次世代映像ビジネス総覧 2020

次世代映像ビジネス総覧 2020

価格 160,000円+税 出版社 富士キメラ総研
発刊日 2020年2月7日 体裁 A4版 250ページ
備考 こちらの調査資料には書籍版/PDF版セット 180,000円+税、ネットワークパッケージ版 320,000円+税がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
 ・2020 画像・音声AI/次世代インターフェース市場の現状と将来展望
 ・5G通信を実現するコアテクノロジーの将来展望 2020

調査概要

調査テーマ

『次世代映像ビジネス総覧 2020』

調査目的

本市場調査資料は、BtoB向けの各種映像ソリューション/ビジネスを主対象とし、販売先/導入先となる分野別(需要先別)市場動向/ニーズトレンド、表示~入力/撮像~記録/再生~分配/配信~会議/通信までの各種映像関連機器/システムの市場動向/技術トレンドなど幅広く調査/分析することで、参入企業ならびに関連各社の今後の事業展開における有益なマーケティングデータの提供を目的に制作した。

調査対象

A.分野別市場編
(10分野)
A-1.一般企業(オフィス)A-6.公共施設
A-2.一般企業(工場/研究所)A-7.官公庁自治体
A-3.教育機関A-8.交通機関
A-4.医療機関A-9.レジャー/アミューズメント施設
A-5.店舗/商業施設A-10.放送局/プロダクション
B.映像ソリューション/ビジネス市場編
(11品目)
B-1.会議ソリューションB-7.放送局向けソリューション
B-2.教育ソリューションB-8.映像制作ビジネス
B-3.医用画像ソリューションB-9.AR/VR/MRソリューション
B-4.セキュリティソリューションB-10.コンテンツ配信プラットフォーム
B-5.デジタルサイネージソリューションB-11.VODソリューション
B-6.官公庁自治体向けソリューション
C.ソフト市場編
(3品目)
C-1.動画編集シフト
C-2.顔認証ソフト
C-3.暗号化ソフト
D.映像機器/システム編
(21品目)
D-1.表示機器D-3.記録/再生機器・システム
D-1-1.パブリックディスプレイD-3-1.監視レコーダー
D-1-2.TV(業務利用)D-3-2.映像アーカイブシステム
D-1-3.ビジネスプロジェクター
D-1-4.フルカラーLEDディスプレイD-4.配信/伝送機器
D-1-5.放送用モニターD-4-1.デジタルサイネージ用STB
D-1-6.医療用モニターD-4-2.ビデオエクステンダー
D-1-7.タブレット端末
D-1-8.スマートグラス/HMDD-5.会議/通信機器・システム
D-5-1.ビデオ会議システム
D-2.入力/撮像機器D-5-2.Web会議システム
D-2-1.監視カメラD-5-3.インタラクティブホワイトボード
D-2-2.放送用カメラD-5-4.ワイヤレスプレゼンテーションユニット
D-2-3.医療用カメラ
D-2-4.Webカメラ
D-2-5.ドローン

調査項目

 A.分野別市場編
  1.調査対象定義
  2.映像機器/システム活用実態
  3.主要参入企業
  4.当該分野における映像ソリューション市場規模推移と予測(2018年実績~2024年予測:金額)
  5.当該分野における映像機器/システム市場規模と予測(2018年実績~2024年予測:数量/金額)
  6.先進ユーザー事例
  7.映像関連技術/機能に関するニーズ/トレンド
  8.当該分野における映像機器/システム活用および映像ソリューションビジネスの方向性
 
 B.映像ソリューション/ビジネス市場編
  1.調査対象定義
  2.主要参入企業
  3.国内市場規模推移と予測(2018年実績~2024年予測:数量/金額)
  4.ベンダー動向
  5.分野別市場構成比(2019年見込/2024年予測:金額)
  6.価格動向
  7.ビジネス/サービス上の課題/問題点
  8.当該ソリューションにおける映像技術トレンド
  9.ビジネス/サービスの方向性
 
 C.ソフト市場編
  1.調査対象定義
  2.主要参入企業
  3.市場規模推移
  4.ベンダー動向
  5.販売ルート
  6.分野別販売動向
  7.技術/機能トレンド
  8.今後の方向性
 
 D.映像機器/システム市場編
  1.調査対象定義
  2.主要参入企業
  3.国内市場規模推移と予測(2018年実績~2024年予測:数量/金額)
  4.メーカーシェア(2019年見込:数量/金額)
  5.分野別市場構成比(2019年見込/2024年予測:数量/金額)
  6.価格動向
  7.技術動向
  8.今後の方向性

調査方法

株式会社富士キメラ総研専門調査員による参入メーカー/ベンダーに対する直接面接を基本としたヒアリング取材を実施したほか、弊社データベースや関連団体による基礎情報などを活用することにより総合的かつ客観的な調査・分析を行った。

調査期間

2019年11月~2020年2月

調査担当

株式会社富士キメラ総研 第一部

目次

I.総括編(1)

  • 1.調査総括(3)
  • 2.分野別市場動向(5)
  • 3.業界構造(7)
  • 4.次世代技術が映像ビジネスに与える影響(9)
  • 5.映像ソリューション/ビジネス市場動向(11)
  • 1)映像ソリューション/ビジネス国内市場規模推移(11)
  • 2)ビジネス/サービス上の課題/問題点(12)
  • 3)映像ソリューション/ビジネス別ターゲット・有望分野(14)
  • 4)年平均成長率ランキング(2024/2019)(15)
  • 5)映像ソリューション/ビジネスの方向性(16)
  • 6.その他映像ソリューション/ビジネス市場・業界動向(17)
  • 1)プロジェクションマッピング(17)
  • 2)デジタルシネマ(18)
  • 3)エレクトロニック・スポーツ(eスポーツ)(19)
  • 7.映像機器/システム市場動向(20)
  • 1)製品カテゴリー別市場規模推移(20)
  • 2)映像機器/システム別年平均成長率ランキング(2024/2019)(20)
  • 3)製品カテゴリー別市場動向(21)
  • 8.ソフト市場動向(27)
  • 1)利用による位置付けと参入企業(27)
  • 2)導入が期待される分野(27)
  • 3)ソフト技術の方向性(28)
  • 9.技術動向(29)
  • 1)映像ソリューション/ビジネス別技術トレンド(29)
  • 2)映像機器/システム別技術トレンド(32)
  • 3)技術トピックス(37)
  • 10.市場を取り巻く環境(48)
  • 1)インバウンド(48)
  • 2)働き方改革(49)
  • 3)教育のICT化に向けた環境整備/GIGAスクール構想(50)

II.集計編(51)

  • 1.分野別映像ソリューション/ビジネス市場規模推移と予測(2018年実績~2024年予測:金額)(53)
  • 2.分野別映像機器/システム市場規模推移と予測(2018年実績~2024年予測:金額)(53)
  • 3.映像ソリューション/ビジネス別市場規模推移と予測(2018年実績~2024年予測:金額)(54)
  • 4.映像機器/システム別市場規模推移と予測(2018年実績~2024年予測:数量/金額)(55)
  • 1)数量(55)
  • 2)金額(56)

III.個別市場編(57)

  • A.分野別市場編(59)
  • A-1.一般企業(オフィス)(61)
  • A-2.一般企業(工場/研究所)(67)
  • A-3.教育機関(72)
  • A-4.医療機関(77)
  • A-5.店舗/商業施設(82)
  • A-6.公共施設(88)
  • A-7.官公庁自治体(93)
  • A-8.交通機関(98)
  • A-9.レジャー/アミューズメント施設(104)
  • A-10.放送局/プロダクション(110)
  • B.映像ソリューション/ビジネス市場編(115)
  • B-1.会議ソリューション(117)
  • B-2.教育ソリューション(122)
  • B-3.医用画像ソリューション(126)
  • B-4.セキュリティソリューション(130)
  • B-5.デジタルサイネージソリューション(134)
  • B-6.官公庁自治体向けソリューション(140)
  • B-7.放送局向けソリューション(144)
  • B-8.映像制作ビジネス(148)
  • B-9.AR/VR/MRソリューション(152)
  • B-10.コンテンツ配信プラットフォーム(156)
  • B-11.VODソリューション(160)
  • C.ソフト市場編(165)
  • C-1.動画編集ソフト(167)
  • C-2.顔認証ソフト(169)
  • C-3.暗号化ソフト(172)
  • D.映像機器/システム市場編(175)
  • D-1.表示機器(177)
  • D-1-1.パブリックディスプレイ(177)
  • D-1-2.TV(業務利用)(181)
  • D-1-3.ビジネスプロジェクター(185)
  • D-1-4.フルカラーLEDディスプレイ(189)
  • D-1-5.放送用モニター(193)
  • D-1-6.医療用モニター(196)
  • D-1-7.タブレット端末(199)
  • D-1-8.スマートグラス/HMD(202)
  • D-2.入力/撮像機器(206)
  • D-2-1.監視カメラ(206)
  • D-2-2.放送用カメラ(210)
  • D-2-3.医療用カメラ(213)
  • D-2-4.Webカメラ(218)
  • D-2-5.ドローン(221)
  • D-3.記録/再生機器・システム(224)
  • D-3-1.監視レコーダー(224)
  • D-3-2.映像アーカイブシステム(227)
  • D-4.配信/伝送機器(230)
  • D-4-1.デジタルサイネージ用STB(230)
  • D-4-2.ビデオエクステンダー(233)
  • D-5.会議/通信機器・システム(236)
  • D-5-1.ビデオ会議システム(236)
  • D-5-2.Web会議システム(240)
  • D-5-3.インタラクティブホワイトボード(244)
  • D-5-4.ワイヤレスプレゼンテーションユニット(248)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(30,000円+税)及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ