エネルギーデバイス製造設備・装置市場実態総調査 2010

エネルギーデバイス製造設備・装置市場実態総調査 2010

価格 97,000円+税 出版社 富士経済
発刊日 2010年09月28日 体裁 A4版 271ページ

はじめに

2008年後半の金融危機に端を発する世界的な不況により、製造業に於ける設備投資は大幅に減少し、FA業界は厳しい市場環境に直面した。

このような中、二次電池、太陽電池、燃料電池等のエネルギーデバイス市場は、結晶シリコンの価格変動によって薄膜シリコン型太陽電池がやや苦戦してはいるものの、全体としては比較的堅調であり、中・長期的に見た場合は依然として大きな市場拡大が期待されている。

アメリカでは、オバマ大統領が「グリーンニューディール政策」を掲げ、風力や太陽光などの代替エネルギーを倍増させることで約50万人の雇用を増大すると表明、2009年2月には、施政方針演説で風力発電や次世代バイオ燃料など再生可能エネルギーの開発に、年間150億ドル(約1兆4000億円)を投資する意向を示した。

一方、国内では経済産業省の2030年までのエネルギー政策指針「エネルギー基本計画」が閣議決定された。2030年に向けた目標として、第1にエネルギーの安全保障強化を挙げ、18%にとどまっている再生可能エネルギーなどの国産エネルギーや原子力発電によるエネルギーの自給率と、国内に供給される化石燃料のうち国内企業が参画する権益(現在26%)を倍増。これによって、エネルギー自給率に化石燃料の権益分を加えた自主エネルギー比率を現状の38%から70%に引き上げるとしている。

このような流れの中、今後エネルギーデバイス市場が拡大していき、エネルギーデバイスの製造設備・製造装置についても確実に需要が拡大していくことが予想される。ただし、これらエネルギーデバイスは市場未形成又は形成途上の製品もあり、その製造に関しては量産化技術が確立していない、もしくは内作装置の割合が高いなど、まだ装置産業としての位置づけが明らかになっていないものも多い。また、太陽電池製造装置などでは、中国・韓国・台湾メーカーの台頭が著しい領域もみられ、業界構図が大きく動いているものもあり、動向が注目されている。

当調査資料では、市場拡大が見込めるエネルギーデバイスとして、二次電池〔リチウムイオン二次電池(車載用)、リチウムイオン二次電池(車載用以外)、電気二重層キャパシタ〕、太陽電池〔結晶シリコン型太陽電池、薄膜シリコン型太陽電池、CI(G)S型太陽電池、色素増感型太陽電池〕、燃料電池〔PEFC、SOFC〕の3分野・9エネルギーデバイスを対象とし、それぞれのエネルギーデバイスごとに、設備投資の現状と今後の方向性、生産工程、使用されている設備・装置の概要、製造装置の内作・特機・汎用割合、製造装置別市場規模推移と予測、製造装置別メーカーシェア、主要デバイスメーカー、製造装置メーカーの取り組み状況を明確にしている。

このようにエネルギーデバイスの製造設備・装置市場の実態と今後の方向性を明らかにすることで、製造装置・制御機器等FA関連事業を今後展開されていく上で有益なデータとして活用いただけることを目的として当調査資料を作成した。

末筆になりましたが、今回の資料作成にあたり、快く取材などに御協力頂きました企業様、御担当者様に深く感謝致しますとともに、当調査資料が業界発展に多少なりとも寄与できれば幸いです。

2010年9月
株式会社 富士経済
大阪マーケティング本部
第一事業部

調査対象品目

◆エネルギーデバイス
1.二次電池
1)リチウムイオン二次電池(車載用)
2)リチウムイオン二次電池(車載用以外)
3)電気二重層キャパシタ
2.太陽電池
1)結晶シリコン型太陽電池
2)薄膜シリコン型太陽電池
3)CI(G)S型太陽電池
4)色素増感型太陽電池
3.燃料電池
1)PEFC(固体高分子形燃料電池)
2)SOFC(固体酸化物形燃料電池)

◆エネルギーデバイス製造装置
上記エネルギーデバイスの代表的な製造装置

◆エネルギーデバイスメーカー
主要エネルギーデバイスメーカー 30社

◆エネルギーデバイス製造装置メーカー
主要製造装置メーカー 50社

調査方法

弊社調査員による参入企業・周辺企業に対する直接面接取材及び一部電話によるヒアリングを実施

調査期間

2010年6月~2010年9月

目次

I.総括編

  • 1.エネルギーデバイス製造装置市場の実態と将来展望
  • 1)エネルギーデバイス全体俯瞰 (1)
  • 2)エネルギーデバイス別市場予測(エネルギーデバイス市場規模と製造装置市場規模予測)
  • [1]二次電池:リチウムイオン二次電池(車載用)・リチウムイオン二次電池(車載用以外)・電気二重層キャパシタ (3)
  • [2]太陽電池:結晶シリコン型太陽電池・薄膜シリコン型太陽電池・CI(G)S型太陽電池・色素増感型太陽電池 (4)
  • [3]燃料電池:PEFC・SOFC (5)
  • 2.エネルギー関連市場動向(アプリケーション動向) (6)
  • 3.海外動向
  • 1)海外エネルギーデバイス製造装置メーカー動向 (8)
  • 2)中国・韓国・台湾におけるエネルギーデバイス生産動向 (10)
  • 3)中国・韓国・台湾エネルギーデバイスメーカーの国外進出動向 (11)
  • 4.海外誘致の状況 (12)
  • 5.エネルギーデバイス別設備投資ロードマップ
  • 1)二次電池 : リチウムイオン二次電池(車載用)、リチウムイオン二次電池(車載用以外)、電気二重層キャパシタ
  • [1]エリア別ワールドワイド新規設備投資動向 (13)
  • [2]リチウムイオン二次電池(車載用)の設備投資動向 (14)
  • [3]リチウムイオン二次電池(車載用以外)の設備投資動向 (15)
  • [4]電気二重層キャパシタの設備投資動向 (16)
  • 2)太陽電池 : 結晶シリコン型太陽電池、薄膜シリコン型太陽電池、CI(G)S型太陽電池、色素増感型太陽電池
  • [1]エリア別ワールドワイド新規設備投資動向 (17)
  • [2]結晶シリコン型太陽電池の設備投資動向 (18)
  • [3]薄膜シリコン型太陽電池の設備投資動向 (20)
  • [4]CI(G)S型太陽電池の設備投資動向 (22)
  • [5]色素増感型太陽電池の設備投資動向 (24)
  • 3)燃料電池 : PEFC(固体高分子形燃料電池)、SOFC(固体酸化物形燃料電池)
  • [1]エリア別ワールドワイド新規設備投資動向 (25)
  • [2]PEFC(固体高分子形燃料電池)の設備投資動向 (26)
  • [3]SOFC(固体酸化物形燃料電池)の設備投資動向 (27)
  • 6.主要エネルギーデバイスメーカーの戦略 (28)
  • 7.ターンキーメーカーの動向 (30)
  • 8.主要製造装置の販売チャネル分析 (32)
  • 9.エネルギーデバイス別製造フローの動向・変化 (33)
  • 10.エネルギーデバイス別製造装置市場動向 (34)
  • 11.エネルギーデバイス別工程別市場規模(2009年) (35)
  • 12.製造工程別市場規模推移(調査対象主要製造装置・2009年実績:金額) (37)
  • 13.製造装置別市場規模推移 (38)
  • 14.製造装置市場規模ランキング(調査対象主要製造装置・金額ベース市場規模・2009年実績→2015年予測) (40)
  • 15.エネルギーデバイス別「内作」・「特機」・「汎用」製造装置割合 (41)
  • 16.工程別製造装置内作・特機・汎用割合(調査対象主要製造装置・金額ベース:2009年実績→2015年予測)
  • 1)原料製造工程 (42)
  • 2)部材加工工程 (43)
  • 3)モジュール化・組立工程 (44)
  • 17.主要製造装置参入企業一覧
  • 1)エネルギーデバイス全体 (45)
  • 2)二次電池 (49)
  • 3)太陽電池 (50)
  • 4)燃料電池 (52)

II.エネルギーデバイス企業事例

  • 1.三洋電機 (53)
  • 2.ソニー (54)
  • 3.パナソニック (55)
  • 4.日立マクセル (56)
  • 5.日立ビークルエナジー (57)
  • 6.ジーエス・ユアサコーポレーション (58)
  • 7.パナソニックエレクトロニックデバイス (59)
  • 8.リチウムエナジージャパン (60)
  • 9.プライムアースEVエナジー (61)
  • 10.オートモーティブエナジーサプライ (62)
  • 11.トヨタ自動車 (63)
  • 12.シャープ (64)
  • 13.京セラ (65)
  • 14.カネカ (66)
  • 15.ソーラーフロンティア (67)
  • 16.富士電機システムズ (68)
  • 17.三菱重工業 (69)
  • 18.三菱電機 (70)
  • 19.ENEOSセルテック (71)
  • 20.大日本印刷 (72)
  • 21.Samsung SDI (73)
  • 22.LG Chemical (74)
  • 23.BYD (75)
  • 24.Johnson Controls-Saft Advanced Power Solutions (76)
  • 25.天津力神電池 (77)
  • 26.A123 Systems (78)
  • 27.Suntech Power (79)
  • 28.Q-Cells (80)
  • 29.Yingli Green Energy Holding Company (81)
  • 30.United Solar Ovonic (82)
共通調査項目
  • 1)企業概要
  • 2)事業概要・戦略
  • 3)主要拠点概要

III.エネルギーデバイス製造実態編

  • 1.リチウムイオン二次電池(車載用) (83)
  • 2.リチウムイオン二次電池(車載用以外) (104)
  • 3.電気二重層キャパシタ (120)
  • 4.結晶シリコン型太陽電池 (134)
  • 5.薄膜シリコン型太陽電池 (158)
  • 6.CI(G)S型太陽電池 (175)
  • 7.色素増感型太陽電池 (189)
  • 8.PEFC(固体高分子形燃料電池) (201)
  • 9.SOFC(固体酸化物形燃料電池) (214)
共通調査項目
  • 1.デバイス製造技術(製法)の概要と変化
  • 2.製造フロー及び主要製造装置と変化
  • 3.主要製造装置の技術動向・変化
  • 4.主要製造装置のリプレース動向
  • 5.工程別・主要製造装置別市場規模推移
  • 1)数量ベース
  • 2)金額ベース
  • 6.主要製造装置別内作/特機/汎用ウエイト
  • 7.装置別主要プレーヤーの取り組み概要
  • 8.工程別製造装置販売チャネル特徴
  • 9.主要製造装置別メーカーシェア
  • 10.主要製造装置メーカーとターンキーメーカーとの関連
  • 11.エネルギーデバイス市場規模推移
  • 12.主要エネルギーデバイスメーカーの生産動向
  • 13.主要エネルギーデバイスメーカーの拠点展開計画
  • 14.主要エネルギーデバイスメーカーの
  • 製造装置開発・生産拠点・エンジニアリング拠点
  • 15.製造装置・制御機器メーカーのアプローチポイント
  • 16.海外動向
  • 17.主要参入企業一覧

IV.エネルギーデバイス製造装置企業編

  • 1.アルバック (227)
  • 2.コマツNTC (228)
  • 3.日立造船 (229)
  • 4.フェローテック (230)
  • 5.島津製作所 (231)
  • 6.日清紡メカトロニクス (232)
  • 7.三菱マテリアルテクノ (233)
  • 8.キヤノンマシナリ (234)
  • 9.大日本スクリーン製造 (235)
  • 10.長野オートメーション (236)
  • 11.東レエンジニアリング (237)
  • 12.トッキ (238)
  • 13.ヒラノテクシード (239)
  • 14.片岡製作所 (240)
  • 15.光洋サーモシステム (241)
  • 16.日本ガイシ (242)
  • 17.ノリタケTCF (243)
  • 18.住友重機械工業 (244)
  • 19.西村製作所 (245)
  • 20.ハイメカ (246)
  • 21.日立ビアメカニクス (247)
  • 22.マイクロ・テック (248)
  • 23.プライミクス (249)
  • 24.ニューロング精密工業 (250)
  • 25.オムロンレーザーフロント (251)
  • 26.ユーアイテック (252)
  • 27.日立設備エンジニアリング (253)
  • 28.ミヤチテクノス (254)
  • 29.井上金属工業 (255)
  • 30.浅田鉄工 (256)
  • 31.FDKエンジニアリング (257)
  • 32.皆藤製作所 (258)
  • 33.ゴードーキコー (259)
  • 34.日本メカテクノ (260)
  • 35.由利ロール機械 (261)
  • 36.大野ロール (262)
  • 37.オプトラン (263)
  • 38.三星ダイヤモンド工業 (264)
  • 39.Applied Materials (265)
  • 40.Applied Materials Baccini (266)
  • 41.Beijing Jingyuntong S & T (267)
  • 42.centrotherm Photovoltaics (267)
  • 43.Despatch Industrie (268)
  • 44.Gebr.Schmid (268)
  • 45.GT Solar (269)
  • 46.Manz Automation (269)
  • 47.Meyer Burger (270)
  • 48.Oerlikon Solar (270)
  • 49.Roth & Rau (271)
  • 50.Spire Corporation (271)
共通調査項目
  • 1.アルバック~38.三星ダイヤモンド工業
  • 1)企業概要
  • 2)装置展開状況
  • 3)装置事業取組状況
  • 4)アライアンス状況
  • 5)事業展開エリア
  • 39.Applied Materials~50.Spire Corporation
  • 1)企業概要
  • 2)装置展開状況
  • 3)装置事業取組状況