2022 コンパウンド市場の展望とグローバルメーカー戦略

2022 コンパウンド市場の展望とグローバルメーカー戦略

価格 165,000円(税抜 150,000円) 出版社 富士経済
発刊日 2021年12月9日 体裁 A4版 441ページ
備考 こちらの調査資料には書籍/PDF+データ版セット 209,000円(税抜 190,000円)、ネットワークパッケージ版 330,000円(税抜 300,000円)がございます。セットをご希望の方は備考欄にセット希望とご記入ください。

関連書籍
 ・2022年 エレクトロニクス先端材料の現状と将来展望
 ・2022年 自動車内装部品・内装材と快適性向上技術の将来展望

調査概要

調査テーマ

『2022年 コンパウンド市場の展望とグローバルメーカー戦略』
~有力樹脂メーカーとコンパウンドメーカーの戦略、withコロナ時代で変動するコンパウンド産業を調査、分析~

調査ポイント

●世界大手樹脂メーカー、コンパウンドメーカーの事業体制、方向性を調査
●国・地域別、メーカー別、分野・用途別でコンパウンド市場の動向を分析
●リサイクルやCO₂削減などの環境対策の動向を把握

調査対象

A. 企業事例編
 <日系>
  1. 旭化成
  2. 出光興産
  3. 宇部興産
  4. サンアロマー
  5. 住友化学(PP)
  6. 住友化学(LCP・PES)
  7. DIC
  8. 帝人
  9. テクノUMG
  10. 東レ
  11. 日本ポリケム
  12. プライムポリマー
  13. ポリプラスチックス
  14. 三菱ケミカル
  15. 三菱エンジニアリングプラスチックス
  16. いその
  17. 出光ファインコンポジット
  18. 稲畑産業
  19. 大塚化学
  20. 川崎三興化成
  21. 山陽化工
  22. 昭和化成工業
  23. ダイセルミライズ
  24. 大日精化工業
  25. 東京インキ
  26. トーヨーカラー
  27. 日本カラリング
  28. 日本ピグメント
  29. ヘキサケミカル
  30. リケンテクノス
  31. 宏和化成工業所
  32. ロンビック

 <中国・台湾系>
  33. 中国鑫达塑料
  34. 上海普利特複合材料
  35. 南通星辰合成材料
  36. 帝斯曼新和成工程塑料(浙江)
  37. 青島海爾新材料研发
  38. 金発科技
  39. 深圳市沃特新材料
  40. 広東銀禧科技
  41. 広東聚石化学
  42. 奇美実業
  43. 新光合成繊維
  44. 台灣化學纖維
  45. 長春人造樹脂廠

 <韓国系>
  46. Kolon Plastics
  47. LG Chem
  48. Lotte Chemical

 <米国系>
  49. Celanese
  50. DuPont
  51. Avient

 <欧州系他>
  52. Arkema
  53. BASF
  54. DSM Engineering Materials
  55. Evonik Industries
  56. LANXESS
  57. LyondellBasell Industries
  58. Solvay
  59. Lehmann&Voss&Co.
  60. Saudi Basic Industries Corporation(SABIC)

B. 機能性コンパウンド・添加剤・フィラー市場編
 <汎用樹脂コンパウンド>
  1. PPコンパウンド
  2. PEコンパウンド
  3. PVCコンパウンド
  4. PSコンパウンド
  5. ABS
  6. ASA/AES
  7. AS

 <汎用エンプラコンパウンド>
  8. PCコンパウンド
  9. PA6コンパウンド
  10. PA66コンパウンド
  11. POMコンパウンド
  12. m-PPE
  13. PBTコンパウンド
  14. GF-PET

 <スーパーエンプラコンパウンド>
  15. PPSコンパウンド
  16. LCPコンパウンド
  17. PA6Tコンパウンド
  18. PA9Tコンパウンド
  19. PA10Tコンパウンド
  20. PEEKコンパウンド
  21. PTFEコンパウンド
  22. 溶融フッ素樹脂コンパウンド

 <添加剤・フィラー>
  23. 臭素系難燃剤
  24. リン系難燃剤
  25. 難燃助剤
  26. ガラス繊維
  27. 炭素繊維
  28. セルロースナノファイバー
  29. タルク
  30. 木質・バイオ系フィラー
  31. 紙パウダー
  32. ノイズ抑制材料(ミリ波用)

調査項目

A. 企業事例編
 1. 企業概要
 2. コンパウンド生産体制(2021年11月末時点)
 3. コンパウンド生産動向(2021年見込)
 4. 主要原料の調達動向
 5. 注力分野・グレード動向
 6. 環境対策動向
 7. 国・地域の各拠点における販売注力動向
 8. コンパウンド事業戦略の動向

B. 機能性コンパウンド・添加剤・フィラー市場編
 <機能性コンパウンド>
  1. 製品概要
  2. 国・地域別市場動向
  3. 生産体制
  4. 分野・用途別販売動向
  5. グレード別販売動向
  6. メーカー別販売動向
  7. 価格動向
  8. 課題および新規開発動向
  9. 競合材料・技術動向
  10. 環境対策動向
  11. 業界構造

 <添加剤・フィラー>
  1. 製品概要
  2. 国・地域別市場動向
  3. 生産体制
  4. コンパウンド樹脂別販売動向
  5. 種類別販売動向
  6. メーカー別販売動向
  7. 価格動向
  8. 課題および新規開発動向
  9. 競合材料・技術動向
  10. 環境対策動向
  11. 業界構造

調査方法

●弊社専門調査員による対象企業および関連企業・団体などへの訪問面接、電話、メールなどを用いて情報収集を行った。
●販売数量や販売金額などの数値は有価証券報告書などの提出のある企業はそれに準拠している。その他の企業もしくは限定できないものについては弊社調査員による推定値とした。また特に断りのない限り、メーカー出荷数量、メーカー出荷金額として提示した。
●各カテゴリーの数値は年次ベース(1月~12月。Q1:1~3月 Q2:4~6月 Q3:7~9月 Q4:10~12月)とした。
●各品目の調査項目「国・地域別販売動向」の区分は、特に断りのない限り外務省の国・地域区分に従った。また、「その他アジア・パシフィック」は日本と中国を除くアジア諸国およびオセアニア、「その他」は中南米、中東、アフリカを指す。

調査期間

2021年8月~2021年12月

調査担当

株式会社富士経済 ケミカルソリューションビジネスユニット

目次

[I]総括編

  • 1. コンパウンド全体市場(3)
  • 1) 2019年実績~2030年予測(3)
  • 2) 分類別市場概況(3)
  • 2. 世界樹脂コンパウンド別市場規模推移と予測(4)
  • 1) 2019年実績~2030年予測(販売数量)(4)
  • 2) 2019年実績~2030年予測(販売金額)(6)
  • 3) 2019年と2030年の世界コンパウンド市場の展望(7)
  • 3. 樹脂別・地域別コンパウンド市場の全体像(8)
  • 4. コンパウンドの用途、グレードの動向(9)
  • 1) 用途(2020年実績)(9)
  • 2) GF強化グレード(2020年実績)(10)
  • 3) 難燃グレード(2020年実績)(11)
  • 5. 自動車分野におけるコンパウンド動向(12)
  • 1) 自動車生産台数(12)
  • 2) 自動車分野向けでの用途例(13)
  • 3) 自動車分野向けGF強化グレードの販売数量および比率(2020年実績)(13)
  • 6. 国別コンパウンド生産能力(2021年11月末時点)(15)
  • 1) 日本(15)
  • 2) 中国(華東)(16)
  • 3) 中国(華南)(18)
  • 4) 中国(華北)(19)
  • 5) 中国(西南)(19)
  • 6) 中国(東北)(20)
  • 7) 台湾(20)
  • 8) 韓国(20)
  • 9) マレーシア(21)
  • 10) シンガポール(21)
  • 11) タイ(21)
  • 12) フィリピン(22)
  • 13) インドネシア(22)
  • 14) ベトナム(22)
  • 15) インド(22)
  • 16) 米国(23)
  • 17) カナダ(24)
  • 18) メキシコ(24)
  • 19) ブラジル(24)
  • 20) アルゼンチン(25)
  • 21) ドイツ(25)
  • 22) ベルギー(25)
  • 23) ルクセンブルク(26)
  • 24) フランス(26)
  • 25) オランダ(26)
  • 26) イタリア(26)
  • 27) スペイン(26)
  • 28) 英国(27)
  • 29) ポーランド(27)
  • 30) ハンガリー(27)
  • 31) オーストリア(27)
  • 32) ロシア(27)
  • 33) トルコ(27)
  • 34) サウジアラビア(27)
  • 7. 環境対策動向(28)
  • 1) 企業編(28)
  • 2) 市場編(34)

[II]企業事例編

  • 1. 旭化成株式会社(41)
  • 2. 出光興産株式会社(44)
  • 3. 宇部興産株式会社(47)
  • 4. サンアロマー株式会社(49)
  • 5. 住友化学株式会社(PP)(51)
  • 6. 住友化学株式会社(LCP・PES)(54)
  • 7. DIC株式会社(PPS)(56)
  • 8. 帝人株式会社(58)
  • 9. テクノUMG株式会社(61)
  • 10. 東レ株式会社(63)
  • 11. 日本ポリケム株式会社(67)
  • 12. 株式会社プライムポリマー(70)
  • 13. ポリプラスチックス株式会社(73)
  • 14. 三菱ケミカル株式会社(76)
  • 15. 三菱エンジニアリングプラスチックス株式会社(79)
  • 16. いその株式会社(82)
  • 17. 出光ファインコンポジット株式会社(84)
  • 18. 稲畑産業株式会社(87)
  • 19. 大塚化学株式会社(90)
  • 20. 川崎三興化成株式会社(93)
  • 21. 山陽化工株式会社(95)
  • 22. 昭和化成工業株式会社(97)
  • 23. ダイセルミライズ株式会社(99)
  • 24. 大日精化工業株式会社(101)
  • 25. 東京インキ株式会社(104)
  • 26. トーヨーカラー株式会社(106)
  • 27. 日本カラリング株式会社(109)
  • 28. 日本ピグメント株式会社(111)
  • 29. 株式会社ヘキサケミカル(114)
  • 30. リケンテクノス株式会社(117)
  • 31. 株式会社宏和化成工業所(120)
  • 32. 株式会社ロンビック(122)
  • 33. 中国鑫达塑料有限公司(125)
  • 34. 上海普利特複合材料股份有限公司(127)
  • 35. 南通星辰合成材料有限公司(130)
  • 36. 帝斯曼新和成工程塑料(浙江)有限公司(132)
  • 37. 青島海爾新材料研发有限公司(134)
  • 38. 金発科技股份有限公司(136)
  • 39. 深圳市沃特新材料股份有限公司(140)
  • 40. 広東銀禧科技股份有限公司(143)
  • 41. 広東聚石化学股份有限公司(145)
  • 42. 奇美実業股份有限公司(147)
  • 43. 新光合成繊維股份有限公司(150)
  • 44. 台灣化學纖維股份有限公司(152)
  • 45. 長春人造樹脂廠股份有限公司(154)
  • 46. Kolon Plastics,Inc.(157)
  • 47. LG Chem, Ltd.(159)
  • 48. Lotte Chemical Corporation(162)
  • 49. Celanese Corporation(165)
  • 50. DuPont Inc.(169)
  • 51. Avient Corporation(172)
  • 52. Arkema S.A.(175)
  • 53. BASF SE(178)
  • 54. DSM Engineering Materials B.V.(181)
  • 55. Evonik Industries AG(183)
  • 56. LANXESS AG(186)
  • 57. LyondellBasell Industries N.V.(189)
  • 58. Solvay S.A.(191)
  • 59. Lehmann&Voss&Co.(194)
  • 60. Saudi Basic Industries Corporation (SABIC)(196)

[III]機能性コンパウンド・添加剤・フィラー市場編

  • 汎用樹脂コンパウンド
  • 1. PPコンパウンド(201)
  • 2. PEコンパウンド(211)
  • 3. PVCコンパウンド(218)
  • 4. PSコンパウンド(227)
  • 5. ABS(234)
  • 6. ASA/AES(244)
  • 7. AS(251)
  • 汎用エンプラコンパウンド
  • 8. PCコンパウンド(257)
  • 9. PA6コンパウンド(267)
  • 10. PA66コンパウンド(279)
  • 11. POMコンパウンド(290)
  • 12. m-PPE(300)
  • 13. PBTコンパウンド(308)
  • 14. GF-PET(318)
  • スーパーエンプラコンパウンド
  • 15. PPSコンパウンド(325)
  • 16. LCPコンパウンド(337)
  • 17. PA6Tコンパウンド(347)
  • 18. PA9Tコンパウンド(355)
  • 19. PA10Tコンパウンド(363)
  • 20. PEEKコンパウンド(368)
  • 21. PTFEコンパウンド(377)
  • 22. 溶融フッ素樹脂コンパウンド(385)
  • 添加剤・フィラー
  • 23. 臭素系難燃剤(389)
  • 24. リン系難燃剤(396)
  • 25. 難燃助剤(403)
  • 26. ガラス繊維(408)
  • 27. 炭素繊維(415)
  • 28. セルロースナノファイバー(422)
  • 29. タルク(427)
  • 30. 木質・バイオ系フィラー(430)
  • 31. 紙パウダー(435)
  • 32. ノイズ抑制材料(ミリ波用)(440)

サンプルPDF

  • リンク先のPDFはサンプルの為、数値及びグラフなどのデータは削除しております。
    本ページのサンプルPDFはFK-Mardsで使用しているPDFを表示します。

データサービス(FK-Mards)

  • データでの部分利用をご要望の方は、弊社サービスである「FK-Mards(エフケイマーズ)」もご検討ください。
  • FK-Mards(エフケイマーズ)」は、富士経済グループが発刊するオリジナル市場調査レポートをインターネット経由でご提供するサービスです。1冊の調査資料を市場別に細分化しデータ化していますので、検索機能を使用することで検索ワードより、複数資料から横断的に必要なデータを抽出・取得できます。
  • データ収載分野も、電子部品・マテリアル・FA機器・食品・化粧品・医薬品・サービス産業など多岐に渡っており、様々なジャンルの有力参入企業に関する市場調査レポート、市場規模やシェア、チャネル動向などが把握できます。
  • 本サービスは法人向けの会員サービスとして入会金(33,000円 [税抜 30,000円])及び基本料金をお支払いいただくことでデータをダウンロードできるユーザーIDをお渡ししております。インターネットを介したサービスのため、24時間いつでもご利用可能です。
  • サービスの詳細に関してはFK-Mardsサイトをご覧ください。

サンプルPDFにすすむFK-Mards 初めての方へすすむ