2020 画像・音声AI/次世代インターフェース市場の現状と将来展望

2020 画像・音声AI/次世代インターフェース市場の現状と将来展望

価格 180,000円+税 出版社 富士キメラ総研
発刊日 2020年2月6日 体裁 A4版 298ページ
備考 こちらの調査資料には書籍版/PDF版セット 200,000円+税、ネットワークパッケージ版 360,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
 ・次世代映像ビジネス総覧 2020
 ・2020年 エレクトロニクス先端材料の現状と将来展望

調査概要

調査テーマ

『2020 画像・音声AI/次世代インターフェース市場の現状と将来展望』

調査目的

本市場調査資料では、画像認識や音声認識に関するAIを活用したソリューションやキーテクノロジーの市場、各参入ベンダーの保有技術や注力分野、採用・実証実験事例などを整理することで、当該市場における事業展開に有益な情報を提供することを目的とした。

調査対象

1) 調査対象品目

コグニティブ関連技術9品目顔・表情認識、静脈認識、視線認識、虹彩認識、OCR、3D認識、音声認識、感情認識、音認識
視覚・聴覚情報2品目AR・VR、音声合成
自動車向けソリューション3品目インキャビン画像ソリューション、インキャビン音声ソリューション、ADAS・自動運転
スマート社会関連ソリューション6品目高精度地図、決済ソリューション(顔)、決済ソリューション(静脈・指紋)、無人店舗ソリューション、混雑管理ソリューション、人物追跡ソリューション
業務関連ソリューション12品目コンタクトセンター向け音声ソリューション、次世代議事録作成・会議改革ソリューション、インフラモニタリングソリューション、画像外観検査ソリューション、医用画像診断支援ソリューション、農業支援ソリューション、畜産支援ソリューション、PCアクセスソリューション(顔・静脈・指紋)、入退出管理ソリューション(顔)、入退出管理ソリューション(静脈・指紋)、入退出管理ソリューション(虹彩)、AR・VR開発設計ソリューション
アプリケーション9品目スマートフォン、スマートグラス、HMD、ヒアラブルデバイス、スマートスピーカー、業務用コミュニケーションロボット、自動車、ドローン、監視カメラ
キーデバイス10品目イメージセンサー、小型カメラモジュール、高画素TOFセンサー、LIDAR、画像処理プロセッサー、指紋センサー、MEMSマイクロフォン、指向性スピーカー、ハプティックデバイス、脳波センサー
合計51品目-

2) 調査対象国・地域

日本、中国、台湾、韓国、その他アジア(フィリピン、タイ、マレーシア、ベトナム、インドネシア、インド、西アジア、その他)、北米、中南米(メキシコ、ブラジルなど)、欧州(西欧、ロシア含む東欧)、その他(アフリカ、オセアニアなど)

調査項目

 ■ 画像・音声AI関連ソリューション
  1. 概要/定義
   1) 概要
   2) 主な構成技術/機器
   3) ソリューション構成例
  2. ビジネスモデル例
   1) 概略
   2) 価格体系例
  3. 市場概況
   1) 市場動向
   2) 市場規模推移・予測
   3) 市場に影響を与える要因
   4) 提供形態別トレンド
   5) グローバル動向
  4. ベンダーシェア/動向
   1) シェア
   2) 主なベンダー動向
   3) その他主なベンダー/ソリューション一覧
  5. ソリューション改善/発展の可能性
  6. 構成要素における必要スペック
  7. エッジ側処理
 
 ※ 「4.1 自動車向けソリューション」ではワールドワイド市場を取り上げた。
 ※ 「4.2 スマート社会関連ソリューション」「4.3 業務関連ソリューション」では国内市場を取り上げた。
 
 ■ アプリケーション
  1. 概要/定義
  2. アプリケーション特長
   1) 概略図
   2) 主な注目搭載機能
  3. 市場概況
   1) 国・地域別トレンド
   2) ワールドワイド市場動向
   3) ワールドワイド市場規模推移・予測
   4) 注目関連ソリューション
  4. タイプ別ウェイト
  5. メーカー動向
   1) ワールドワイドシェア
   2) 主要参入メーカーおよび動向
   3) 主なメーカー×ベンダー取り組み動向
  6. 関連ソリューションベンダーサイドのアプリケーションに対する要望
  7. 今後の製品/技術展望
  8. エッジAI対応状況
 
 ■ キーデバイス
  1. 概要/定義
  2. 市場概況
   1) ワールドワイド市場動向
   2) ワールドワイド市場規模推移・予測
   3) 価格動向(2019年Q4時点)
  3. タイプ別ウェイト
  4. 用途別ウェイト
  5. ワールドワイドシェア
  6. 主要参入メーカーおよび動向
  7. 技術/製品開発動向
  8. 納入関係(2019年Q4時点)
  9. レファレンス動向

調査方法

株式会社富士キメラ総研の専門調査員による面接を基本としたヒアリング取材を実施したほか、弊社データベースや関連団体の基礎情報などを活用することにより総合的かつ客観的な調査・分析を行った。

調査期間

2019年10月~2020年1月

調査担当

株式会社富士キメラ総研 第一部

備考

《本市場調査資料について》
1.略語・略称・単語一覧(表記について)

■略語

略語正式名称
ADASAdvanced driver-assistance systems
AGVAutomated guided vehicle
AIArtificial Intelligence/人工知能
ANCActive Noise Control
APApplication Processor
ASICApplication Specific Integrated Circuit
ASRAutomatic Speech Recognition
ASSPApplication Specific Standard Product
BATBaidu、Alibaba、Tencent の頭文字を取って総称する呼称
BBBaseband Processor
BPOBusiness Process Outsourcing
BSIBack Side Illumination
CAEComputer Aided Engineering
CAGRCompound Average Growth Rate
CESConsumer Electronics Show
CNNConvolutional Neural Network
CSCustomer Satisfaction
CTComputed Tomography
DoFDegrees of Freedom
DSLRDigital Single Lens Reflex camera
ECMElectret Condenser Microphone
eKYCelectronic Know Your Customer
FAFactory Automation
FHDFull HD
FPCFlexible Printed Circuits
FPGAField-Programmable Gate Array
FSIFront Side Illumination
GANGenerative Adversarial Network
GDPRGeneral Data Protection Regulation
GNSSGlobal Navigation Satellite System
GPUGraphics Processing Unit
HMDHead Mounted Display
HMIHuman Machine Interface
LIDARLaser Imaging Detection and Ranging
LSTMLong short-term memory
MaaSMobility as a Service
MRIMagnetic resonance imaging
M&AMergers and Acquisitions
OCROptical Character Recognition
OHTOverhead Hoist Transport
PBXPrivate Branch Exchange
PoCProof of concept
PSTNPublic Switched Telephone Network
RNNRecurrent Neural Network
RPARobotic Process Automation
SDKSoftware Development kit
SLAMSimultaneous Localization and Mapping
TOFTime Of Flight
UIUser Interface
UXUser Experience
VADVoice Activity Detection
VCSELVertical Cavity Surface Emitting Laser
VMSVideo Management Software/System
VOCVoice of Customer
VUIVoice User Interface

■企業名・団体の略称

略称正式名称
SIEソニー・インタラクティブエンタテインメント
NTTコミュニケーションズエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ
NTT西日本西日本電信電話
NTT東日本東日本電信電話
NICT情報通信研究機構
AmazonAmazon.com
AWSAmazon Web Service
DARPADefense Advanced Reserch Projects Agency
ECEuropean Commission
EPICElectronic Privacy Information Center
FCAFiat Chrysler Automobiles
HikvisionHangzhou Hikvision Digital Technology
KnowlesKnowles Electronics
OECD経済協力開発機構
O-FILMShenzhen O-film Tech
PSAGroupe PSA
Samsung El.Samsung Electronics
SEMCOSamsung Electro-Mechanics
SenseTimeSenseTime Group
TSMCTaiwan Semiconductor Manufacturing
TSPChongqing TS-precision technology
SunnySunny Optical Technology

目次

1.0 総括・分析(1)

  • 1.1 画像・音声AI市場の全体動向分析・将来展望(3)
  • 1.2 画像・音声AIを実現するキーデバイスと開発動向(11)
  • 1.3 自動車におけるマルチモーダル・インターフェースの動向(15)
  • 1.4 マルチモーダル・インターフェース活用・先進事例(18)
  • 1.5 アンビエントコンピューティングの概要(22)
  • 1.6 説明可能AIの現状と適用業界(23)
  • 1.7 ソリューション・アプリケーション別エッジ処理の対応状況(25)
  • 1.8 ソリューション別提供形態動向(クラウド・オンプレミス・ソフトウェアなど)(27)
  • 1.9 ディープラーニングを活用したAIと用途別動向(29)
  • 1.10 スタートアップ一覧(31)

2.0 コグニティブ関連技術(35)

  • 2.1 画像認識関連技術(37)
  • 2.1.1 顔・表情認識(37)
  • 2.1.2 静脈認識(43)
  • 2.1.3 視線認識(46)
  • 2.1.4 虹彩認識(50)
  • 2.1.5 OCR(53)
  • 2.1.6 3D認識(57)
  • 2.2 音声・音認識関連技術(63)
  • 2.2.1 音声認識(63)
  • 2.2.2 感情認識(81)
  • 2.2.3 音認識(86)

3.0 視覚・聴覚情報(89)

  • 3.1 AR・VR(91)
  • 3.2 音声合成(97)

4.0 画像・音声AI関連ソリューション(103)

  • 4.1 自動車向けソリューション(105)
  • 4.1.1 インキャビン画像ソリューション(105)
  • 4.1.2 インキャビン音声ソリューション(108)
  • 4.1.3 ADAS・自動運転(111)
  • 4.2 スマート社会関連ソリューション(117)
  • 4.2.1 高精度地図(117)
  • 4.2.2 決済ソリューション(顔)(123)
  • 4.2.3 決済ソリューション(静脈・指紋)(127)
  • 4.2.4 無人店舗ソリューション(131)
  • 4.2.5 混雑管理ソリューション(135)
  • 4.2.6 人物追跡ソリューション(140)
  • 4.3 業務関連ソリューション(145)
  • 4.3.1 コンタクトセンター向け音声ソリューション(145)
  • 4.3.2 次世代議事録作成・会議改革ソリューション(159)
  • 4.3.3 インフラモニタリングソリューション(168)
  • 4.3.4 画像外観検査ソリューション(171)
  • 4.3.5 医用画像診断支援ソリューション(178)
  • 4.3.6 農業支援ソリューション(183)
  • 4.3.7 畜産支援ソリューション(188)
  • 4.3.8 PCアクセスソリューション(顔・静脈・指紋)(191)
  • 4.3.9 入退出管理ソリューション(顔)(195)
  • 4.3.10 入退出管理ソリューション(静脈・指紋)(200)
  • 4.3.11 入退出管理ソリューション(虹彩)(205)
  • 4.3.12 AR・VR開発設計ソリューション(211)

5.0 アプリケーション(215)

  • 5.1 スマートフォン(217)
  • 5.2 スマートグラス(221)
  • 5.3 HMD(226)
  • 5.4 ヒアラブルデバイス(232)
  • 5.5 スマートスピーカー(236)
  • 5.6 業務用コミュニケーションロボット(240)
  • 5.7 自動車(244)
  • 5.8 ドローン(249)
  • 5.9 監視カメラ(253)

6.0 キーデバイス(259)

  • 6.1 イメージセンサー(261)
  • 6.2 小型カメラモジュール(266)
  • 6.3 高画素TOFセンサー(270)
  • 6.4 LIDAR(275)
  • 6.5 画像処理プロセッサー(279)
  • 6.6 指紋センサー(283)
  • 6.7 MEMSマイクロフォン(287)
  • 6.8 指向性スピーカー(291)
  • 6.9 ハプティックデバイス(293)
  • 6.10 脳波センサー(296)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ