エネルギーデジタルビジネス/DX市場の現状と将来展望 2022

エネルギーデジタルビジネス/DX市場の現状と将来展望 2022

価格 198,000円(税抜 180,000円) 出版社 富士経済
発刊日 2021年12月3日 体裁 A4版 285ページ
備考 こちらの調査資料には書籍/PDF+データ版セット 242,000円(税抜 220,000円)、ネットワークパッケージ版 396,000円(税抜 360,000円)がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
 ・エネルギーマネジメント・パワーシステム関連市場実態総調査 2022
 ・【デジタルプレス】大規模受配電システム関連市場の現状と将来予測

調査概要

調査テーマ

『エネルギーデジタルビジネス/DX市場の現状と将来展望 2022』

調査ポイント

1)エネルギー市場の大きな潮流であるデジタル/DX関連市場を網羅し、ビジネス毎の市場性/マネタイズポイントを分析。需給調整市場やFIP制度導入などの制度改正が及ぼす影響についても整理
2)主要な事業者のデジタル/DX関連施策を整理、分析
3)VPP/DRビジネスを詳細分析(容量市場/需給調整市場/再エネアグリゲーション/プラットフォームサービスなど)

調査対象

I. 総括編
 1. エネルギーデジタルビジネス/DX関連市場規模の現状と将来予測(2020年度~2035年度)
 2. エネルギーデジタルビジネス/DX関連市場のポジショニング分析
 3. エネルギーデジタルビジネス/DX関連企業のカオスマップ
 4. 主要参入企業のエネルギーデジタルビジネス/DX事業ポートフォリオ分析
 5. エネルギーデジタルビジネス/DX関連市場のマネタイズポイントの整理
 6. VPP/DR関連ビジネスの全体像
 7. 各サービス領域におけるDXロードマップ
 8. 需給調整市場/容量市場、FIP制度、配電ライセンス制度創設に伴う各サービスへの影響
 9. エネルギーデジタルビジネス/DX市場(ビジネスモデル・サービススキーム)の比較分析
 10. EaaS(エネルギー・アズ・ア・サービス):エネルギー関連ビジネスのサービス化の潮流と将来性
II. 個別サービス市場分析編
 1. 火力発電遠隔監視・故障予知・制御サービス
 2. 再生可能エネルギー遠隔監視・故障予知・ 制御サービス
 3. 日射量予測/太陽光発電量予測サービス
 4. VPP/DR(調整力公募/容量市場)
 5. VPP/DR(需給調整市場)
 6. VPP/DR(プラットフォームサービス)
 7. VPP/DR(その他実証)
 8. 再エネアグリゲーション
 9. 需給管理代行サービス
 10. マイクログリッド
 11. 住宅省エネサービス
 12. 業務・産業向け省エネサービス
 13. ディスアグリゲーションサービス
 14. スマートメーターデータ分析サービス(地理情報提供)
 15. スマートメーターデータ分析サービス(物流配送の適正化)
 16. 空調・熱源設備 as a Service
 17. 受変電設備 as a Service
 18. 太陽光発電設備 as a Service
 19. 蓄電池 as a Service
 20. 自家発電設備 as a Service
 21. テレメータリングサービス(自動検針サービス)
 22. ドローンによる送配電・鉄塔点検サービス
 23. ドローンによるPVパネル点検サービス
 24. 受変電設備監視・制御サービス
 25. 空調設備遠隔監視・故障予知・制御サービス
 26. デジタルツイン
 27. 脱炭素向けブロックチェーン活用サービス
III. 先進企業事例編
 1. 東京電力ホールディングス
 2. 関西電力
 3. 中部電力
 4. 東京ガス
 5. 大阪ガス
 6. 日本瓦斯
 7. SBパワー
 8. エナリス
 9. 日立製作所
 10. 東芝エネルギーシステムズ
 11. 日本ユニシス
 12. アズビル

市場範疇

数値は年度ベース(4月~3月)とする。また調査対象市場範疇は、日本国内市場を対象とする。

調査方法

弊社専門調査員による対象先(参入企業、関連企業など)に対する直接面接取材/Web面接取材を基本に、一部電話ヒアリングを実施した。特に出所の記載のない場合は富士経済調べの数値である。

調査期間

2021年9月~2021年12月

調査担当

株式会社富士経済 エネルギーシステム事業部

目次

I. 総括編

  • 1. エネルギーデジタルビジネス/DX関連市場規模の現状と将来予測(2020年度~2035年度)(3)
  • 2. エネルギーデジタルビジネス/DX関連市場のポジショニング分析(5)
  • 3. エネルギーデジタルビジネス/DX関連企業のカオスマップ(7)
  • 4. 主要参入企業のエネルギーデジタルビジネス/DX事業ポートフォリオ分析(9)
  • 5. エネルギーデジタルビジネス/DX関連市場のマネタイズポイントの整理(11)
  • 6. VPP/DR関連ビジネスの全体像(16)
  • 1)市場規模推移(16)
  • 2)VPP/DR関連ビジネスの類型化(17)
  • 7. 各サービス領域におけるDXロードマップ(18)
  • 1)発電領域(18)
  • 2)送配電・需給調整領域(18)
  • 3)エネルギー利用領域(20)
  • 4)EaaS領域(21)
  • 5)保守・メンテナンス領域(22)
  • 6)その他領域(23)
  • 8. 需給調整市場/容量市場、FIP制度、配電ライセンス制度創設に伴う各サービスへの影響(24)
  • 1)需給調整市場/容量市場(24)
  • 2)FIP制度(27)
  • 3)配電ライセンス制度(28)
  • 9. エネルギーデジタルビジネス/DX市場(ビジネスモデル・サービススキーム)の比較分析(29)
  • 10. EaaS(エネルギー・アズ・ア・サービス):エネルギー関連ビジネスのサービス化の潮流と将来性(38)
  • 1)EaaSの種類とサービススキーム概要(38)
  • 2)EaaS市場の潮流と今後の展望(39)

※市場規模推移は全て2020年度~2022年度、2025年度、2030年度、2035年度の区分で算出

II. 個別サービス市場分析編

  • 1. 火力発電遠隔監視・故障予知・制御サービス(43)
  • 2. 再生可能エネルギー遠隔監視・故障予知・制御サービス(49)
  • 3. 日射量予測/太陽光発電量予測サービス(57)
  • 4. VPP/DR(調整力公募/容量市場)(66)
  • 5. VPP/DR(需給調整市場)(74)
  • 6. VPP/DR(プラットフォームサービス)(79)
  • 7. VPP/DR(その他実証)(84)
  • 8. 再エネアグリゲーション(89)
  • 9. 需給管理代行サービス(93)
  • 10. マイクログリッド(101)
  • 11. 住宅省エネサービス(108)
  • 12. 業務・産業向け省エネサービス(113)
  • 13. ディスアグリゲーションサービス(119)
  • 14. スマートメーターデータ分析サービス(地理情報提供)(125)
  • 15. スマートメーターデータ分析サービス(物流配送の適正化)(130)
  • 16. 空調・熱源設備 as a Service(134)
  • 17. 受変電設備 as a Service(140)
  • 18. 太陽光発電設備 as a Service(145)
  • 19. 蓄電池 as a Service(159)
  • 20. 自家発電設備 as a Service(167)
  • 21. テレメータリングサービス(自動検針サービス)(172)
  • 22. ドローンによる送配電・鉄塔点検サービス(178)
  • 23. ドローンによるPVパネル点検サービス(184)
  • 24. 受変電設備監視・制御サービス(189)
  • 25. 空調設備遠隔監視・故障予知・制御サービス(195)
  • 26. デジタルツイン(202)
  • 27. 脱炭素向けブロックチェーン活用サービス(211)

III. 先進企業事例編

  • 1. 東京電力ホールディングス(223)
  • 2. 関西電力(232)
  • 3. 中部電力(239)
  • 4. 東京ガス(244)
  • 5. 大阪ガス(249)
  • 6. 日本瓦斯(255)
  • 7. SBパワー(258)
  • 8. エナリス(261)
  • 9. 日立製作所(264)
  • 10. 東芝エネルギーシステムズ(272)
  • 11. 日本ユニシス(277)
  • 12. アズビル(282)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(33,000円 [税抜 30,000円])及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ