2019 次世代カーテクノロジーの本命予測と未来自動車像

2019 次世代カーテクノロジーの本命予測と未来自動車像

価格 150,000円+税 出版社 富士キメラ総研
発刊日 2019年7月1日 体裁 A4版 302ページ
備考 こちらの調査資料には書籍版/PDF版セット 170,000円+税、ネットワークパッケージ版 300,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
 ・【デジタルプレス】xEV国別中長期市場予測 2019
 ・2019年版 HEV,EV関連市場徹底分析調査

調査概要

調査テーマ

『2019 次世代カーテクノロジーの本命予測と未来自動車像』

調査目的

本市場調査資料は、自動車開発で点在する有望技術を、コックピット/コネクテッド関連技術、自動運転/安全技術、シェアリング関連技術、電動化関連技術、次世代技術に分類し、それぞれの技術における課題、競合技術とのすみ分け・共存・融合の展望を明確にすることで、2020年代・2030年代の本命技術を明らかにすることを目的とした。

調査対象品目

自動車メーカー10社トヨタ自動車、日産自動車、比亜迪汽車、本田技研工業、北京汽車、BMW、Daimler、Ford、General Motors、Volkswagenグループ
コックピット/コネクテッド関連技術4分野
9品目
車外ネットワーク技術(セルラー通信/DSRC)
車内ネットワーク技術(Ethernet/MOST)
表示技術(LCD/HUD/フレキシブルディスプレイ)
操作技術(ジェスチャーコントロール/音声認識)
自動運転/安全技術3分野
8品目
自動運転システム(ADAS/自動運転システム〈レベル3~5〉)
センシング技術(車載カメラ/レーダーセンサー/LIDAR/
マルチセンサー)
プロセッサー(SoC/FPGA)
シェアリング関連技術1分野
2品目
車両(MaaS車/POV)
電動化関連技術3分野
8品目
HVシステム(HVシステム/マイルドHVシステム〈12V・48V〉/PHVシステム)
BEVシステム(EVシステム/REEVシステム/FCVシステム)
次世代二次電池(リチウムイオン二次電池/全固体二次電池)
次世代技術7品目バイ・ワイヤ技術、リモート技術、AI技術、ビッグデータ、セキュリティ技術、MaaS、飛行技術(空飛ぶクルマ)
合計10社
34品目

調査項目

 〈自動車メーカー編〉
  1.コネクテッド(C)戦略
   1)調査対象製品の搭載動向
   2)同社のCに関する開発動向
   3)同社のC戦略
  2.自動運転(A)戦略
   1)調査対象製品の搭載動向
   2)同社のAに関する開発動向
   3)同社のA戦略
  3.シェアリング&サービス(S)戦略
   1)同社のSに関する開発動向
   2)同社のS戦略
  4.電動化(E)戦略
   1)調査対象製品の搭載動向
   2)同社のEに関する開発動向
   3)同社のE戦略
  5.アライアンス動向
  6.同社の考える未来の自動車像
 
 
 〈個票編〉
  1.技術概要
  2.競合技術の比較
  3.各技術の搭載市場規模予測(2018年実績~2040年予測)※
   1)W/W技術別搭載市場規模予測と搭載率推移予測
   2)各技術のエリア別搭載市場規模予測
  4.エリア分析(日本・EU・北米・中国)
  5.開発/搭載動向
  6.キーデバイス動向
   1)技術別キーデバイスの開発課題と主要参入メーカー
   2)主要キーデバイスメーカーによる当該技術への取り組み
  7.ロードマップとコスト見通し
   1)ロードマップと課題点
   2)コスト見通し
  8.参入動向
   1)参入メーカー一覧
   2)参入動向
  9.本命技術予測と普及シナリオ
 
 ※:2018年実績、2019年見込、2020年、2022年、2024年、2026年、2028年、2030年、2035年、2040年予測  
 
 〈次世代技術編〉
  1.技術概要
  2.現在の開発状況
  3.エリア分析
  4.普及へのシナリオ・ロードマップ
   1)普及予測
   2)ロードマップと課題点
   3)普及へのシナリオ
  5.開発企業一覧

調査方法

株式会社富士キメラ総研専門調査員による直接面接を基本としたヒアリング取材を実施したほか、弊社データベースや関連団体による基礎情報などを活用することにより総合的かつ客観的な調査・分析を行った。

調査期間

2019年3月~2019年6月

調査担当

株式会社富士キメラ総研 研究開発本部 第二部門

■エリア名についての定義

エリア名定義
北米米国、カナダ、メキシコ
EU以下の欧州連合加盟国28カ国
アイルランド、イタリア、英国、エストニア、オーストリア、 オランダ、キプロス、ギリシャ、クロアチア、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、チェコ、デンマーク、ドイツ、ハンガリー、 フィンランド、フランス、ブルガリア、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、マルタ、ラトビア、リトアニア、ルーマニア、ルクセンブルク (なお、英国はEU離脱が予定されているが、本市場調査資料では同国をEUに含めた。)

■自動車メーカーの略称一覧

自動車メーカー名正式名称
BAIC北京汽車
BYD Auto比亜迪汽車
Changan長安汽車
Chery奇瑞汽車
Dongfeng東風汽車
FAW第一汽車
FCAFiat Chrysler Automobiles
Foton福田汽車
GAC広州汽車
Geely吉利汽車
GMGeneral Motors
Great Wall長城汽車
Hyundai現代自動車
JAC江淮汽車
Kia起亜自動車
PSAPSA Group
SAIC上海汽車
TeslaTesla Motors
VWVolkswagen
ダイハツダイハツ工業
トヨタトヨタ自動車
日産日産自動車
ホンダ本田技研工業
三菱自動車三菱自動車工業

■自動車メーカー表記についての定義

メーカー表記定義
GMBuick、Cadillac、Chevrolet、GMC、Holdenを含む
PSAPeugeot、Citroën、DS、Opel、Vauxhallを含む
VWVW単独
VWグループAudi、Bentley、Bugatti、Porsche、SEAT、Skoda、VWを含む
トヨタトヨタ単独(レクサスブランド含む)
トヨタグループトヨタ、ダイハツ、日野自動車を含む

■自動車/自動車部品関連用語の略称一覧

本文中の略称定義(正式名称)
ABSアンチロック・ブレーキ・システム(Anti-Lock Brake System)
ACC車間距離制御(Adaptive Cruise Control)
ADAS先進運転支援システム(Advanced Driver Assistant System)
AEB自動緊急ブレーキ(Autonomous Emergency Braking)
APA自動駐車支援システム(Advanced Parking Assist)
BMSバッテリーマネジメントシステム(Battery Management System)
BSD後側方死角検知(Blind Spot Detection)
CIDセンターインフォメーションディスプレイ(Center Information Display)
C-NCAP中国新車アセスメントプログラム(China New Car Assessment Program)
eCall緊急通報システム(EUでの呼称であるが、本市場調査資料では緊急通報システムの一般的名称として扱った)
ESC横滑り防止装置(Electronic Stability Control)
Euro-NCAPヨーロッパ新車アセスメントプログラム
(European New Car Assessment Program)
EV電気自動車(Electric Vehicle)
FCV燃料電池自動車(Fuel Cell Vehicle)
FCW前方衝突警報(Forward Collision Warning)
HUDヘッドアップディスプレイ(Head-Up Display)
HVハイブリッド自動車(Hybrid Vehicle)
inインチ
IVIシステムIn-Vehicle-Infotainmentシステム
J-NCAP日本新車アセスメントプログラム(Japan New Car Assessment Program)
LCA車線変更補助システム(Lane Change Assist)
LCD液晶ディスプレイ(Liquid Crystal Display)
LDW車線逸脱警報(Lane Departure Warning)
LKA車線維持支援(Lane Keep Assist)
MaaSMobility as a Service
NHTSA米国運輸省(National Highway Traffic Safety Administration)
PaaKPhone-as-a-Key
PHVプラグインハイブリッド自動車(Plug-in Hybrid Vehicle)
PCUパワーコントロールユニット(Power Control Unit)
PCSプリクラッシュセーフティ(Pre-Crash Safety)
PD歩行者検知(Pedestrian Detection)
TCUテレマティクスコントロールユニット
TJA渋滞走行アシストシステム(Traffic Jam Assist)
TSR標識認識システム(Traffic Sign Recognition)
US-NCAP米国新車アセスメントプログラム(US New Car Assessment Program)
V2V車車間通信(Vehicle to Vehicle)
V2I路車間通信(Vehicle to Infrastructure)
V2P歩車間通信(Vehicle to Pedestrian)
電子PF電子プラットフォーム

目次

I 総括編(1)

  • I.1 次世代カーテクノロジーのロードマップ(3)
  • I.2 2020年代・2030年代の自動車未来像(5)
  • I.3 エリア別次世代カーテクノロジーの搭載車市場規模予測(11)
  • I.4 コックピット/コネクテッド関連技術の本命と未来像(26)
  • I.5 自動運転/安全技術の本命と未来像(33)
  • I.6 シェアリング関連技術の本命と未来像(46)
  • I.7 電動化関連技術の本命と未来像(51)
  • I.8 次世代技術の普及予測(58)
  • I.9 法規制動向(65)
  • I.10 「CASE」を支えるものづくり改革(73)

II 自動車メーカー編(75)

  • II.1 トヨタ(77)
  • II.2 日産(82)
  • II.3 ホンダ(87)
  • II.4 BMW(92)
  • II.5 Daimler(98)
  • II.6 VWグループ(104)
  • II.7 GM(110)
  • II.8 Ford(114)
  • II.9 BYD Auto(119)
  • II.10 BAIC(123)

III 個票編(127)

  • III.1 コックピット/コネクテッド関連技術(129)
  • III.1.1 車外ネットワーク技術(セルラー通信/DSRC)(131)
  • III.1.2 車内ネットワーク技術(Ethernet/MOST)(141)
  • III.1.3 表示技術(LCD/HUD/フレキシブルディスプレイ)(151)
  • III.1.4 操作技術(ジェスチャーコントロール/音声認識)(164)
  • III.2 自動運転/安全技術(175)
  • III.2.1 自動運転システム(ADAS/自動運転システム〈レベル3~5〉)(177)
  • III.2.2 センシング技術(車載カメラ/レーダーセンサー/LIDAR/マルチセンサー)(192)
  • III.2.3 プロセッサー(SoC/FPGA)(206)
  • III.3 シェアリング関連技術(215)
  • III.3.1 車両(MaaS車/POV)(217)
  • III.4 電動化関連技術(227)
  • III.4.1 HVシステム(HVシステム/マイルドHVシステム〈12V・48V〉/PHVシステム)(229)
  • III.4.2 BEVシステム(EVシステム/REEVシステム/FCVシステム)(240)
  • III.4.3 次世代二次電池(リチウムイオン二次電池/全固体二次電池)(251)

IV 次世代技術編(261)

  • IV.1 バイ・ワイヤ技術(263)
  • IV.2 リモート技術(268)
  • IV.3 AI技術(275)
  • IV.4 ビッグデータ(279)
  • IV.5 セキュリティ技術(283)
  • IV.6 MaaS(288)
  • IV.7 飛行技術(空飛ぶクルマ)(297)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ