2010年版 高機能繊維関連技術・市場の現状と将来展望

2010年版 高機能繊維関連技術・市場の現状と将来展望

価格 97,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2010年05月17日 体裁 A4版 224ページ

はじめに

高機能繊維は日系メーカーが他の新興国より技術面で優位性の高い、世界市場で見ても日系メーカーの存在感が高い製品である。この調査レポートでは高機能繊維を以下の3分野で構成される製品と定義している。アパレル分野を中心とした高機能繊維を“快適系繊維”、主にスーパー繊維や炭素繊維など産業向けを“産業系繊維”、新たなコンセプトを提案する萌芽技術として注目される繊維とその応用製品を“次世代繊維・注目応用製品”としている。

国内の消費者の厳しい要求により鍛えられたアパレル系の“快適系繊維”については、中国など新興国需要を見据え、現地に開発拠点を設けたり、SPA(製造小売業:Specialty store retailer of Private label Apparel)という強力なパートナーを得ることで海外進出の足がかりを得る動きが活発化している。

“産業系繊維”ではPAN系炭素繊維やパラ系アラミド繊維といった主要品目は、今後軽量化ニーズの高い航空機・自動車分野において採用拡大の見通しであり期待が膨らんでいる。加えて、新規注目分野として電池関連などエネルギー・環境分野についても電池市場の伸びに伴って高機能繊維も採用増に向かっており、見通しは明るいものとなっている。

さらに、“次世代繊維・注目応用製品”分野においては、既に巨大市場となっている炭素繊維応用製品や、ナノテクノロジーやバイオテクノロジーなど日本を代表する技術を繊維に応用した次世代繊維を取り上げている。現時点では市場形成に至ってないものも多いが、今後新たな用途開拓に繋がるものとして期待されている。

末筆ながら、今回の資料作成にあたり、多忙な時期にご協力を賜りました関連企業、団体各位に厚くお礼を申し上げるとともに、繊維業界の発展を祈願し、当資料が今後の事業企画立案の一助になれば幸いである。

2010年5月
株式会社 富士経済
大阪マーケティング本部 第二事業部

調査対象品目

A. 快適系繊維(20品目)

  1. 吸汗速乾繊維
  2. 透湿防水繊維
  3. 蓄熱・発熱保温繊維
  4. 抗菌防臭・制菌繊維
  5. 弾性繊維
  1. アレルギー対策繊維
  2. PTT繊維
  3. 清涼涼感繊維
  4. 消臭繊維
  5. 防汚繊維
  1. 制電性・導電性繊維
  2. 形態安定繊維
  3. 生分解性繊維
  4. ウイルス対策繊維
  5. 防虫防ダニ繊維
  1. 紫外線遮蔽繊維
  2. 電磁波シールド繊維
  3. 防塵繊維
  4. 芳香性繊維
  5. 新植物繊維

B. 産業系繊維(19品目)

  1. パラ系アラミド繊維
  2. メタ系アラミド繊維
  3. 超高分子量PE繊維
  4. 高強力ポリアリレート繊維
  5. PBO繊維
  1. 高強度PVA繊維
  2. PPS繊維
  3. フッ素繊維(PTFE)
  4. PAN系炭素繊維
  5. 耐炎化繊維
  1. GPCF(汎用ピッチ系炭素繊維)
  2. HPCF(高機能ピッチ系炭素繊維)
  3. 活性炭素繊維
  4. カーボンナノファイバー
  5. 炭化ケイ素繊維
  1. アルミナ短繊維
  2. アルミナ長繊維
  3. ステンレス繊維
  4. びびり繊維


C. 次世代繊維・注目応用製品(11品目)

  1. ポリケトン繊維
  2. ポリアセタール繊維
  3. PEEK繊維
  4. PBI繊維
  5. CFプリプレグ
  1. C/Cコンポジット
  2. SiC/SiC
  3. ガラス繊維織物
  4. セルロース系ナノファイバー
  5. 光発色繊維
  1. 昆虫由来繊維

調査項目

Ⅰ.総括編

  • 1.高機能繊維市場の全体俯瞰と将来性
  • 2.国内・海外における高機能繊維市場の現状と将来展望
  • 3.高機能繊維市場における海外展開の可能性
  • 4.分野別動向
  • 5.注目用途動向
  • 6.高機能繊維市場におけるトレンドキーワード
  • 7.注目技術動向

II.集計編

  • 1.品目別市場規模推移
  • 2.品目別エリア別市場構成比
  • 3.品目別参入メーカーシェア
  • 4.品目別用途・採用特性
  • 5.品目別価格動向
  • 6.主要参入企業一覧

III.品目別市場編

  • A.快適系繊維(20品目)
  • 1.対象製品市場定義
  • 2.市場規模推移及び予測(2008年実績~2013年予測、金額ベース)
  • 3.参入メーカーシェア(2009年実績~2010年見込、金額ベース)
  • 4.用途動向
  • 5.技術動向
  • 6.価格動向
  • 7.今後の市場見通し
  • 8.主要参入メーカーの生産開発拠点状況
  • B.産業系繊維(19品目)
  • 1.市場概況及び製品特徴
  • 2.市場規模推移及び予測(2008年実績~2013年予測、数量・金額ベース)
  • 3.参入メーカーシェア(2009年実績~2010年見込、数量・金額ベース)
  • 4.用途動向
  • 5.技術動向
  • 6.価格動向
  • 7.今後の市場見通し
  • 8.主要参入メーカーの生産開発拠点状況
  • C.次世代繊維・注目応用製品(11品目)
  • 1.市場概況及び製品特徴
  • 2.メーカー動向
  • 3.用途動向
  • 4.技術動向
  • 5.価格動向
  • 6.今後の市場見通し
  • 7.主要参入メーカー一覧

調査方法

弊社専門調査員による調査対象先(参入企業、関連企業、業界団体)に対する直接面接取材を基本に、一部電話ヒアリングを実施。

調査期間

2010年2月~2010年5月

調査担当

株式会社富士経済 大阪マーケティング本部 第二事業部

目次

Ⅰ.総括編

  • 1.高機能繊維市場の全体俯瞰と将来性 (1)
  • 2.国内・海外における高機能繊維市場の現状と将来展望 (2)
  • 3.高機能繊維市場における海外展開の可能性 (4)
  • 4.分野別動向 (7)
  • (1)快適系繊維市場のポジショニング (7)
  • (2)産業系繊維市場のポジショニング (8)
  • (3)産業系繊維市場の機能別ポジショニング (9)
  • 5.注目用途動向 (11)
  • 6.高機能繊維市場におけるトレンドキーワード (14)
  • (1)繊維メーカーとSPAの関係性 (14)
  • (2)繊維メーカーとSPA・量販店における高機能繊維使用共同開発品相関表 (15)
  • (3)主要繊維メーカーアライアンス状況 (17)
  • (4)炭素繊維事業における複合材・加工品分野の強化 (18)
  • 7.注目技術動向 (19)

II.集計編

  • 1.品目別市場規模推移 (21)
  • 2.品目別エリア別市場構成比 (26)
  • 3.品目別参入メーカーシェア (27)
  • 4.品目別用途・採用特性 (42)
  • 5.品目別価格動向 (57)
  • 6.主要参入企業一覧 (58)

III.品目別市場編

  • A.快適系繊維
  • 1.吸汗速乾繊維 (63)
  • 2.透湿防水繊維 (66)
  • 3.蓄熱・発熱保温繊維 (69)
  • 4.抗菌防臭・制菌繊維 (72)
  • 5.弾性繊維 (75)
  • 6.アレルギー対策繊維 (78)
  • 7.PTT繊維 (81)
  • 8.清涼涼感繊維 (84)
  • 9.消臭繊維 (87)
  • 10.防汚繊維 (90)
  • 11.制電性・導電性繊維 (93)
  • 12.形態安定繊維 (96)
  • 13.生分解性繊維 (99)
  • 14.ウイルス対策繊維 (102)
  • 15.防虫防ダニ繊維 (105)
  • 16.紫外線遮蔽繊維 (108)
  • 17.電磁波シールド繊維 (111)
  • 18.防塵繊維 (114)
  • 19.芳香性繊維 (117)
  • 20.新植物繊維 (120)
  • B.産業系繊維
  • (有機系繊維)
  • 1.パラ系アラミド繊維 (123)
  • 2.メタ系アラミド繊維 (127)
  • 3.超高分子量PE繊維 (131)
  • 4.高強力ポリアリレート繊維 (135)
  • 5.PBO繊維 (139)
  • 6.高強度PVA繊維 (143)
  • 7.PPS繊維 (147)
  • 8.フッ素繊維(PTFE) (151)
  • (炭素系繊維)
  • 9.PAN系炭素繊維 (155)
  • 10.耐炎化繊維 (159)
  • 11.GPCF(汎用ピッチ系炭素繊維) (163)
  • 12.HPCF(高機能ピッチ系炭素繊維) (167)
  • 13.活性炭素繊維 (171)
  • 14.カーボンナノファイバー (175)
  • (セラミック系繊維)
  • 15.炭化ケイ素繊維 (179)
  • 16.アルミナ短繊維 (183)
  • 17.アルミナ長繊維 (187)
  • (金属系繊維)
  • 18.ステンレス繊維 (191)
  • 19.びびり繊維 (195)
  • C.次世代繊維・注目応用製品
  • (次世代繊維/有機系繊維)
  • 1.ポリケトン繊維 (199)
  • 2.ポリアセタール繊維 (201)
  • 3.PEEK繊維 (203)
  • 4.PBI繊維 (205)
  • (注目応用製品/炭素系繊維)
  • 5.CFプリプレグ (207)
  • 6.C/Cコンポジット (211)
  • (次世代繊維/その他)
  • 7.SiC/SiC (215)
  • 8.ガラス繊維織物 (217)
  • 9.セルロース系ナノファイバー (219)
  • 10.光発色繊維 (221)
  • 11.昆虫由来繊維 (223)