CO2利活用ビジネスにおけるグローバル市場の現状と将来展望 2021

CO2利活用ビジネスにおけるグローバル市場の現状と将来展望 2021

価格 198,000円(税抜 180,000円) 出版社 富士経済
発刊日 2021年07月08日 体裁 A4版 329ページ
備考 こちらの調査資料には書籍/PDF+データ版セット 242,000円(税抜 220,000円)、ネットワークパッケージ版 396,000円(税抜 360,000円)がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
 ・【デジタルプレス】需給調整市場・容量市場の創設で本格化するDR/VPP関連ビジネスのマネタイズ戦略
 ・2021年版 設備メンテナンス・ビジネス関連市場の現状と将来展望

調査概要

調査テーマ

『CO2利活用ビジネスにおけるグローバル市場の現状と将来展望 2021』
~カーボンニュートラルに向けたイニシアティブ・クレジット・CCUS関連企業100社の動向を徹底解明~

調査ポイント

◆CO2排出・利活用事業者、研究機関など100社の動向 / ポジショニング /有する技術・製品を把握
◆主要国におけるCO2利活用関連法律・施策、取引市場の動向を整理
◆クレジットの詳細および主要企業の利用実態の把握、国際的なイニシアティブの詳細・整理

調査対象

I. 総括編
 1. CO2利活用ビジネスの現状と固定化市場動向
 2. CO2利活用促進に向けた課題と企業の方向性
 3. 国連気候変動枠組条約締約国会議の歴史
 4. 主な温室効果ガスに対する取り組み
 5. 事業者のCO2排出量削減に向けたスキームの整理
 6. 国際的なイニシアティブと排出事業者による取り組み
 7. 排出事業者のインターナルカーボンプライシング制度(社内炭素税制度)への取り組み
 8. 国際的及び主要各国の排出量取引市場の形成状況
 9. CO2固定化技術の用途図解と固定化市場の動向
 10.CO2分離回収技術とコスト動向
 11.CO2利活用技術関連市場と主要参入企業一覧
 12.主要参入企業の保有技術・参入分野と開発フェーズ一覧
II. 国・地域別動向編
 1.米国
 2.カナダ
 3.ブラジル
 4.EU
 5.英国
 6.ドイツ
 7.フランス
 8.ノルウェー
 9. 中国
 10.韓国
 11.日本
 12.オーストラリア
III. イニシアティブ編(11件)
IV. クレジット編(7件)
V. CCSプレーヤー編(31件)
VI. CCUプレーヤー編(49件)
VII. サービスプレーヤー編(11件)
VIII. コンソーシアム編(9件)

市場範疇

・対象市場:CO2固定化量(CCS、CCU)、CO2排出量、J-クレジット、CO2分離技術、CO2利活用技術
・各市場の数値は年次ベース(1月~12月)とする。年度の場合は都度定義を記載した。
・原則世界市場を対象とし、国内市場を対象とする場合は都度定義を記載した。

調査方法

・調査対象企業・研究機関の公開情報調査をベースに、一部面接取材、電話取材を実施した。

調査期間

2021年3月~7月

調査担当

株式会社富士経済 エネルギーシステム事業部

目次

I.総括編

  • 1.CO2利活用ビジネスの現状と固定化市場動向(3)
  • 2.CO2利活用促進に向けた課題と企業の方向性(4)
  • 3.国連気候変動枠組条約締約国会議の歴史(5)
  • 4.主な温室効果ガスに対する取り組み(6)
  • 5.事業者のCO2排出量削減に向けたスキームの整理(21)
  • 6.国際的なイニシアティブと排出事業者による取り組み(23)
  • 7.排出事業者のインターナルカーボンプライシング制度(社内炭素税制度)への取り組み(25)
  • 8.国際的及び主要各国の排出量取引市場の形成状況(27)
  • 9.CO2固定化技術の用途図解と固定化市場の動向(33)
  • 10.CO2分離回収技術とコスト動向(36)
  • 11.CO2利活用技術関連市場と主要参入企業一覧(37)
  • 12.主要参入企業の保有技術・参入分野と開発フェーズ一覧(42)

II.国・地域別動向編

  • 1.米国(49)
  • 2.カナダ(53)
  • 3.ブラジル(56)
  • 4.EU(58)
  • 5.英国(61)
  • 6.ドイツ(65)
  • 7.フランス(68)
  • 8.ノルウェー(71)
  • 9.中国(73)
  • 10.韓国(76)
  • 11.日本(79)
  • 12.オーストラリア(83)

III.イニシアティブ編

  • 1.Sustainable Development Goals(SDGs)(89)
  • 2.Global Reporting Initiative(GRI)(91)
  • 3.International Integrated Reporting Council(IIRC)(92)
  • 4.Sustainability Accounting Standards Board(SASB)(93)
  • 5.Climate Disclosure Standards Board(CDSB)(94)
  • 6.Task Force on Climate-related Financial Disclosures(TCFD)(95)
  • 7.CDP(96)
  • 8.GHGプロトコル(97)
  • 9.Science Based Targets(SBT)(98)
  • 10.RE100(99)
  • 11.気候変動イニシアティブ(JCI)(100)

IV.クレジット編

  • 1.The Guarantee of Origin(GO)(103)
  • 2.Renewable Energy Certificates(RECs)(105)
  • 3.Green-e(107)
  • 4.International Renewable Energy Certificate(I-REC)(110)
  • 5.グリーン電力証書(112)
  • 6.J-クレジット(114)
  • 7.非化石証書(116)

V.CCSプレーヤー編

  • 1.Atomis(121)
  • 2.川崎重工業(123)
  • 3.次世代型膜モジュール技術研究組合(125)
  • 4.地球環境産業技術研究機構(RITE)(127)
  • 5.太平洋セメント(131)
  • 6.東芝エネルギーシステムズ(133)
  • 7.東ソー(135)
  • 8.東レ(138)
  • 9.ナノミストテクノロジーズ(140)
  • 10.日揮ホールディングス(142)
  • 11.日鉄エンジニアリング(145)
  • 12.三菱重工業(147)
  • 13.Air Liquide(149)
  • 14.Array Industries(151)
  • 15.BASF(153)
  • 16.Carbon Clean(155)
  • 17.Climeworks(157)
  • 18.Global Thermostat(160)
  • 19.Honeywell UOP(162)
  • 20.Hydrocell(164)
  • 21.Kisuma Chemicals(166)
  • 22.Royal Dutch Shell(168)
  • 23.Saipem(170)
  • 24.Saudi Aramco(172)
  • 25.SINOPEC(175)
  • 26.Svante(177)
  • 27.Swerim(179)
  • 28.TATA Steel(181)
  • 29.thyssenkrupp(183)
  • 30.TNO(185)
  • 31.TotalEnergies(188)

VI.CCUプレーヤー編

  • 32.CO2資源化研究所(193)
  • 33.Eプラス(195)
  • 34.旭化成(197)
  • 35.出光興産(200)
  • 36.大阪ガス(202)
  • 37.積水化学工業(204)
  • 38.ちとせ研究所(206)
  • 39.千代田化工建設(208)
  • 40.豊田中央研究所(210)
  • 41.日立造船(212)
  • 42.三菱ガス化学(214)
  • 43.三菱ケミカル(216)
  • 44.Accelergy(218)
  • 45.Algenol Biotech(220)
  • 46.Audi(222)
  • 47.Avantium(224)
  • 48.BioProcess Algae(226)
  • 49.Blue Planet Systems(228)
  • 50.Carbicrete(230)
  • 51.Carbon Recycling International(232)
  • 52.Carbon8 systems(234)
  • 53.CarbonCure Technologies(236)
  • 54.Carbonfree Chemicals(238)
  • 55.CEA Tech(240)
  • 56.Cellana(242)
  • 57.Covestro(244)
  • 58.Econic Technologies(246)
  • 59.Electrochaea(248)
  • 60.Empower Materials(250)
  • 61.Evonik Industries(252)
  • 62.Fortera(254)
  • 63.Global Algae Innovations(256)
  • 64.Karlsruhe Institute of Technology(258)
  • 65.KHIMOD(260)
  • 66.microbEnergy(262)
  • 67.Mineral Carbonation International(264)
  • 68.Norner(266)
  • 69.Oakbio(268)
  • 70.Orbix(270)
  • 71.Repsol(272)
  • 72.SABIC(274)
  • 73.SkyNRG(276)
  • 74.Solidia Technologies(278)
  • 75.Storengy(280)
  • 76.Sunfire(282)
  • 77.Uniper(284)
  • 78.University of Duisburg-Essen(286)
  • 79.University of Kentucky Center for Applied Energy Research(288)
  • 80.VTT Technical Research Centre of Finland(290)

VII.サービスプレーヤー編

  • 81.DATAFLUCT(295)
  • 82.ウェイストボックス(297)
  • 83.カーボンフリーコンサルティング(299)
  • 84.日本CCS調査(301)
  • 85.日本ユニシス(303)
  • 86.CEMAsys.com(305)
  • 87.Climex(307)
  • 88.First Climate(309)
  • 89.Oxy Low Carbon Ventures(OLCV)(311)
  • 90.Reseau de Transport d'Electricite(RTE)(314)
  • 91.TNB Research(TNBR)(316)

VIII.コンソーシアム編

  • 92.CCR研究会(321)
  • 93.カーボンリサイクルファンド(322)
  • 94.Carbon Capture and Storage Association(323)
  • 95.Carbon Capture Coalition(324)
  • 96.CO2 Value Europe(325)
  • 97.Deutscher Verein des Gas und Wasserfaches(326)
  • 98.Global CCS Institute(327)
  • 99.Project Greensand(328)
  • 100.Zero Emissions Platform(329)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(33,000円 [税抜 30,000円])及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ