2012年版 HEV,EV関連市場徹底分析調査

2012年版 HEV,EV関連市場徹底分析調査

価格 150,000 円+税 企業名 富士経済
発刊日 2011年12月16日 体裁 A4版 444ページ

関連書籍
 ・2013年版 HEV,EV関連市場徹底分析調査

はじめに

2009年3月に本資料の前回版を出版した折には、HEVはまだ街で見かけることは少なく、たまに見かけると、どんな人がHEVを買うのだろうか、エコ意識、或いは節約意識の高いマダムが乗っているのかと、車中のドライバーの身なりを観察するのが楽しみでしたが、いつの間にか、老若男女も右も左も“ハイブリッド”といった状況となり、私共もHEVや第三のエコカー、EV、PHEVに買い換えないと世間から爪弾きにされるような気になってきました。スマート云々といった新しい言葉に振り回されながら、世間のエコカー潮流に巻き込まれてしまうのが、横並び意識の強い日本人の姿であり、私共もその一人なのでしょう。
HEVが普及した要因は、エコ意識というよりも経済的理由の方が大きいのではないでしょうか。購入時に補助金がある上に、リッター30キロ、40キロになれば、月1~2回の給油から数ヶ月に1回に減少する点だけを見ても、HEVは大変魅力的なクルマに違いありません。では、HEVがこれだけ普及したことでガソリン消費量が減ったのかというと、某カーメーカーのデータによると燃料を安くガソリンを買える分、特に休日のドライブ時間が延長し、その結果、ガソリンなどの燃料消費量にはほとんど変化がみられないそうです。これではエコカーに乗ることは本当にエコなのかと疑問を感じずにいられません。やはりガソリン消費量を減らすにはPHEVやEVが必要不可欠になってくるのではないでしょうか。またCO2排出量に至ってはバッテリ製造時に多く排出するといった課題も克服しなければなりません。次の時代のHEV、そしてバッテリ開発、PHEVやEV時代の到来、真のエコカーへのチャレンジは長い道程になるものと予測されます。
本資料のポイントは、2030年までの日本、北米、欧州、中国、その他のエリアにおける自動車販売総数の伸びに対して、HEV、PHEV、EV市場の伸び、エリア別構成比の変化を掲載している点です。「B.自動車メーカー事例編」では自動車メーカーのHEV、PHEV、EV事業の戦略・方向性、また開発の現状、2030年までのHEV、PHEV、EVの販売展望についての見解を掲載しております。「C.HEV、PHEV、EV部品別市場編」では、重要な位置を占めるキーパーツ開発の実態、市場動向を捉え、2025年までの市場予測を算出しております。「D.HEV、PHEV、EVインフラ市場編」では、将来販売ボリュームが期待されるPHEV、EVの市場と並行して充電インフラがどのような市場曲線を辿るのかを明らかにします。本資料を事業戦略の企画・展開のためのデータとして活用、或いは技術開発計画の企画・展開のための基礎資料として活用していただければ幸いです。
尚、本資料の作成にあたり、快く取材に応じて頂きました各社の担当者の方々に深く御礼申し上げます。

2011年12月
株式会社富士経済
名古屋マーケティング本部
HEV、EVプロジェクト

調査目的

  • カーメーカーの車種展開、開発の展望を整理、分析するとともに、HEV、PHEV、EV関連部品のマーケット動向、技術動向を調査・分析した。またHEV、PHEV、EVに重要なインフラの整備動向、充電機器の市場動向を調査・分析した。

調査対象

B.自動車メーカー事例編 国内自動車メーカー11社、海外自動車メーカー13社
C.HEV、PHEV、EV部品別市場編 (14品目)
[1]モータ・ジェネレータ [2]インバータモジュール [3]DC-DCコンバータ [4]パワー素子 [5]平滑コンデンサ [6]リアクトル [7]ニッケル水素バッテリ [8]リチウムイオンバッテリ [9]正極材、負極材、電解液/電解質、セパレータ、バインダ [10]電流センサ
D.HEV、PHEV、EVインフラ市場編 (2品目)
[1]急速充電器 [2]充電スタンド

調査項目

A.総括編 1.HEV、PHEV、EV市場の2030年までの長期展望
2.HEV、PHEV、EVのワールドワイド市場規模推移
3.自動車メーカー各社のHEV、PHEV、EVへの取り組み
4.HEV、PHEV、EV部品の品目別WW市場規模推移
5.充電インフラの品目別WW市場規模推移
6.部品供給状況
7.バッテリの技術動向
8.国内外におけるエコカー優遇制度
9.国内外における充電インフラ整備推進計画、及び技術トレンド
10.主要国におけるガソリン小売価格の推移(2009~2011年11月現在)
B.自動車メーカー事例編 1.企業データ
2.HEV、PHEV、EVのラインナップ一覧と今後の発売計画
3.R&D体制
4.生産体制
5.HEV、PHEV、EV普及に向けての課題と対応策
C.HEV、PHEV、EV部品別市場編 1.製品概要/定義
2.市場規模推移
3.マーケットシェア
4.価格動向
5.自動車メーカーへの供給俯瞰図
6.主要プレイヤーの動向
7.主要プレイヤーの地域別参入計画
8.開発の方向性、課題と対応策
9.ロードマップ
10.参入プレイヤー一覧、及びR&D拠点、生産拠点一覧
11.参入メーカーの事例
D.HEV、PHEV、EVインフラ市場編 1.製品概要/定義
2.市場規模推移
3.マーケットシェア
4.価格動向
5.主要プレイヤーの動向
6.主要プレイヤーの地域別参入計画
7.開発の方向性、課題と対応策
8.ロードマップ
9.参入プレイヤー一覧、及びR&D拠点、生産拠点一覧
10.参入メーカーの事例 s

調査方法

弊社専門調査員による直接面接取材及び弊社データベースを併用した。

調査期間

2011年9月下旬~12月9日

目次

A.総括編

  • 1.HEV、PHEV、EV市場の2030年までの長期展望(3)
  • 2.HEV、PHEV、EVのワールドワイド市場規模推移(4)
  • 1)エリア別自動車総市場(4)
  • 2)自動車総市場におけるHEV、PHEV、EVの販売台数推移(5)
  • 3)2015~2030年のHEV、PHEV、EV、内燃車のエリア別販売構成比予測(6)
  • 4)エリア別HEV市場(7)
  • (HEVメーカー別)(8)
  • 5)エリア別PHEV市場(9)
  • (PHEVメーカー別)(10)
  • 6)エリア別EV市場(11)
  • (EVメーカー別)(12)
  • 7)エリア別内燃車市場(13)
  • (参考1:第三のエコカー市場)(14)
  • (参考2:FCV市場)(15)
  • 3.自動車メーカー各社のHEV、PHEV、EVへの取り組み(16)
  • 1)車種ラインナップ(16)
  • 2)投入計画(24)
  • 3)事業の位置づけとその変化(33)
  • 4)HEV、PHEV、EVのR&D体制、R&D拠点、マンパワー(36)
  • 5)組織の特色(37)
  • 6)開発拠点一覧(38)
  • 7)生産拠点一覧(39)
  • 8)HEV、PHEV、EV普及に向けての課題と対応策(41)
  • 4.HEV、PHEV、EV部品の品目別WW市場規模推移(43)
  • 1)市場規模推移(2010年実績、2011年見通、2012~2025年予測)(43)
  • 2)部品別メーカーシェア一覧(45)
  • 5.充電インフラの品目別WW市場規模推移(49)
  • 1)市場規模推移(2010年実績、2011年見通、2012~2030年予測)(49)
  • 2)部品別メーカーシェア一覧(49)
  • 6.部品供給状況(50)
  • 7.バッテリの技術動向(57)
  • 1)次世代バッテリ開発の動向(57)
  • 2)期待される次世代バッテリ技術動向(58)
  • 3)バッテリ材料の動向(59)
  • 8.国内外におけるエコカー優遇制度(60)
  • 1)エコカー優遇制度(60)
  • 2)エコカー研究開発への支援(68)
  • 3)主要国における環境規制(70)
  • 9.国内外における充電インフラ整備推進計画、及び技術トレンド(71)
  • 1)日本におけるインフラ整備状況・計画(71)
  • 2)海外におけるインフラ整備状況・計画(73)
  • 3)充電設備購入に際しての補助金制度(74)
  • 4)技術トレンド(76)
  • 5)非接触充電への取り組み(77)
  • 10.主要国におけるガソリン小売価格の推移(2009~2011年11月現在)(81)

B.自動車メーカー事例編

  • 1.トヨタ自動車(株)(85)
  • 2.日産自動車(株)(101)
  • 3.本田技研工業(株)(115)
  • 4.スズキ(株)(129)
  • 5.マツダ(株)(137)
  • 6.三菱自動車工業(株)(147)
  • 7.富士重工業(株)(157)
  • 8.ダイハツ工業(株)(167)
  • 9.いすゞ自動車(株)(173)
  • 10.日野自動車(株)(181)
  • 11.三菱ふそうトラック・バス(株)(189)
共通項目
1.企業データ
2.HEV、PHEV、EVのラインナップ一覧と今後の発売計画
 1)車種ラインナップ
 2)投入計画 (販売予測)
 3)事業の位置づけとその変化
 (2030年までの見通しについて)
 4)最新技術動向
3.R&D体制  1)R&D体制組織図(国内)
 2)HEV、PHEV、EVの開発体制
 3)部門別研究開発内容とマンパワー
 4)組織の特色(開発拠点一覧)
4.生産体制
5.HEV、PHEV、EV普及に向けての課題と対応策
 (中国市場への見解)

  • <参考>海外メーカーの参入計画 (195)
  • 1.General Motors(197)
  • 2.Ford Motor(201)
  • 3.Chrysler Group, LLC(205)
  • 4.Volkswagen Grorp(207)
  • 5.Daimler AG(213)
  • 6.BMW(217)
  • 7.Renault(221)
  • 8.PSA(225)
  • 9.現代自動車 / Kia(229)
  • 10.Tata Motors(233)
  • 11.BYD(比亜迪)(237)
  • 12.吉利汽車グループ(241)
  • 13.奇端汽車グループ(245)
共通項目
 1)HEV、PHEV、EV関連の取り組み、将来展望
 2)投入計画
 3)車種ラインナップ

C.HEV、PHEV、EV部品別市場編 (249)

  • 1.モータ・ジェネレータ(251)
  • 2.インバータモジュール(263)
  • 3.DC-DCコンバータ(275)
  • 4.パワー素子(287)
  • 5.平滑コンデンサ(301)
  • 6.リアクトル(311)
  • 7.ニッケル水素バッテリ(321)
  • 8.リチウムイオンバッテリ(331)
  • 9-1.正極材(349)
  • 9-2.負極材(365)
  • 9-3.電解液/電解質(379)
  • 9-4.セパレータ(391)
  • 9-5.バインダ(403)
  • 10.電流センサ(413)
共通項目
 1.製品概要/定義
 2.市場規模推移
 3.マーケットシェア
 4.価格動向
 5.自動車メーカーへの供給俯瞰図
 6.主要プレイヤーの動向
 7.主要プレイヤーの地域別参入計画
 8.開発の方向性、課題と対応策
 9.ロードマップ
 10.参入プレイヤー一覧、及びR&D拠点、生産拠点一覧
 11.参入メーカーの事例

D.HEV、PHEV、EVインフラ市場編 (427)

  • 1.急速充電器 (429)
  • 2.普通充電スタンド (439)
共通項目
 1.製品概要/定義
 2.市場規模推移
 3.マーケットシェア
 4.価格動向
 5.主要プレイヤーの動向
 6.主要プレイヤーの地域別参入計画
 7.開発の方向性、課題と対応策
 8.ロードマップ
 9.参入プレイヤー一覧、及びR&D拠点、生産拠点一覧
 10.参入メーカーの事例