(184)
  • E8.真空採血管(191)
  • E9.血液バッグ(197)
  • E10.白血球除去膜(202)
  • E11.輸血用フィルター(206)
  • E12.血漿分離膜(208)
  • E13.血液回路(212)
  • E14.輸液バッグ・ボトル(217)
  • E15.PTPシート(222)
  • E16.3D模型(228)
  • F.関連素材分野(231)
  • F1.医薬品添加剤(233)
  • F2.PSU・PES膜(237)
  • F3.PA膜(241)
  • F4.PVDF膜(244)
  • F5.ニトロセルロース膜(247)
  • F6.ゼラチン(251)
  • F7.コラーゲン(255)
  • F8.リン脂質(259)
  • F9.診断薬用酵素(263)
  • F10.診断薬用抗体(268)
  • F11.診断薬用微粒子(270)
  • F12.診断薬用磁性微粒子(274)

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ