キャッシュレス/コンタクトレス決済関連市場調査要覧 2019

キャッシュレス/コンタクトレス決済関連市場調査要覧 2019

価格 176,000円(税抜 160,000円) 出版社 富士キメラ総研
発刊日 2019年7月25日 体裁 A4版 286ページ
備考 こちらの調査資料には書籍版/PDF版セット 180,000円+税、ネットワークパッケージ版 320,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
2019 クラウドコンピューティングの現状と将来展望 上巻
【デジタルプレス】2019年版 リモートモニタリング関連技術・市場の現状と将来展望注目ビジネスモデル事例編

調査概要

調査テーマ

『キャッシュレス/コンタクトレス決済関連市場調査要覧 2019』

調査目的

本市場調査資料は、決済サービス、決済プラットフォーム、キャッシュレス関連ソリューション、キャッシュレス関連製品およびカードアプリケーションの市場規模(国内および一部世界市場)を調査するとともに新たな決済サービスの動向を明らかにすることにより、キャッシュレス/コンタクトレス決済関連ビジネス全体の動向を把握することを目的とした。

調査対象

調査対象対象品目
A.決済サービス(20品目)A.1クレジットカード決済、A.2ブランドデビットカード決済、A.3デビットカード決済、A.4ブランドプリペイドカード決済、A.5ギフトカード決済、A.6特定用途プリペイドカード決済、A.7電子マネー決済、A.8暗号資産(仮想通貨)決済、A.9銀行振込決済、A.10Pay-easy、A.11払込票決済/コンビニ決済、A.12代金引換決済、A.13後払い決済、A.14携帯キャリア決済、A.15モバイル決済、A.16金融機関Pay決済、A.17QR/バーコード決済、A.18オンライン決済、A.19ポイントサービス、A.20法人間決済
B.決済プラットフォーム(5品目)B.1決済代行サービス、B.2決済ネットワークサービス、B.3クラウド型決済プラットフォーム、B.4モバイル決済プラットフォーム、B.5ポイントシステム
C.キャッシュレス関連ソリューション(3品目)C.1クラウドファンディング、C.2送金サービス、C.3生体認証
D.キャッシュレス関連製品(17品目)D.1決済関連製品(11品目)D.1.1ICカードリーダー・ライター、D.1.2決済端末、D.1.3ウェアラブル決済端末、D.1.4スマートフォン、D.1.5レガシーPOS、D.1.6モバイルPOS、D.1.7レジカート、D.1.8フルセルフレジ、D.1.9セミセルフレジ、D.1.10QRコードリーダー/スキャナー、D.1.11自動販売機
D.2ICカード関連製品(4品目)D.2.1接触式ICカード、D.2.2非接触式ICカード、D.2.3デュアルインターフェースICカード、D.2.4ICチップ(接触式/非接触式)
D.3カード発行関連製品(2品目)D.3.1カード発行システム、D.3.2IDカードプリンター/エンボッサー
E.カードアプリケーション(5品目)E.1金融、E.2流通/サービス、E.3交通、E.4通信、E.5公共/その他

調査項目

 A.決済サービス市場
  1.調査対象定義
  2.主要参入企業一覧
  3.市場規模推移(2018年実績~2025年予測:金額)
  4.決済スキーム
  5.ビジネスモデル
  6.マーケットシェア(2018年実績/2019年見込:金額)
  7.需要先別比率(2018年実績/2019年見込:金額)
  8.決済の特徴
  9.主な用途とサービス/技術進化
  10.競合する決済と優位性
  11.課題/方向性
 B.決済プラットフォーム市場
  1.調査対象定義
  2.主要参入企業一覧
  3.市場規模推移(2018年実績~2025年予測:数量/金額)
  4.マーケットシェア(2018年実績/2019年見込:金額)
  5.主要サービスにおける対応決済状況
  6.サービス/技術進化
  7.決済システムの競合/優位性
  8.課題/方向性
 C.キャッシュレス関連ソリューション市場
  1.調査対象定義
  2.主要参入企業一覧
  3.市場規模推移(2018年実績~2025年予測:数量/金額)
  4.マーケットシェア(2018年実績/2019年見込:数量/金額)
  5.主な利用シーンとサービス/技術進化
  6.当該ソリューションの競合/優位性
  7.課題/方向性
 D.キャッシュレス関連製品市場
  1.調査対象定義
  2.主要参入企業一覧
  3.市場規模推移(2018年実績~2025年予測:数量/金額)
  4.マーケットシェア(2018年実績/2019年見込:数量)
  5.主な利用シーンとサービス/技術進化
  6.課題/方向性
 E.カードアプリケーション市場
  1.調査対象定義
  2.主要参入企業一覧
  3.市場規模推移(2018年実績~2025年予測:数量/金額)
  4.マーケットシェア(2018年実績/2019年見込:数量)
  5.サービス/技術進化
  6.課題/方向性

調査方法

株式会社富士キメラ総研専門調査員による直接面接を基本としたヒアリング取材を実施したほか、弊社データベースや関連団体による基礎情報などを活用することにより総合的かつ客観的な調査・分析を行った。

調査期間

2019年4月~2019年7月

調査担当

株式会社富士キメラ総研 第一部門

備考

[本市場調査資料について]
■各種定義

留意点内容
キャッシュレス決済について広義には現金を使用しない決済手段を指し、本市場調査資料「A.決済サービス」において対象とした20品目はいずれもキャッシュレス決済である。市場規模算出に当たっては狭義のキャッシュレス決済として最終決済手段となりえる10品目(「A.1クレジットカード決済」「A.2ブランドデビットカード決済」「A.3デビットカード決済」「A.4ブランドプリペイドカード決済」「A.5ギフトカード決済」「A.6特定用途プリペイドカード決済」「A.7電子マネー決済」「A.8暗号資産(仮想通貨)決済」「A.16.金融機関Pay」「A.19ポイントサービス」)をキャッシュレス決済とした。
コンタクトレス決済について非接触式ICチップをインターフェースとして利用する決済手段をコンタクトレス決済とした。市場規模算出に当たっては「A.7電子マネー決済(プリペイド型)」「A.7電子マネー決済(ポストペイ型)」を対象とした。
決済サービスについて民間決済として取り扱った決済サービスの用途/需要先には法人間決済も含まれるが、民間決済を主とするサービスである(法人利用比率が低い)ことから法人間の利用も便宜上、民間決済とみなし単純集計した。
合計値が重複するアプリケーションについて下記のアプリケーションについてはICカードの複合化により重複する部分があるため、カードアプリケーションの数量市場合計値はカード媒体の数量市場規模合計値とは一致しない。例えば、「電子マネー」等の機能を搭載したICカードについては「E.1金融(クレジットカード)」と「E.1金融(電子マネー)」に重複しており、ダブルカウントとなる。アプリケーション市場合計値は以上の留意点を考慮せず、単純集計した参考値とした。

◆合計値が重複する主なアプリケーションクレジットカード、キャッシュカード、電子マネーカード、会員カード/ポイントカード、社員証/学生証
カードアプリケーション市場におけるイシュアシェア/カードベンダー間の数値の差異についてカードアプリケーション市場におけるシェアは、イシュア(エンドユーザーへのカード発行会社)のシェア(参入企業シェア)およびカードベンダーの出荷ベースシェア(カードベンダーシェア)を算出した。なお、イシュアとカードベンダー間では在庫のストック等から年間の発行枚数において差異があり、カードアプリケーションの数量市場規模とカードベンダーの数量市場規模については一致しない。

目次

I.総括編(1)

  • 1.キャッシュレス/コンタクトレス決済関連市場調査総括(3)
  • 1)国内市場総括(3)
  • 2)消費支出からみたキャッシュレス化推移(5)
  • 2.世界と比較したキャッシュレス化の進展(7)
  • 1)海外におけるキャッシュレス比率(7)
  • 2)日本におけるキャッシュレス比率(9)
  • 3.キャッシュレス決済動向(10)
  • 1)決済手段の多様化(10)
  • 2)各企業の取り組み(11)
  • 4.カテゴリー別市場動向(12)
  • 1)決済サービス(12)
  • 2)決済プラットフォーム(21)
  • 3)キャッシュレス関連ソリューション(23)
  • 4)キャッシュレス関連製品(24)
  • 5)カードアプリケーション(30)
  • 5.決済の位置付け/相関関係(33)
  • 6.決済プラットフォームの将来像(35)
  • 1)決済プラットフォームの変遷(35)
  • 2)参入企業の事業概況(37)
  • 3)決済プラットフォームの将来像(37)
  • 7.注目市場トピックス(38)
  • 1)無人化/省人化店舗(38)
  • 2)QR/バーコード決済事業者のサービス展開(41)
  • 3)コンタクトレス市場の広がり/用途(43)
  • 4)技術トレンド(46)
  • 5)生体認証(51)
  • 6)マイナンバーソリューション(54)
  • 8.外部環境/法規制(56)
  • 1)関連事業/関連法動向(56)
  • 2)政府/各団体の取り組み(59)
  • 3)キャッシュレス関連統計(61)
  • 9.中国のキャッシュレス化動向(62)
  • 10.市場の課題/方向性(64)
  • 1)決済サービス(64)
  • 2)決済プラットフォーム(65)
  • 3)キャッシュレス関連ソリューション(66)
  • 4)キャッシュレス関連製品(67)
  • 5)カードアプリケーション(68)

II.個別市場編(69)

  • A.決済サービス(71)
  • A.1 クレジットカード決済(73)
  • A.2 ブランドデビットカード決済(79)
  • A.3 デビットカード決済(84)
  • A.4 ブランドプリペイドカード決済(89)
  • A.5 ギフトカード決済(94)
  • A.6 特定用途プリペイドカード決済(99)
  • A.7 電子マネー決済(103)
  • A.8 暗号資産(仮想通貨)決済(109)
  • A.9 銀行振込決済(114)
  • A.10 Pay-easy(119)
  • A.11 払込票決済/コンビニ決済(124)
  • A.12 代金引換決済(129)
  • A.13 後払い決済(134)
  • A.14 携帯キャリア決済(139)
  • A.15 モバイル決済(144)
  • A.16 金融機関Pay決済(149)
  • A.17 QR/バーコード決済(154)
  • A.18 オンライン決済(159)
  • A.19 ポイントサービス(164)
  • A.20 法人間決済(169)
  • B.決済プラットフォーム (173)
  • B.1 決済代行サービス(175)
  • B.2 決済ネットワークサービス(178)
  • B.3 クラウド型決済プラットフォーム(181)
  • B.4 モバイル決済プラットフォーム(184)
  • B.5 ポイントシステム(187)
  • C.キャッシュレス関連ソリューション(191)
  • C.1 クラウドファンディング(193)
  • C.2 送金サービス(197)
  • C.3 生体認証(200)
  • D.キャッシュレス関連製品(205)
  • D.1決済関連製品(207)
  • D.1.1 ICカードリーダー・ライター(207)
  • D.1.2 決済端末(210)
  • D.1.3 ウェアラブル決済端末(213)
  • D.1.4 スマートフォン(216)
  • D.1.5 レガシーPOS(219)
  • D.1.6 モバイルPOS(222)
  • D.1.7 レジカート(225)
  • D.1.8 フルセルフレジ(228)
  • D.1.9 セミセルフレジ(231)
  • D.1.10 QRコードリーダー/スキャナー(234)
  • D.1.11 自動販売機(237)
  • D.2 ICカード関連製品(240)
  • D.2.1 接触式ICカード(240)
  • D.2.2 非接触式ICカード(243)
  • D.2.3 デュアルインターフェースICカード(249)
  • D.2.4 ICチップ(接触式/非接触式)(254)
  • D.3 カード発行関連製品(259)
  • D.3.1 カード発行システム(259)
  • D.3.2 IDカードプリンター/エンボッサー(262)
  • E.カードアプリケーション(265)
  • E.1 金融(267)
  • E.2 流通/サービス(273)
  • E.3 交通(276)
  • E.4 通信(280)
  • E.5 公共/その他(283)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(33,000円 [税別 30,000円])及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ