グローバル家電市場総調査 2011

グローバル家電市場総調査 2011

価格 97,000円+税 企業名 富士経済
発刊日 2010年12月17日 体裁 A4版 344ページ

関連書籍
 ・グローバル家電市場総調査 2013

はじめに

2010年のグローバル家電市場は、日米欧主要各国での2009年の需要減退の動きを受けて、その生産動向への影響が懸念されたが、主要製品において、2009年比で堅調に需要を拡大しており、その将来性と底堅さを改めて認識できる。

特に需要規模の大きくなりつつあるBRICs市場が牽引しており、世界の主要家電メーカーともこれらの地域の需要取り込みに注力している。

2010年の特徴として、需要の拡大が今後も見込まれることから、日系メーカーや韓国系メーカーを含め主要メーカーにおいて、生産能力の増強、生産拠点の拡充の動きが出ている。BRICs域内や近隣国に生産拠点を設け、エリア需要に対応するだけでなく、輸出ハブ機能を持たせた戦略的な生産拠点体制を構築する動きが出始めている。

これは「世界の工場」とも呼ばれている中国に依存しない生産体制が必要との認識を各社とも持ち始めていることが背景にある。特にここ数年の世界的な経済環境の変化の中で、人民元の切り上げなどを含む為替の将来的な不安定要因や人件費の高騰が顕在化してきており、中国で生産するメリットが相対的に小さくなってきていることが要因である。

今後は中国に生産拠点を構えている家電メーカーにおいても、中国との生産体制の棲み分け等、生産体制を再検討する動きが予測され、ポスト中国への動きは進展している。特に中国に匹敵する程の人口規模を擁するインドでは今後も高い需要の伸びが期待され、日系メーカーを含め、現地生産の動きが活発化している。それ以外のBRICsの構成国であるブラジルやロシアにおいても2015年以降はオリンピックやワールドカップ等、世界的なビッグイベントが実施されることもあって、各方面において投資環境が活発化し、家電市場においても需要の喚起が期待でき、これらの地域、周辺国においても現地生産の動きや販売ネットワークの拡充といった動きが見込まれるところである。

当調査資料では43品目を調査対象に取り上げており、家電製品を「衣住関連」、「調理関連」、「空調・給湯関連」、「パーソナルケア関連」の4カテゴリに分類している。また、BRICs以外の新興国にもフォーカスを当てることで、今後の各新興国の需要の有望度と各国の有力な家電量販店等を抽出しており、販路開拓や事業計画に役立てるという切り口で把握することに配慮した。また、インド市場を別途取り上げることで、インド国内の参入企業の動きを含め、当該エリア動向に関心を持つ事業者にも役立てる内容となっている。

末筆ながら、当調査資料の発刊にあたり、ご協力頂きました関係各位に篤く御礼を申し上げるとともに、家電業界の発展の一助になれば幸いである。

2010年12月
株式会社 富士経済 大阪マーケティング本部
第一事業部

調査対象品目

A.衣住関連 (11品目)

洗濯機/洗濯乾燥機、衣類乾燥機、アイロン、掃除機、浄水器、アルカリイオン整水器、ディスポーザー、温水洗浄便座、テレビドアホン、LED電球、電動工具


B.調理関連 (12品目)

冷蔵庫、ガスレンジ、電子レンジ/オーブンレンジ、IHクッキングヒーター、食器洗浄乾燥機、トースター、ジューサー・ミキサー、コーヒーメーカー、フードプロセッサー、電気ケトル、炊飯器、ホームベーカリー


C.空調・給湯関連 (7品目)

ルームエアコン、電気給湯器、換気扇、扇風機、空気清浄機、除湿機、加湿器


D.パーソナルケア関連 (13品目)

メンズシェーバー、レディースシェーバー/脱毛器、ヘアドライヤー、ヘアアイロン、電動歯ブラシ、血圧計、体重計/体組成計、体温計、歩数計/活動量計、心拍計、低周波治療器、マッサージチェア、ハンディ・マッサージャー


調査項目

I.総括編

  • 1.グローバル家電市場の全体俯瞰及びポイント
  • 2.品目別市場規模推移
  • 3.グローバル家電市場のエリア別生産/販売実績と今後の予測
  • 4.BRICsにおける家電市場分析
  • 5.インド家電市場動向と主要参入メーカーの戦略
  • 6.新興国/ポストBRICsの家電市場動向
  • 7.品目別国系列別グローバル・シェア動向(2010年実績)
  • 8.グローバル家電メーカーの国系列別・エリア別販売戦略
  • 9.主要メーカー別国・地域別品目別生産動向(2010年実績)
  • 10.グローバル/ローカル家電メーカーの主要海外生産拠点リスト

II.品目市場編 ※各品目共通項目

  • 1.製品定義・市場概要
  • 2.主要国・地域別生産規模推移(2009年実績~2015年予測)
  • 3.メーカー別国・地域別生産実績(2010年実績)
  • 4.主要国・地域別販売規模推移(2009年実績~2015年予測)
  • 5.新興国市場における市場有望度と市販製品
  • 6.主要参入メーカーリスト

調査方法

  • 弊社専門調査員による調査対象先(参入企業、関連企業)に対する直接面接取材を基本に、一部電話ヒアリングを実施。

調査期間

2010年10月~2010年12月

目次

Ⅰ.総括編

  • 1.グローバル家電市場の全体俯瞰及びポイント (1)
  • 2.品目別市場規模推移 (3)
  • (1)品目別市場規模・伸長率比較 (3)
  • (2)衣住関連 (4)
  • (3)調理関連 (5)
  • (4)空調・給湯関連 (6)
  • (5)パーソナルケア関連 (7)
  • 3.グローバル家電市場のエリア別生産/販売実績と今後の予測(2009年実績~2015年予測) (8)
  • (1)全体市場におけるエリア別生産/販売実績と今後の予測 (8)
  • (2)カテゴリー別エリア別生産実績と今後の予測 (10)
  • A.衣住関連 (10)
  • B.調理関連 (12)
  • C.空調・給湯関連 (14)
  • D.パーソナル関連 (16)
  • 4.BRICsにおける家電市場分析 (18)
  • (1)BRICs全体市場 (18)
  • (2)ブラジル市場 (23)
  • (3)ロシア市場 (24)
  • (4)インド市場 (25)
  • (5)中国市場 (26)
  • 5.インド家電市場動向と主要参入メーカーの戦略 (27)
  • (1)主要白物家電の市場規模推移 (27)
  • (2)主要白物家電メーカーの販売動向 (28)
  • (3)主要参入メーカーの戦略 (28)
  • (4)インド国内の販売チャネル (28)
  • 6.新興国/ポストBRICsの家電市場動向 (29)
  • (1)主要ポストBRICs市場における家電市場の有望性 (29)
  • (2)BRICs市場と主要ポストBRICs市場における主な家電量販店 (30)
  • 7.品目別国系列別グローバル・シェア動向(2010年実績) (31)
  • (1)衣住関連 (31)
  • (2)調理関連 (32)
  • (3)空調・給湯関連 (33)
  • (4)パーソナルケア関連 (34)
  • 8.グローバル家電メーカーの国系列別・エリア別販売戦略 (35)
  • 9.主要メーカー別国・地域別品目別生産動向(2010年実績) (36)
  • 10.グローバル/ローカル家電メーカーの主要海外生産拠点リスト (74)

II.品目市場編

A.衣住関連
  • 1.洗濯機/洗濯乾燥機 (83)
  • 2.衣類乾燥機 (91)
  • 3.アイロン (97)
  • 4.掃除機 (103)
  • 5.浄水器 (111)
  • 6.アルカリイオン整水器 (117)
  • 7.ディスポーザー (123)
  • 8.温水洗浄便座 (129)
  • 9.テレビドアホン (135)
  • 10.LED電球 (141)
  • 11.電動工具 (147)
B.調理関連
  • 1.冷蔵庫 (153)
  • 2.ガスレンジ (159)
  • 3.電子レンジ/オーブンレンジ (165)
  • 4.IHクッキングヒーター (171)
  • 5.食器洗浄乾燥機 (177)
  • 6.トースター (183)
  • 7.ジューサー・ミキサー (189)
  • 8.コーヒーメーカー (195)
  • 9.フードプロセッサー (201)
  • 10.電気ケトル (207)
  • 11.炊飯器 (213)
  • 12.ホームベーカリー (219)
C.空調・給湯関連
  • 1.ルームエアコン (225)
  • 2.電気給湯器 (231)
  • 3.換気扇 (237)
  • 4.扇風機 (243)
  • 5.空気清浄機 (249)
  • 6.除湿機 (255)
  • 7.加湿器 (261)
D.パーソナルケア関連
  • 1.メンズシェーバー (267)
  • 2.レディースシェーバー/脱毛器 (273)
  • 3.ヘアドライヤー (279)
  • 4.ヘアアイロン (285)
  • 5.電動歯ブラシ (291)
  • 6.血圧計 (297)
  • 7.体重計/体組成計 (303)
  • 8.体温計 (309)
  • 9.歩数計/活動量計 (315)
  • 10.心拍計 (321)
  • 11.低周波治療器 (327)
  • 12.マッサージチェア (333)
  • 13.ハンディ・マッサージャー (339)
調査対象エリア 主要対象国及び範疇
日本 日本全土
中国 中国本土、香港・マカオを含む
その他アジア
・オセアニア
韓国、台湾、マレーシア、シンガポール、インドネシア、タイ、ベトナム、フィリピン、ミャンマー、インド、バングラディッシュ、パキスタン、スリランカ及びオーストラリア、ニュージーランドなどオセアニア諸国
北米 米国、カナダ
中南米 メキシコ、キューバ、コスタリカ、パナマ、その他中米諸国。ブラジル、アルゼンチン、チリ、ペルー、パラグアイ、ウルグアイ、コロンビア、その他南米諸国
西欧 ドイツ、イギリス、フランス、イタリア、スペイン、ポルトガル、ベネルクス、スカンジナビア、ギリシャ、アイルランド、その他西欧諸国
中東欧・ロシア ロシア、ポーランド、チェコ、オーストリア、スロバキア、スロベニア、クロアチア、セルビア、ボスニアヘルツェゴビナ、ルーマニア、トルコ、バルト3国、CIS諸国 その他東欧諸国
中東・アフリカ他 イラン、イラク、クウェート、UAE、サウジアラビア、エジプト、カタール、ヨルダン、イスラエル、その他中東諸国、ナイジェリア、アルジェリア、リビア、南アフリカ、スーダン、チュニジア、ケニア、タンザニア、その他アフリカ諸国