【デジタルプレス】素材志向を捉える野菜訴求食品市場分析

【デジタルプレス】素材志向を捉える野菜訴求食品市場分析

価格 330,000円(税抜 300,000円) 出版社 富士経済
発刊日 2021年06月16日 体裁 PDF 52ページ
備考 こちらの市場調査資料(デジタルプレス)はPDF(CD-ROMパッケージ納品)でのご提供となります。冊子体でのご提供はございませんので、ご了承ください。

関連書籍
 ・【デジタルプレス】農業ビジネスを進化させる産直テック関連市場の現状と将来展望
 ・【デジタルプレス】飲用シーン・消費者ニーズ別清涼飲料カテゴリー分析調査

調査概要

調査テーマ

『素材志向を捉える野菜訴求食品市場分析』

調査背景・目的

女性の社会進出や単身世帯の増加などから簡便性のニーズが拡大するなか、食品市場においては健康志向が高まり野菜を摂取する必要性についての 認識が高まっている。一方で、下処理の手間や野菜を余らせることを避けるため、生鮮野菜を購入せずに野菜を訴求した加工食品で代替する消費者が 増加している。
本調査では生鮮野菜の代替となりうる加工食品を加工度別に区分し、それぞれの市場動向と主力原料素材別に生鮮野菜の価格変動との相関性や 商品特性をアウトプットしているほか、新型コロナウイルス感染拡大による影響や変化についても言及し、各市場の今後のポテンシャルをまとめている。また 中食のコールドデリカについても、市場規模推移やチャネル動向、メニュー傾向と市場展望についてまとめている。

調査期間

2021年5月~6月

調査担当

株式会社富士経済

目次

I. 総市場編

  • 1. 総市場規模推移(6)
  • 2. 加工度別販売動向(7)
  • 3. 売り場別販売動向(10)
  • 4. 温度帯別販売動向(11)
  • 5. チャネル別販売動向(12)
  • 6. 生鮮食品相場と野菜加工食品需要変化比較(13)
  • 7. 喫食・使用オケージョン(15)
  • 8. 市場展望・ポテンシャル(16)

II. 加工度別市販用商品市場編

  • A. 低加工野菜(18)
  • B. 素材系野菜加工品(26)
  • C. 野菜系飲料(33)
  • D. 野菜使用調理済食品(39)

III. 中食市場編

  • 1. 市場規模推移(46)
  • 2. メニュー別市場規模推移(47)
  • 3. チャネル別販売動向(48)
  • 4. 主要メニュー別オペレーション動向(49)
  • 5. メニュー別傾向(50)
  • 6. 品目別メニュー・価格例(51)
  • 7. 市場展望・ポテンシャル(52)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(33,000円 [税抜 30,000円])及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ