【デジタルプレス】大規模受配電システム関連市場の現状と将来予測

【デジタルプレス】大規模受配電システム関連市場の現状と将来予測

価格 330,000円(税抜 300,000円) 出版社 富士経済
発刊日 2021年9月27日 体裁 PDF 67ページ
備考 こちらの市場調査資料(デジタルプレス)はPDF(CD-ROMパッケージ納品)でのご提供となります。冊子体でのご提供はございませんので、ご了承ください。

関連書籍
 ・ヒートポンプ 温水・空調市場の現状と将来展望 2021
 ・エネルギー・大型二次電池・材料の将来展望 2021 ESS・定置用蓄電池分野編

調査概要

調査テーマ

『大規模受配電システム関連市場の現状と将来予測』

調査目的・背景

・大規模受配電システムは、7,000Vを超える電圧の受配電を担っており、大量の電力を使用する大規模施設向けで採用される。
・近年では、ビル向け、再生可能エネルギー向け、データセンタ向けにおいて新設に伴う設備投資の増加が見込まれており、今後の需要拡大が期待される。また、発電所/変電所向け、工場向け、鉄道向け、公共施設/インフラ向けでは、COVID-19の影響による設備投資動向の変化に注目が集まっている。
・大規模受配電システムを構成する設備では、ガス絶縁開閉装置において環境に配慮した新製品開発がテーマとなっているなど、新たな技術トレンドが登場し始めている。
・当該レポートでは、国内の大規模受配電システム関連市場について、市場規模、メーカーシェア、アプリケーション構成といった基礎データの最新動向をまとめた。また、中期的な今後の市場方向性や対象製品別の技術トレンドも考察した。

調査対象

調査対象製品主要参入企業
ガス絶縁開閉装置日新電機、三菱電機、東芝グループ、明電舎、日立グループ、富士電機、東光高岳 など
特高変圧器東芝グループ、三菱電機、日立グループ、日新電機、明電舎、富士電機、ダイヘン、東光高岳 など
特高真空遮断器三菱電機、富士電機、東芝グループ など
特高受変電用避雷器東芝グループ、明電舎 など

調査方法

弊社専門調査員によるヒアリング調査とオープンデータの収集を基本とする。

調査期間

2021年7月~2021年9月

調査担当

株式会社富士経済 インダストリアルソリューション事業部

目次

I.総括編

  • 1.特高受変電設備市場の現状と将来予測(2020年実績~2025年予測)(6)
  • 2.アプリケーション動向
  • 1)対象市場別アプリケーション構成(2020年実績、数量)・注目アプリケーション動向(8)
  • 2)主要アプリケーションのストック動向(10)
  • 3.対象製品別技術トレンド(11)
  • 4.主要参入企業による事業展開動向(12)

II.市場編

  • A.ガス絶縁開閉装置(16)
  • B.特高変圧器(25)
  • C.特高真空遮断器(36)
  • D.特高受変電用避雷器(45)

III.企業動向編

  • A.三菱電機(55)
  • B.東芝グループ(58)
  • C.日立グループ(62)
  • D.日新電機(65)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(33,000円 [税抜 30,000円])及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ